メインメニューを開く

アメリカン・サイコ』(American Psycho)は、1991年に出版されたブレット・イーストン・エリスの長編小説

アメリカン・サイコ
American Psycho
著者 ブレット・イーストン・エリス
訳者 小川高義
発行日 アメリカ合衆国の旗 1991年
単行本:1992年12月
文庫本:1995年2月21日
発行元 アメリカ合衆国の旗 Simon & Schuster
日本の旗角川書店
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 単行本文庫本
ページ数 単行本:472
文庫本:332 (上巻)、346 (下巻)
公式サイト www.kadokawa.co.jp (上巻)
www.kadokawa.co.jp (下巻)
コード ISBN 978-4-04-267301-9 (上巻)
ISBN 978-4-04-267302-6 (下巻)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

1980年代後半のマンハッタンウォール街を舞台に、投資銀行副社長を務める一方で快楽殺人を繰り返す主人公を描くサイコ・ホラー。2000年メアリー・ハロン監督、クリスチャン・ベール主演により映画化された。

あらすじ編集

ニューヨークウォール街の投資会社P&Pに副社長として勤務するパトリック・ベイトマンは人生を謳歌している。ロングアイランドに居を構える裕福な一家に生まれ、アメリカ屈指の名門のボーディングスクール、フィリップス・エクセター・アカデミーを卒業しハーバード大学に入学。その2年後にハワイハーバード・ビジネス・スクール大学院課程も修了した。現在はトム・クルーズも住んでいる都心の一等地アッパーウェストサイドのアパートメントを借り、ベイトマンはいわゆるヤッピーの典型だ。昼間はジムに行って汗を流し、ニューヨークでも指折りの高級レストランで同僚達とテーブルを囲む。実際、その会社を所有しているのは他でもないベイトマンの実父であり、ベイトマン自身が仕事内容について作中で語る事は皆無である。むしろ、ウォール街で働くエリートビジネスマンというのは建前で、ベイトマンの本当の生活は夜に始まる。同僚達は皆、彼自身と同じく高学歴かつ高収入のエリート達ばかり。しかし、それと同時に彼らは哀しいほど浅はかで、同僚間の信頼や友情は殆どうわべだけのものである。共通のヘアスタイルやスーツのブランド、趣味を愛好する彼らのライフスタイルは、時としてお互い誰が誰だか分からなくなってしまうほど似通っている。確立された個々のアイデンティティーなどそこには無く、そのコミュニティーに溶け込み順応する事(Fitting In)とその過程においての自己の同一性混乱(Identity Confusion)が本作のテーマの一つにもなっている。表面上は仲の良く、気さくな同僚達。しかし腹の内ではお互いが何を考えているか知っている者などいない。会社では皆、行きつけのレストランや名刺のデザインなどを比べ合い一喜一憂するばかり。そんな中、ある日ベイトマンの前にルックス・学歴・身だしなみなど非の打ち所のない同僚、ポール・オーウェン(映画ではポール・アレン)が現れる。

日本語訳編集

『アメリカン・サイコ』小川高義角川書店 1992年、角川文庫 1995年

映画編集

アメリカン・サイコ
American Psycho
監督 メアリー・ハロン
脚本 メアリー・ハロン
グィネヴィア・ターナー
製作 エドワード・R・プレスマン
クリス・ハンリー
クリスチャン・ハルシー・ソロモン
製作総指揮 マイケル・パサーネク
ジェフ・サックマン
ジョセフ・ドレイク
出演者 クリスチャン・ベール
ウィレム・デフォー
ジャレッド・レト
ジョシュ・ルーカス
サマンサ・マシス
マット・ロス
ビル・セイジ
クロエ・セヴィニー
カーラ・シーモア
ジャスティン・セロー
グィネヴィア・ターナー
リース・ウィザースプーン
音楽 ジョン・ケイル
撮影 アンジェイ・セクラ
編集 アンドリュー・マーカス
配給   ライオンズゲート
  アミューズピクチャーズ
公開   2000年4月14日
  2001年5月3日
上映時間 102分
製作国   アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 $34,266,564[1]
テンプレートを表示

2000年に映画化され、2000年1月に行われたサンダンス映画祭で初公開された。

製作編集

原作の映画化にあたっては、実に多くの俳優やスタッフが検討された。いくつもの候補が挙がったのち、クリスチャン・ベール主演でメアリー・ハロンによる監督の企画が進められていたが、スタジオ側がレオナルド・ディカプリオの主演を発表し、これに不満を示したハロンが監督を降板。そこで監督にはオリヴァー・ストーンが検討されたが、ストーン、ディカプリオともに頓挫した。最終的にハロンとベールが復帰している。

インタビューでハロンが語ったことによると、原作では残虐な表現をこと細かく描写していたのに対し、映画版ではあくまで主人公の心理描写と80年代後半のバブルの不条理性に対する皮肉に徹しているため、残虐描写は控えたという。エンディングでは、デヴィッド・ボウイの「Something in the air」が流れる。この曲は、世の中や自分自身、そしてパートナーへの愛情が冷めたある男についての曲である。

なお、本作の続編として『アメリカン・サイコ2英語版』が製作されているが、原作とは全く無関係で、本作との関連性もほとんどない。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 Netflix[2]
パトリック・ベイトマン クリスチャン・ベール 草尾毅 神保良介
ドナルド・キンボール(探偵) ウィレム・デフォー 野沢那智 中野健治
ジーン(パトリックの秘書) クロエ・セヴィニー 西田絵里 広江美奈
イヴリン・ウィリアムズ(パトリックの婚約者) リース・ウィザースプーン 笹井千恵子 秋月三佳
コートニー・ローリンソン(パトリックの愛人) サマンサ・マシス 高田由美 工藤史子
エリザベス(パトリックの愛人) グィネヴィア・ターナー 加古みなみ
ポール・アレン(パトリックのライバル) ジャレッド・レト 高木渉 中村だいぞう
クレイグ・マクダーモット(パトリックの同僚) ジョシュ・ルーカス 芦原健介
ルイス・カルザース(パトリックの同僚) マット・ロス 中山裕康
デイヴィッド・ヴァン・パッテン(パトリックの同僚) ビル・セイジ 早川えすえふ
ティモシー・ブライス(パトリックの同僚) ジャスティン・セロー 猪俣三四郎
ハロルド・カーンズ(弁護士) スティーブン・ボガート 早川えすえふ
クリスティ(娼婦) カーラ・シーモア 林奏絵
サブリナ(娼婦) クリスタ・サットン英語版 岩田麻衣子
デイジー(パトリックの同僚の恋人) モニカ・マイヤー 橋本美佳
ヴァンデン キャサリン・ブラック 加古みなみ
ヴィクトリア(クリーニング店の女) マリエ・ダム 月野木歩美
ミセス・ウルフ(不動産業者) パトリシア・ゲイジ英語版 本田毬樹
アル(ホームレスの男) レグ・E・キャシー 塚田正昭

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ a b American Psycho (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月13日閲覧。
  2. ^ 『アメリカン・サイコ』”. 2019年8月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集