メインメニューを開く

アメリカン航空1便墜落事故

1962年にニューヨークで発生した航空事故

アメリカン航空1便墜落事故(アメリカンこうくう1びんついらくじこ、: American Airlines Flight 1)とは、1962年ニューヨークで発生した航空事故である。

アメリカン航空 1便
American Airlines Flight 1
American Airlines.Boeing 707.1966.jpg
同型機のボーイング707
出来事の概要
日付 1962年3月1日
概要 不適切なメンテナンス、製造工程でのミス
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州アイドルワイルド空港
乗客数 87
乗員数 8
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 95(全員)
生存者数 0
機種 ボーイング707-123B
運用者 アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空
機体記号 N7506A
出発地 ジョン・F・ケネディ国際空港
目的地 ロサンゼルス空港
テンプレートを表示

事故の概略編集

1962年3月1日、アメリカン航空1便はアメリカ大陸横断便としてニューヨークからロサンジェルスに向かうため、アイドルワイルド空港(現在のジョン・F・ケネディ国際空港)の滑走路33Lを午前10時6分に離陸した。1便はボーイング707-123B(機体記号:N7506A)で運航されていた。

だが、1便は左旋回しながら上昇していた時に水平飛行が出来なくなり、そのまま左に傾きながら横転した状態になった。そのため1便は離陸してから2分後に、およそ1,500フィートの高度からニューヨーク東側にあるジャマイカ湾に時速370kmで激突し、機体は海底の泥の中に埋没した。この事故で搭乗者95名全員が犠牲になったが、そのなかには後にポール・マッカートニーと結婚した写真家リンダ・イーストマン・マッカートニーの母親も含まれていた。

事故の原因編集

事故当日のニューヨークの天候は大変良好であり、機体になんらかのトラブルが発生したのが事故原因であるとみられていたが、高速で衝突した機体の損傷は激しく、調査は困難を極めた。

その後アメリカ民間航空委員会の事故調査官がラダー制御システムに深刻な異常があったことを突き止めた。ラダーサーボ機構を制御する発電機の内部のケーブルが切断していたのだ。そして、この電線の損傷は、製造ラインにある同型機においても発見された。製造ラインを詳細に調査すると、ケーブルを結束する作業工程で用いていたピンセットの使い方が不適切であったことがわかった。

つまり、アイドルワイルド空港を離陸直後に機体が制御を失いジャマイカ湾に墜落したのは、製造時に損傷を受けたケーブルが、それまでに受けた振動などによりついに断線し、その結果航空機のラダーが誤作動したためであった。ただし、同年7月初め、アメリカ連邦航空局は誤って装着されていた規格外のコッターピン(割りピン)とボルトが欠落し、ラダーを不作動にしたという見解を述べている。

参考文献編集

  • デビッド・ゲロー 「航空事故」(増改訂版) イカロス出版 1997年 46頁~47頁

外部リンク編集