メインメニューを開く

アメリカンファラオAmerican Pharoah)はアメリカ合衆国の競走馬である。主な勝ち鞍は2015年のアメリカクラシック三冠ケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークス)、ブリーダーズカップ・クラシック[2]

アメリカンファラオ[1]
American Pharoah.jpg
2015年プリークネスステークス勝利時
欧字表記 American Pharoah[2][3]
品種 サラブレッド
性別 [1][注 1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2012年2月2日(7歳)[2][3]
Pioneerof the Nile[2][3]
Littleprincessemma[2][3]
母の父 Yankee Gentleman[2][3]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[3]
生産 Zayat Stables[2][3]
馬主 Zayat Stables[2][3]
調教師 Bob Baffertアメリカ[2][3]
競走成績
生涯成績 11戦9勝[2][3]
獲得賞金 865万300ドル[2]
 
勝ち鞍
GI デルマーフューチュリティ 2014年
GI フロントランナーステークス 2014年
GI アーカンソーダービー 2015年
GI ケンタッキーダービー 2015年
GI プリークネスステークス 2015年
GI ベルモントステークス 2015年
GI ハスケルインビテーショナルS 2015年
GI ブリーダーズカップ・クラシック 2015年
GII レベルステークス 2015年
テンプレートを表示

目次

経歴編集

アメリカンファラオは、オーナーでもあり、Zayat Stables LLCのCEOを務めるアーメド・ザヤット(Ahmed Zayat)[7]により生産された[8]。父のパイオニアオブザナイル(Pioneerof the Nile)にとっては2世代目、母のリトルプリンセスエマ(Littleprincessemma)にとっては2頭目の産駒である[9]

2013年の8月にはTaylor Made Sales Agencyに引き渡されファシグ・ティプトン・サラトガセールに出品されたが、ザヤットの代理人により30万ドルで買い戻された[6][注 2][注 3]

2014年の春には、ザヤットの所有馬としてボブ・バファート(Bob Baffert)厩舎に入厩した[13]。アメリカンファラオは歩様が他馬より滑らかでストライドが長く、バファートも「彼のような動きをする馬を管理したことが無い」とコメントしている[14]

名前編集

アメリカンファラオの名は、父がパイオニアオブザナイル、母父がヤンキージェントルマン(Yankee Gentleman)であることと[15][注 4]オーナーがアメリカ在住のエジプト人であることから付けられた[17]。なお、古代エジプトの王・ファラオの綴りは"Pharaoh"であるが、電子登録の際に間違えたため本馬は"American Pharoah"となっている[15][18][注 5]。そのため日本語媒体では馬名を「アメリカンフェイロア」としている例もある[20]。「アメリカンフェイロー」と表記されることもあるが[21]、これは"Pharaoh"の英語読みの一つであり([ˈf.r][22][注 6])、綴りの間違いとは関係がない。

競走馬時代編集

 
アメリカンファラオのオーナーであるザヤットステーブルの勝負服

2歳(2014年)編集

アメリカンファラオは、2014年の8月2日に、デルマー競馬場のオールウェザー(ポリトラック)8.5ハロンのメイドン(Maiden)[注 7]で鞍上にマーティン・ガルシアを迎えてデビューした。9頭立てのこの競走で、アメリカンファラオは勝ち馬から9馬身以上離された5着に敗れた[24]

デビュー戦での敗戦にも関わらず、次走には9月4日に行われたG1・デルマーフューチュリティ(オールウェザー7ハロン)が選ばれ、単勝2番人気に支持された[25]。なお、この競走からビクター・エスピノーザが手綱を取っている[25]。また、前走ではブリンカーを着用していたがバファートはこれが合っていなかったと考え、遮眼部分を除いた上で耳の部分に綿を詰めてこの競走に挑んだ[26]。スタートから先頭に立ったアメリカンファラオは、2着に4馬身3/4差をつけて優勝、初勝利を挙げた[25]

続いて、9月27日にサンタアニタ競馬場で行われたG1競走、フロントランナーステークス(ダート8.5ハロン)に出走、前回のレースと同様に逃げ切り勝ちを収めた[27]

次走にはブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを予定していたが、 左前脚の故障により回避した[28]。しかし、エクリプス賞では、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル勝ち馬で上記のフロントランナーステークスでは3着で入線したテキサスレッド(Texas Red)を抑えて最優秀2歳牡馬に選出された[6][注 8][注 9]

3歳(2015年)編集

3歳初戦は、3月14日にオークローンパーク競馬場のG2、レベルステークスに出走した。このレースでアメリカンファラオには他馬より2ポンド(約0.9キログラム)[注 10]以上重い119ポンド(約54.0キログラム)の重量が課されたが、単勝1.4倍[注 11]の支持に応え、6馬身4分の1差で勝利した[33][34]

次走には、同じオークローンパーク競馬場で4月11日に開催されたG1、アーカンソーダービー(ダート8ハロン)に出走した。8頭での競走で単勝1.1倍[注 11]の圧倒的な1番人気に推されたアメリカンファラオは、ここでも8馬身差の圧勝を飾った[35]

5月2日、アメリカンファラオはアメリカ三冠の1戦目・ケンタッキーダービー(ダート10ハロン)に出走。出走馬18頭となったこの競走は、単勝の1番人気がアメリカンファラオ(3.9倍[注 11])で、以下G1・サンタアニタダービーなど6戦無敗のドルトムント(Dortmund)[36]、BCジュヴェナイル2着馬でG1・ブルーグラスステークスなどに勝利したカープディーム(Carpe Diem)[37]、G3・サンランドダービーの勝ち馬で、5戦2勝2着3回と安定した成績を残してきたファイアリングライン(Firing Line)[38]と続いた[39]。レースは序盤からドルトムントが逃げ、その後にファイアリングライン、アメリカンファラオの順に進む[39][40]。他馬も向こう正面までは後ろを追走していたが、第3コーナーからこの3頭が引き離しにかかる[39][40]。最後の直線では、最内にドルトムント、その外にファイアリングライン、一番外にアメリカンファラオが並び叩き合う[40]。まずドルトムントが脱落し、その後抜け出したアメリカンファラオが2着のファイアリングラインに1馬身の差をつけて優勝した[39][40]。エスピノーザは、「初めて騎乗したときから、彼はずっと特別な馬だ」「彼は多くの才能を持っており、信じられない馬だ」と述べた[40]。なお、エスピノーザはレース中にムチで32回アメリカンファラオを打っているように見え、使用が多過ぎるのではないかと審査が行われた[41]。その結果チャーチルダウンズ競馬場の裁決委員は、「何度も何度もリプレイを見直したが、問題となるようなことは無かった」との見解を示した[42]。またバファートは、「エスピノーザは(馬体ではなく)ゼッケンの上から打っていた」と述べた[42]

ケンタッキーダービーの2週間後の5月16日に、アメリカンファラオはアメリカ三冠の2戦目、プリークネスステークス(ダート9.5ハロン)に出走、単勝1.9倍[注 11]の1番人気に支持された[43]。発走の直前には雷を伴う激しい雨に見舞われ[44]、1983年以来となる不良馬場での競走となった[45]。レースでは、1番枠から出走したアメリカンファラオがスタート後のホームストレッチで先頭に立ち、後続を離して逃げていく。第3コーナーから第4コーナーにかけてドルトムントら後続も差を詰めにかかるがアメリカンファラオは先頭を譲らない。直線に入ると後続を引き離す一方で、エスピノーザはムチを使うことなく7馬身差をつけて優勝、二冠を達成した[46][47][注 12]。エスピノーザにとっては、前年のカリフォルニアクローム(California Chrome)に続き2年連続でのケンタッキーダービー・プリークネスステークス制覇となった[44][49][注 13]。また、バファートにとってはアメリカ三冠の最初の二冠を制したのは過去19年で4度目である[46][注 14]。この競走の後に、ザヤットはアメリカンファラオの種牡馬としての権利をクールモアグループに売却し、2015年終了後にアシュフォードスタッドで種牡馬入りすることを発表した[52][注 15](しかし、この譲渡交渉は2014年の間に既に成立していたとされている[54])。

 
2015年のベルモントステークスにおけるアメリカンファラオ

ベルモントステークスに向け、バファートはアメリカンファラオを自らの厩舎があるチャーチルダウンズ競馬場で調教して競走直前の火曜日にベルモントパーク競馬場に輸送することにした[55]。現地での調整を行わない方法に疑問を呈する調教師もいたが、バファートはアメリカンファラオを「ハッピー」に保つことが重要だと考え、2001年には同様の方法でポイントギヴンにベルモントステークスを勝たせていた[55]。6月6日のベルモントステークスは、8頭での競走となった。他の7頭のうち、5頭はプリークネスステークスを回避してケンタッキーダービーから直行、1頭は逆にプリークネスステークスのみに出走、もう1頭はピーターパンステークスを経由しての出走と、5週間で全てが行われ日程的に厳しいアメリカクラシック三冠競走に全て出走していたのはアメリカンファラオだけであった[56]。レースでは、揃ったスタートからすぐにアメリカンファラオがリードをとり、最初のコーナーに向かっていく。第3コーナーから多くの馬は騎手が手綱を動かし始めるが、アメリカンファラオは持ったままで先頭を走り続ける。直線に入るとこれまでのレースと同様に差を広げていき、5馬身1/2差で優勝[57][注 16]、1978年のアファームド以来、37年振り12頭目となるアメリカクラシック三冠馬となった[1][58][59][60][61][注 17]。なお、ベルモントパーク競馬場で発売されたアメリカンファラオの単勝馬券[注 18]は9万4128票であったが、競走の2日後の午後でも95%以上に当たる9万237票が換金されておらず、そのほとんどが記念馬券として保存または売買されていると考えられている[63]。ベルモントステークスの翌朝には、バファートがベルモントパーク競馬場に報道関係者を招き入れ、約30人がアメリカンファラオと触れ合うことが出来た[64][注 19]。 チャーチルダウンズ競馬場に戻ったアメリカンファラオは、6月13日に同競馬場でお披露目され、約3万人が駆け付けた[65]。また、関係者にケンタッキーダービーの記念品と三冠のトロフィーも授与された[65]

8月2日、アメリカンファラオは、G1・ハスケルインビテーショナルステークス(ダート9ハロン)に出走[注 20]。7頭立てとなったこの競走では、道中は他馬に先頭を譲り、2番手で追走する。しかし第3-4コーナーにかけて仕掛け先頭を奪うと、直線では騎手が持ったままで2着に2馬身1/4差をつけ勝利した[66][67][68]

次走には、サラトガ競馬場トラヴァーズステークス(ダート10ハロン)が選ばれた。これはザヤットが望んだものであったが、バファートは、8月に2度目の出走となり、しかもいずれもアメリカ大陸を横断する遠征となるため、アメリカンファラオに対する負担を考慮して乗り気ではなかった[69]。しかし調教は順調であったため、「トラヴァーズステークスに出走しない口実を探してみたが、見つからなかった」として出走を決めた[70]。 この競走は10頭で行われた。特に暑い日ではなかったが、発走ゲートでアメリカンファラオに発汗が見られたことから、エスピノーザは不安を感じていた[71]。レースでは、スタート直後からアメリカンファラオが先頭に立つが、道中は常にフロステッド(Frosted)が1馬身以内につけてプレッシャーをかける。最後の直線に入り何とかフロステッドを振り切るが、外から追い上げたキーンアイス(Keen Ice)に交わされ、3/4馬身差の2着に敗れた[72][73][注 21][注 22]。この敗戦について、エスピノーザは「3週間の間に飛行機で往復したのが少し厳しかったかもしれない。アメリカンファラオは非常に気持ちよく走っていたが、いつもとは少し違った」とコメントした[75]。ザヤットは敗戦直後にはアメリカンファラオの引退も口にしたが、5日後には「今回はアメリカンファラオがベストを出せない複合的な要因があったと思うが、再びベストの走りが出来る自信がある」として、ブリーダーズカップ・クラシックへの出走を表明した[76]

10月31日のブリーダーズカップ・クラシック(ダート10ハロン)には8頭が出走。その中でもアメリカンファラオは単勝1.7倍[注 11]の1番人気に推される[77]。レースではスタート直後から先頭に立ったアメリカンファラオは、道中は後続に1-2馬身差をつけて逃げる。3コーナーから動き始めると、直線では2着馬との差を広げ、6馬身半差で優勝、有終の美を飾った[77][78][79]。勝ちタイムの2分0秒07は、従来のコースレコードを5秒以上更新するものであった[78]

以上の活躍を受け、2015年エクリプス賞の年度代表馬および最優秀3歳牡馬に満票で選出された[80]。年度代表馬に満票で選出されたのは、1981年のジョンヘンリー以来2頭目である[80]。また、バファートは最優秀調教師、ザヤットは最優秀馬主および最優秀生産者に選ばれた[80]。一方、エスピノーザは最優秀騎手表彰で、ハビエル・カステリャーノ[注 23]に次ぐ2位であった[80]

記録編集

競走成績編集

出走日 競馬場 競走名 距離[注 28] 頭数 着順 騎手 着差 タイム 1着(2着)馬 出典
2014.08.09 デルマー メイドン AW6.5f 9頭 5着 M.ガルシア - - Om [24]
2014.09.08 デルマー デルマーフューチュリティS G1 AW7f 9頭 1着 V.エスピノーザ (4馬身3/4) 1:21.48 (Calculator) [25]
2014.09.27 サンタアニタ フロントランナーS G1 D8.5f 8頭 1着 V.エスピノーザ (3馬身1/4) 1:41.95 (Calculator) [27]
2015.03.14 オークローンパーク レベルS G2 D8.5f 7頭 1着 V.エスピノーザ (6馬身1/4) 1:45.78 (Madefromlucky) [34]
2015.04.11 オークローンパーク アーカンソーダービー G1 D8f 8頭 1着 V.エスピノーザ (8馬身) 1:48.52 (Far Right) [35]
2015.05.02 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 D10f 18頭 1着 V.エスピノーザ (1馬身) 2:03.02 (Firing Line) [39]
2015.05.16 ピムリコ プリークネスS G1 D9.5f 8頭 1着 V.エスピノーザ (7馬身) 1:58.46 (Tale Of Verve) [47]
2015.06.06 ベルモントパーク ベルモントS G1 D12f 8頭 1着 V.エスピノーザ (5馬身1/2) 2:26.65 (Frosted) [57]
2015.08.02 モンマスパーク ハスケルインビテーショナルS G1 D9f 7頭 1着 V.エスピノーザ (2馬身1/4) 1:47.95 (Keen Ice) [67]
2015.08.29 サラトガ トラヴァーズS G1 D10f 10頭 2着 V.エスピノーザ 3/4馬身 - Keen Ice [72]
2015.10.31 キーンランド ブリーダーズカップ・クラシック G1 D10f 8頭 1着 V.エスピノーザ (6馬身1/2) 2:00.07 (Effinex) [77]

引退後編集

  • オークローンパーク競馬場にアメリカンファラオの銅像が建てられ、2018年1月11日に除幕式が行われた[93][注 29]
  • アメリカンファラオが2014年に勝利したフロントランナーステークスは、2018年にアメリカンファラオステークス(American Pharoah Stakes)に改称された[94]

種牡馬時代編集

ブリーダーズカップ・クラシックから2日経った11月2日、アメリカンファラオはキーンランド競馬場近郊のアシュフォードスタッドに到着[95][96]。種牡馬として、第二の馬生を送ることとなった。初年度の種付け料は、20万ドルに設定された[95][97][注 30]。これは、アメリカにおける初年度の種付け料としては2006年のゴーストザッパーに並ぶ史上最高額である[97]。また2016年におけるこの額は、2014年と2015年のリーディングサイアー[99]2016年の種付け料が30万ドルのタピットに次いで、ウォーフロントと並ぶ全米で2番目の高額である[97]

2016年は208頭の牝馬を集め、そのうち55頭がG1優勝馬自身またはG1優勝馬の母であった[98]。2017年1月3日に初仔が誕生[100]。同年の11月に行われたファシグ・ティプトン・ノベンバーセールとキーンランド・ノベンバーセールで合計7頭の初年度産駒が取り引きされ、平均価格は約47万ドル、最高額は100万ドル[注 31]であった[101]

2017年シーズンからはオーストラリアでもシャトル種牡馬として供用されている[102][103][104][注 32]

2019年4月13日、アイルランドのネース競馬場でエイダン・オブライエン厩舎に所属するモナークオブエジプトがライアン・ムーアを背に芝1000メートルのメイドン戦でデビューし先行抜け出しの競馬で勝利。産駒の初出走初勝利という快挙を成し遂げた。

血統編集

American Pharoah血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Pioneerof the Nile(USA)
2006 黒鹿毛
父の父
Empire Maker(USA)
2000 黒鹿毛
Unbridled Fappiano
Gana Facil
Toussaud El Gran Senor
Image of Reality
父の母
Star of Goshen(USA)
1994 鹿毛
Lord At War General
Luna de Miel
Castle Eight Key to the Kingdom
Her Native

Littleprincessemma(USA)
2006 栗毛
Yankee Gentleman(USA)
1999 鹿毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Key Phrase Flying Paster
Sown
母の母
Exclusive Rosette(USA)
1993 栗毛
Ecliptical Exclusive Native
Minnetonka
Zetta Jet Tri Jet
Queen Zetta
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [105]
  2. ^ [105]
  3. ^ [105]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 停留精巣と判断され、2014年にはこれを表す「Ridgling[4]」を性別として記述されていた事もある[5][6](アメリカの性別欄では通常の牡馬やせん馬と区別される[4])。しかしザヤットは「アメリカンファラオはずっと(健康な)牡馬だった」と述べている[5]
  2. ^ ザヤットは有望な仔馬は100万ドル以下では売らないとしており、2007年のセールでもパイオニアオブザナイルを29万ドルで買い戻している[10]。なおこの時のアメリカンファラオについて、ザヤットは「彼の振る舞い、オーラ、馬体、動き方には輝きがある」と評価していた[11]
  3. ^ アメリカンファラオは競りの数週間前に脚をぶつけたためセールの際に小さなコブがまだ残っており、これが入札者に購入を躊躇させる一因となった[12]
  4. ^ 「Yankee」の日本語訳は「アメリカ人(の)」である[16]
  5. ^ ベルモントステークスに勝利した際にはアメリカクラシック三冠達成を記念した馬着が着せられたが、これには「AMERICAN PHARAOH」と書かれていた[19]
  6. ^ 他に、ˈfær oʊ、ˈfer oʊ、ˈfeər əʊ[22]
  7. ^ 欧米における新馬・未勝利馬による競走の呼称[23]
  8. ^ アメリカンファラオ126票、テキサスレッド111票[29]
  9. ^ ブリーダーズカップが開催されるようになって以来、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルに未出走の馬が最優秀2歳牡馬に選ばれるのは5頭目である[30]
  10. ^ 1ポンドは約0.453592キログラム[31]
  11. ^ a b c d e アメリカでのオッズは「1ドル賭けたときに生じる儲け」で表されるので、払い戻しとしては出典の「Odds」に1(賭けた1ドル)を足した金額になる[32]。この「1を足した数字」が日本式のオッズに等しいので、この記事では日本式のオッズを記述する。
  12. ^ この着差は、プリークネスステークス史上6番目の大差である[48]
  13. ^ エスピノーザは、2002年にも ウォーエンブレムで二冠を制覇している[50]
  14. ^ ケンタッキーダービーは4勝目、プリークネスステークスは6勝目[51]
  15. ^ まず980万ドルで売買され、三冠を達成したことで400万ドルが追加された[53]
  16. ^ この着差は、三冠馬がベルモントステークスで2着につけた差の中で4番目の大差である[58]
  17. ^ 三冠達成時に62歳だったバファートは史上2番目に高齢の三冠トレーナー[58]、43歳だったエスピノーザは最高齢の三冠ジョッキーとなった[59]。なお、2018年にジャスティファイがアメリカクラシック三冠を達成したことで、その管理調教師でもあったバファートは自身の記録を65歳に更新し、52歳だったマイク・スミスが最高齢の三冠ジョッキーとなった[62]
  18. ^ 1票は2ドルで購入でき、3.5ドルの払い戻しを受けられる[63]
  19. ^ これについてバファートは「アメリカンファラオを皆と共有し、彼がいかに優しく可愛いかを示したかった」と述べている[64]
  20. ^ 主催者であるモンマスパーク競馬場側は、この出走に対してザヤットとバファートにそれぞれ7万5000ドルを支払うと共に、賞金総額を100万ドルから175万ドル(1着賞金105万ドル)に引き上げている[66]
  21. ^ 過去にトラヴァーズステークスに挑んだ三冠馬は3頭いたが、勝利したのはワーラウェイのみであり、ギャラントフォックスアファームドは敗れていた(アファームドは1着で入線したが進路妨害により2着に降着)[74]。また、同じ競馬場で開催された1919年のサンフォードメモリアルステークスではマンノウォーが生涯唯一の敗戦を喫し、1973年のホイットニーハンデキャップでも三冠達成後のセクレタリアトが敗れているため、サラトガ競馬場は「王者の墓場(Graveyard of Champions)」とも呼ばれる[74]
  22. ^ キーンアイスは、ケンタッキーダービー(7着)[39]、ベルモントステークス(3着)[57]、ハスケルインビテーショナルステークス(2着)[67]でアメリカンファラオに敗れており、4度目の対戦で初勝利を挙げた。
  23. ^ 2015年は、キーンアイスでアメリカンファラオを破ったトラヴァーズステークス[72]をはじめG1競走で17勝を挙げるなど活躍[81]。344勝はこの年の北米1位であり、さらに北米記録を更新する2812万767ドルを獲得した[81]
  24. ^ ブリーダーズカップ・クラシックは4歳以上でも出走出来るが、グランドスラムを達成するには3歳時にこの競走に勝利する事が求められている[82]
  25. ^ 先代の三冠馬であるアファームドは1978年にアメリカクラシック三冠を達成し、その後の1984年にブリーダーズカップ・クラシックが創設されたため、この称号への挑戦自体アメリカンファラオが史上初である[78]
  26. ^ 従来の記録はスマーティージョーンズが2004年に記録した756万3535ドルであるが、この中には2015年時点では廃止されていた500万ドルのボーナス(レベルステークス、アーカンソーダービー、ケンタッキダービーを全て制した馬にオークローンパーク競馬場から与えられていた[84])が含まれる[83]
  27. ^ 2017年にアロゲートが1333万8000ドルを獲得してこれを更新した[85]
  28. ^ 出典にはマイルを用いているものもあるが(例えばケンタッキーダービーは「One And One Fourth Miles」[39])、1マイルは8ハロンであることから換算[91]。1ハロンは約201.168メートル[92]
  29. ^ この地でレベルステークスとアーカンソーダービーに勝利した後にアメリカクラシック三冠を達成したことから、飛躍の礎になった場所として建設された[93]
  30. ^ 2016年は、20万ドルで2頭の牝馬に種付け出来たとされている[98]
  31. ^ この馬が取り引きされたファシグ・ティプトンの当歳セールでは過去最高に並ぶ高額である[101]
  32. ^ アメリカンファラオを種牡馬として購入したクールモアグループは、オーストラリアにも牧場を保有している[102]

出典編集

  1. ^ a b c d 月刊『優駿』(日本中央競馬会)2015年7月号74-76頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l American Pharoah”. Equibase. 2015年6月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j American Pharoah (USA) Race record”. Racing Post. 2015年11月1日閲覧。
  4. ^ a b 競走馬プロフィールの調べ方 EQUIBASE(エクイベース)”. 日本中央競馬会. 2019年3月15日閲覧。
  5. ^ a b Get to know American Pharoah all over again -- a dozen fun factsWayback Machine、2015年7月4日) - https://www.wdrb.com/story/29221883/crawford-get-to-know-american-pharoah-all-over-again-a-dozen-fun-facts/[リンク切れ]
  6. ^ a b c American Pharoah is Champion 2-Year-Old Male”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年1月17日). 2015年6月6日閲覧。
  7. ^ 月刊『優駿』2015年6月号91頁
  8. ^ That time when no one wanted to buy American Pharoah”. Yahoo! Sports (2015年6月2日). 2015年6月3日閲覧。
  9. ^ Littleprincessemma”. Equineline (2015年2月9日). 2015年5月23日閲覧。
  10. ^ American Pharoah: the Early Development of a Champion”. Thoroughbred Daily News (2015年4月27日). 2015年5月24日閲覧。
  11. ^ American Pharoah's owner focused on history, not past”. The Boston Globe (2015年5月31日). 2016年11月24日閲覧。
  12. ^ 'Made to run': The making of American Pharoah”. Daily Racing Form (2015年5月29日). 2015年7月8日閲覧。
  13. ^ Bob Baffert returns to Kentucky Derby with race's top two favorites”. Sports Illustrated (2015年4月27日). 2015年5月23日閲覧。
  14. ^ American Pharoah to defy history by not working out at Belmont before Triple Crown attempt”. Lexington Herald-Leader (2015年5月30日). 2015年6月6日閲覧。
  15. ^ a b So, Who Misspelled American Pharoah?”. The New York Times (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  16. ^ yankee”. 英辞郎 on the WEB. 2015年11月1日閲覧。
  17. ^ Kentucky Derby: American Pharoah chases racing crown”. CNN (2015年4月30日). 2015年6月6日閲覧。
  18. ^ That's 'Pharoah,' not 'Pharaoh,' for Derby fav”. The Courier-Journal (2015年4月21日). 2015年6月6日閲覧。
  19. ^ Uh oh: American 'Pharaoh' on Crown blanket”. The Louisville Courier-Journal (2015年6月7日). 2016年11月16日閲覧。
  20. ^ アメリカンフェイロア完勝、37年ぶりに三冠の呪縛を解く”. 競馬ブックweb. 株式会社ケイバブック. 2019年3月15日閲覧。
  21. ^ アメリカンフェイローが37年ぶりに米3冠達成!”. ZBAT!競馬. 株式会社産業経済新聞社 (2015年6月7日). 2019年3月15日閲覧。
  22. ^ a b Wells, John C. (2008), Longman Pronunciation Dictionary (3rd ed.), Longman, ISBN 9781405881180 
  23. ^ 石川ワタル「世界の3歳競馬と日本の3歳競馬」、『優駿』、日本中央競馬会、1990年8月、 65-66頁。
  24. ^ a b DEL MAR - August 9, 2014 - Race 4 MAIDEN SPECIAL WEIGHT”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  25. ^ a b c d DEL MAR - September 3, 2014 - Race 8 STAKES Del Mar Futurity Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  26. ^ American Pharoah Is a Fan Favorite, but Not Vice Versa”. The New York Times (2015年5月15日). 2015年6月6日閲覧。
  27. ^ a b SANTA ANITA PARK - September 27, 2014 - Race 6 STAKES FrontRunner S. Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  28. ^ American Pharoah Out of BC Juvenile”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2014年10月28日). 2015年6月6日閲覧。
  29. ^ The Eclipse Awards: American Pharoah”. Throroughbred Racing Associations. 2015年6月6日閲覧。
  30. ^ 2014 Eclipse Awards: American Pharoah”. Dairy Racing Form (2015年1月6日). 2015年6月6日閲覧。
  31. ^ 1ポンド”. google. 2016年11月16日閲覧。
  32. ^ アメリカ競馬の賭け方”. 2016年5月20日閲覧。[信頼性要検証]
  33. ^ American Pharoah Romps in Rebel”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年3月14日). 2015年6月6日閲覧。
  34. ^ a b OAKLAWN PARK - March 14, 2015 - Race 10 STAKES Rebel S. Grade 2”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  35. ^ a b OAKLAWN PARK - April 11, 2015 - Race 11 STAKES Arkansas Derby Grade 1”. Equibase. 2015年6月6日閲覧。
  36. ^ Dortmund - Results”. Equibase. November11, 2016閲覧。
  37. ^ Carpe Diem - Results”. Equibase. November11, 2016閲覧。
  38. ^ Firing Line - Results”. Equibase. November11, 2016閲覧。
  39. ^ a b c d e f g CHURCHILL DOWNS - May 2, 2015 - Race 11 STAKES Kentucky Derby Presented by Yum! Brands Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  40. ^ a b c d e Favored American Pharoah Wins Kentucky Derby”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年5月3日). 2015年6月6日閲覧。
  41. ^ Espinoza's whip use on American Pharoah under scrutiny”. Daily Racing Form. 2015年6月6日閲覧。
  42. ^ a b Baffert: Jockey kept Pharoah 'busy' with whip”. Courier-Journal (2015年5月7日). 2015年5月21日閲覧。
  43. ^ American Pharoah Draws Post 1 for Preakness”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年5月13日). 2015年6月6日閲覧。
  44. ^ a b Preakness Stakes: American Pharoah races to victory in driving rain to set up Triple Crown shot at Belmont”. New York Daily News (2015年5月16日). 2015年6月6日閲覧。
  45. ^ Live updates: Preakness Stakes 2015 – American Pharoah breezes to win, Triple Crown hopes alive”. AL.com. 2015年6月6日閲覧。
  46. ^ a b One more time: American Pharoah wins Preakness, nears Triple Crown”. Sports Illustrated (2015年5月16日). 2015年6月6日閲覧。
  47. ^ a b PIMLICO - May 16, 2015 - Race 13 STAKES Xpressbet.com Preakness S. Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  48. ^ American Pharoah one win from Triple Crown after Preakness win”. ESPN (2015年5月16日). 2015年5月23日閲覧。
  49. ^ Preakness Winner Espinoza Gets 3rd Try at Triple Crown”. ABC News (2015年5月16日). 2015年6月6日閲覧。
  50. ^ War Emblem”. Equibase. 2015年6月6日閲覧。
  51. ^ American Pharoah Romps to Victory in 140th Preakness Stakes”. Pimlico (2015年5月16日). 2016年11月16日閲覧。
  52. ^ American Pharoah to Stand at Ashford Stud”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年5月20日). 2015年6月6日閲覧。
  53. ^ Ahmed Zayat's Journey: Bankruptcy and Big Bets”. The New York Times (2015年6月4日). 2015年2月14日閲覧。
  54. ^ 月刊『優駿』2015年12月号57頁
  55. ^ a b American Pharoah to defy history by not working out at Belmont before Triple Crown attempt”. Lexington Herald-Leader (2015年5月30日). 2015年6月1日閲覧。
  56. ^ Will American Pharoah win Triple Crown?”. NBC Sports (2015年6月5日). 2015年6月6日閲覧。
  57. ^ a b c BELMONT PARK - June 6, 2015 - Race 11 STAKES Belmont S. presented by DraftKings Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  58. ^ a b c American Pharoah claims first Triple Crown since 1978”. ESPN News Service (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  59. ^ a b American Pharoah becomes first Triple Crown winner in 37 years”. CNN (2015年6月6日). 2016年11月16日閲覧。
  60. ^ American Pharoah Claims Triple Crown Triumph”. Blood-Horse (2015年6月7日). 2015年6月7日閲覧。
  61. ^ アメリカンファラオ圧勝、37年ぶりに米3冠達成/米・ベルモントS”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2015年6月7日). 2015年6月7日閲覧。
  62. ^ Justify triumphs in Belmont Stakes to win the Triple Crown”. The Washington Post (2018年6月9日). 2018年3月15日閲覧。
  63. ^ a b Belmont Ticketholders Hope to Cash in Online”. The New York Times (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  64. ^ a b Relaxed Baffert Shares Triple Crown With All”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年6月7日). 2019年5月15日閲覧。
  65. ^ a b American Pharoah enjoys kingly reception at Churchill Downs”. Lexington Herald-Leader (2015年6月13日). 2016年11月15日閲覧。
  66. ^ a b American Pharoah Wins Haskell Invitational”. The New York Times (2015年8月2日). 2019年3月15日閲覧。
  67. ^ a b c MONMOUTH PARK - August 2, 2015 - Race 12 STAKES William Hill Haskell Invitational S. Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  68. ^ アメリカンファラオが強さを見せつけ快勝/米・ハスケル招待S”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2015年8月3日). 2016年7月7日閲覧。
  69. ^ Baffert 'trying to make' Travers with Pharoah”. The Courier-Journal (2015年8月14日). 2015年8月23日閲覧。
  70. ^ 'His Bags Are Packed': Pharoah Headed To Travers After Strong Work”. Paulick Report (2015年8月23日). 2015年8月23日閲覧。
  71. ^ American Pharoah might be retired after stunning loss in Travers”. Los Angeles Times (2015年8月29日). 2019年3月15日閲覧。
  72. ^ a b c SARATOGA - August 29, 2015 - Race 11 STAKES Travers S. Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  73. ^ アメリカンファラオも2着に敗れる、キーンアイスが差し切りGI初制覇/トラヴァーズS”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2015年8月30日). 2016年7月7日閲覧。
  74. ^ a b 5 Reasons American Pharoah May Want To Skip The Travers”. CBS New York (2015年8月21日). 2015年8月23日閲覧。
  75. ^ Keen Ice Springs Travers Upset on 'Pharoah'”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年8月29日). 2015年11月25日閲覧。
  76. ^ American Pharoah to Continue Racing”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年9月3日). 2015年9月5日閲覧。
  77. ^ a b c KEENELAND - October 31, 2015 - Race 11 STAKES Breeders' Cup Classic Grade 1”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  78. ^ a b c d Watch American Pharoah win horse racing's first-ever Grand Slam at Breeders' Cup”. The Washington Post (2015年10月31日). 2016年11月16日閲覧。
  79. ^ 3冠馬アメリカンファラオ圧勝で有終の美!/ブリーダーズCクラシック”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2015年11月1日). 2016年7月7日閲覧。
  80. ^ a b c d American Pharoah is Unanimous 2015 Horse of the Year”. National Thoroughbred Racing Association (2016年1月16日). 2016年1月18日閲覧。
  81. ^ a b 2015 Eclipse Awards: Javier Castellano” (2016年1月6日). 2016年11月18日閲覧。
  82. ^ From Triple Crown 'sweetheart' to $200K stud”. CNN (2016年1月20日). 2017年9月28日閲覧。
  83. ^ a b American Pharoah Sets Earnings Record; Zayat, Pletcher, Castellano Lead Standings”. Paulick Report (2016年1月1日). 2016年11月2日閲覧。
  84. ^ ESPN.com - Triple Crown 2004 - Oaklawn owner insured bonus two days before Derby”. espn.go.com. 2016年6月13日閲覧。
  85. ^ Arrogate Tops North American Earnings for 2017”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2018年1月5日). 2019年3月15日閲覧。
  86. ^ Curlin”. Equibase. 2016年6月6日閲覧。
  87. ^ American Pharoah Romps in BC Classic”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年11月1日). 2016年6月6日閲覧。
  88. ^ Pharoah highest rated US horse in RPR history”. Racing Post (2015年11月2日). 2016年6月6日閲覧。
  89. ^ Top ten Flat horses in Racing Post history”. Racing Post (2015年11月11日). 2016年6月6日閲覧。
  90. ^ American Pharoah Crowned 2015 LONGINES World's Best Racehorse”. International Federation of Horseracing Authorities. 2016年11月22日閲覧。
  91. ^ 競馬用語辞典 ハロン”. 日本中央競馬会. 2016年5月8日閲覧。
  92. ^ 1ハロン”. google. 2016年5月20日閲覧。
  93. ^ a b Oaklawn Park Unveils American Pharoah Statue”. BloodHorse.com (2018年1月11日). 2018年2月8日閲覧。
  94. ^ Santa Anita Names Stakes After American Pharoah” (英語). Blood-Horse Publications. 2019年3月15日閲覧。
  95. ^ a b 月間『優駿』2015年12月号58頁
  96. ^ American Pharoah Arrives at Ashford”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年11月2日). 2015年11月6日閲覧。
  97. ^ a b c How American Pharoah's $200,000 fee compares with other top studs”. Lexington Herald Leader (2015年11月6日). 2018年2月8日閲覧。
  98. ^ a b 供用1年目のアメリカンファラオのもとに集まった優良牝馬(国際)【生産】”. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2017年1月20日). 2018年2月8日閲覧。
  99. ^ Tapit”. Gainesway. 2016年5月5日閲覧。
  100. ^ First Foal by American Pharoah Born at Brookdale Farm” (英語). Blood-Horse (2017年1月3日). 2018年2月5日閲覧。
  101. ^ a b American Pharoah's first weanlings well received at sales”. www.drf.com (2017年11月9日). 2018年1月8日閲覧。
  102. ^ a b アメリカンファラオ、豪州にシャトル(オーストラリア)”. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2017年3月9日). 2018年2月8日閲覧。
  103. ^ American Pharoah to shuttle to Australia for next breeding season”. Horse Racing Nation (2018年4月15日). 2019年4月13日閲覧。
  104. ^ Coolmore's Justify to shuttle for Australian breeding season”. Horse Racing Nation (2019年4月4日). 2019年4月13日閲覧。
  105. ^ a b c American Pharoah 5代血統表”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年5月5日閲覧。
  106. ^ Pioneerof the Nile's Worldwide Sales Results for 2011”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications. 2016年5月5日閲覧。
  107. ^ Pioneerof the Nile's Fee More Than Doubles”. The Blood-Horse. Blood-Horse Publications (2015年10月19日). 2015年11月25日閲覧。
  108. ^ Empire Maker sold to Japan” (2010年11月12日). 2015年11月6日閲覧。
  109. ^ Empire Maker Coming Home to Kentucky” (2015年9月30日). 2015年11月6日閲覧。
  110. ^ エンパイアメーカーが米帰国へ 孫アメリカンファラオの活躍を受け”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2015年10月1日). 2015年11月8日閲覧。
  111. ^ American Cleopatra | Race Record & Form. Racing Post. 2018年12月31日閲覧
  112. ^ 【海外競馬】米三冠馬アメリカンファラオ半妹のチェイシングイエスタデイがG1初制覇. netkeiba.com(2018年12月11日付). 2018年12月30日閲覧

外部リンク編集