メインメニューを開く

アメリカを売った男』(原題: Breach)は、2007年アメリカ映画。アメリカで実際に起こった、ロバート・ハンセンによるスパイ事件を基にして作られた。

アメリカを売った男
Breach
監督 ビリー・レイ
脚本 ビリー・レイ
アダム・メイザー
ウィリアム・ロッコ
原案 アダム・メイザー
ウィリアム・ロッコ
製作 ボビー・ニューマイヤー
スコット・ストラウス
スコット・クルーフ
製作総指揮 アダム・メリムズ
シドニー・キンメル
ウィリアム・ホーバーグ
出演者 クリス・クーパー
音楽 マイケル・ダナ
撮影 タク・フジモト
編集 ジェフリー・フォード
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年2月16日
日本の旗 2008年3月8日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $33,231,264[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$40,953,935[1] 世界の旗
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

FBIの若き訓練捜査官であるオニールは、ある日上司のバロウズに呼び出され、ロバート・ハンセン捜査官と共に仕事をしつつ、彼を監視することを命じられる。

オニールはハンセンと行動を共にするが、彼には何も不審な点が見当たらなかった。オニールはなぜ監視をしなければならないのかバロウズに問い詰めたところ、ハンセンにはスパイの疑いがあるということを告げられる。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:ビリー・レイ
  • 製作:ボビー・ニューマイヤー、スコット・ストラウス、スコット・クルーフ
  • 製作総指揮:アダム・メリムズ、シドニー・キンメル、ウィリアム・ホーバーグ
  • 原案:アダム・メイザー、ウィリアム・ロッコ
  • 脚本:ビリー・レイ、アダム・メイザー、ウィリアム・ロッコ
  • 撮影:タク・フジモト
  • プロダクションデザイン:ウィン・トーマス
  • 衣装デザイン:ルイス・セケイラ
  • 特別顧問:エリック・オニール

脚注編集

  1. ^ a b Breach (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月16日閲覧。

外部リンク編集