アメリカ合衆国商務省

アメリカ合衆国商務省(アメリカがっしゅうこくしょうむしょう、United States Department of Commerce)は、経済成長の促進に関わるアメリカ合衆国政府の官庁である。

United States Department of Commerce
Seal of the United States Department of Commerce.svg
アメリカ合衆国商務省の紋章
組織の概要
設立年月日 1903年2月14日
本部所在地 Herbert C. Hoover Building
1401 Constitution AvenueNW, Washington, D.C.
北緯38度53分39.48秒 西経77度1分58.08秒 / 北緯38.8943000度 西経77.0328000度 / 38.8943000; -77.0328000
人員 141,885
年間予算 US$10.2 billion (2009)
US$14.2 billion (est. 2010)
US$9.3 billion (est. 2011)
行政官
ウェブサイト www.commerce.gov

日本の経済産業省に相当する。

この官庁は、もともと1903年2月14日に商務・労働省として設立された。その後、1913年3月4日に商務省に改称され、労働問題を専門とする部局は新しく設立された労働省へ移管された。

ワシントンD.C.に位置する商務省の建物(中央、赤い屋根)

商務省の任務は、経済成長、技術競争力、持続的発展を促進するインフラを整備することによって、すべてのアメリカ人のために雇用の創出と生活水準の向上を図ることにある。その職務には、事業や政府の意志決定のために経済的、人口学的データを収集すること、特許や商標の権利を付与すること、工業分野の標準化を推進することが含まれる。

商務省は、現在、商務長官によって統括されている。1903年から1913年までは、商務・労働長官によって率いられた。

組織編集

関連項目編集

外部リンク編集