メインメニューを開く

アメリカ級強襲揚陸艦

アメリカ海軍の強襲揚陸艦の艦級
アメリカ級強襲揚陸艦
USS America (LHA-6) F-35B loaded.jpg
艦級概観
艦種 強襲揚陸艦(LHA)
艦名 国名、および海兵隊の主戦場(旧艦名の継承)
建造期間 2009年 -
就役期間 2014年 -
前級 ワスプ級(LHD)
次級 最新
性能諸元
排水量 満載: 45,570 t
全長 257.3 m (844 ft)
全幅 32.3 m (106 ft)
吃水 8.7 m (26 ft)
機関 CODLOG方式
ディーゼル発電機 (4,000 kW) 6基
補助電動機
(5,000 hp/3,700 kW)
2基
LM2500+ガスタービンエンジン(35,000 hp/26,000 kW) 2基
速力 最大22ノット
航続距離
乗員 士官:65名
曹士:994名
海兵隊員:1,687名~1,871名
兵装 ファランクスBlk.1B 20mmCIWS 2基
Mk.95 12.7mm連装機銃[1] 7基
Mk.29 8連装ミサイル発射機
(発展型シースパロー短SAM)
2基
Mk.49 21連装ミサイル発射機
(RAM近SAM)
2基
艦載機 航空運用機能参照
艦載艇 フライト1以降
LCACエアクッション揚陸艇
2隻
C4I SSDS Mk.2 mod.4
(CEC, NTDS対応)
レーダー AN/SPS-48E 3次元式 1基
フライト1以降
AN/SPY-6(V)2 EASR
1基
AN/SPS-49A(V)1 対空捜索用 1基
AN/SPQ-9B 低空警戒用 1基
電子戦
対抗手段
AN/SLQ-32B(V)2 電子戦装置
Mk.53 NULKA デコイ装置

アメリカ級強襲揚陸艦(アメリカきゅうきょうしゅうようりくかん、英語: America-class amphibious assault ship)は、アメリカ海軍強襲揚陸艦の艦級。

ワスプ級の最終艦をもとに、航空運用機能を増強して開発され、最終的には12隻の配備が予定されている。

設計編集

タラワ級の更新(Replacement)用として計画されたことから、LHA(R)と称されていた。

設計面では、ワスプ級の8番艦「マキン・アイランド」をベースとしており、45%が共通とされている。「マキン・アイランド」はそれまでのワスプ級姉妹艦と異なり、多様な新技術を取り入れた艦である。

「マキン・アイランド」は主機関にCODLOG方式(電気ガスタービン複合推進(hybrid-electric propulsion system)とも)が採用され、就役したアメリカ軍初の艦で、本級も同様の機関を採用している[2]。これは、低速機としてはディーゼル発電機と補助電動機(APS)による電気推進、高速機としてはゼネラル・エレクトリック LM2500+ガスタービンエンジンによる機械駆動推進を行うもので、高速機と低速機の切り替えは12ノットを基準とする。ワスプ級の7番艦まで搭載されていた蒸気タービン主機関と同等の出力を備える一方、燃料消費を半分以下に低減できるという低燃費性を備えている[3]

能力編集

フライト0編集

航空運用機能
 
飛行甲板

飛行甲板の構成はおおむねワスプ級のものが踏襲されており、ヘリコプター発着スポットは9ヶ所、エレベーターはデッキサイド式で2基(それぞれ力量34トン)が設けられている。当初は西欧諸国の軽空母イギリス海軍インヴィンシブル級など)のようなスキージャンプ勾配の設置も検討されたが、V/STOL機の発艦効率が向上する一方でヘリコプターの発着に使えるスペースが減少することから、最終的には棄却された[3]

従来から海兵隊で運用されていたV/STOL攻撃機ハリアー IIティルトローター輸送機MV-22B、大型輸送ヘリコプターのCH-53E/Kをはじめとして、UH-1Y汎用ヘリコプターMH-60S多用途支援ヘリコプター、AH-1W/Z攻撃ヘリコプターの搭載に対応。また、「ワスプ」で実施されたF-35Bの運用試験の結果を反映し、2015年にF-35B搭載改修が行われている。

搭載機数としては、制海艦運用の場合は固定翼機を中心に最大20機前後、通常はV/STOL機6機、MV-22B 12機を中心に各種回転翼機を加えて合計約30機が想定されている[3]

輸送揚陸機能

航空機の運用を最重視し、トレードオフとして従来の強襲揚陸艦で必須の装備であったウェルドックを廃止。計画当初は船体の大型化により、ウェルドックを組み込む設計案もあったが、高価格化を危惧してキャンセルされている。これに併せてエア・クッション揚陸艇でなければ揚陸できない重装甲車両の収納スペースも撤去されている。ほか、医療機能はワプス級に比べて3分の2に削減されている。

フライト1編集

航空運用機能
 
フライト1 LHA-8「ブーゲンヴィル」

当初よりF-35Bの連続したSTOVL運用に対応。フライト0から排水量の増加を抑えつつ、ウェルドックを追加し、売りである正規空母並み[要出典]の航空機運用能力を可能な限り維持している。格納庫の床面積は維持しているが、1/3の区画の天井の高さが半分になっており、空間容積は16%程減少。部品庫や弾薬庫の貯蔵スペースも減少しており、航空燃料の保有量に至っては半分以下に低下した(ワプス級と同量)。航空運用能力の低下を補うため、飛行甲板を効率化してスペースを広げている。

イオー・ジマ級からのアメリカの強襲揚陸艦の伝統であったアイランド前方に配置されたESSM・RAMの発射機やレドームをファランクス同様にアイランド上部に移動し、前後を短縮して小型化。前方の空いたスペースには大型のスポンソンを追加し、最大3機の駐機場や大型機の整備場とすることで、全ての航空機を重なることなく配置でき、ハンドリングの際に別の航空機を動かす必要をなくしている[4]

ほか、対空捜索レーダーは、それまでのAN/SPS-48Gからエンタープライズ航空監視レーダー(EASR)に変更される予定。

輸送揚陸機能

アメリカ海兵隊はフライト0での揚陸能力の弱体化を嫌っており、フライト1よりウェルドックを復活してエア・クッション型揚陸艇を運用できるよう設計変更すると2011年4月に発表。LCAC揚陸艇を用いた揚陸能力を持たせるために排水量は50,000トンに拡大するが[5]、搭載数はワプス級の3隻から減って2隻となる。また、車両格納スペースはフライト0よりさらに減少している。[4]

同様の機能を持つ艦艇との比較
アメリカ級
LHA-8~
アメリカ級
LHA-6~7
ワスプ級
LHD-8
ワスプ級
LHD-1~7
タラワ級
LHA-1~5
排水量 基準 n/a 28,233 t n/a
満載 50,000 t以上 45,570 t 41,335 t 40,650 t 40,032 t
船体規模 全長 257.3 m 249.9 m
全幅 32.3 m 31.8 m
主機 方式 CODLOG 蒸気タービン
出力 70,000 hp(LM2500 70,000 hp(ボイラー+タービン
30,000 hp(電動機 10,000 hp(電動機)
4,000 kW(ディーゼル発電機 (ディーゼル発電機)
速力 22 kt以上 24 kt
兵装 砲熕 Mk.38 25mm単装機銃×2~3基
ファランクス 20mmCIWS×2~3基
M2 12.7mm連装機銃×7基 M2 12.7mm単装機銃×3~8基
ミサイル ESSM8連装発射機×2基 シースパロー8連装発射機×2基
RAM21連装発射機×2基
航空運用
機能
搭載容量 30機前後(構成により変化)
搭載定数 F-35B×6機 F-35B/AV-8B×6~8機 AV-8B×6機
各種ヘリコプター×20機以上
AH-1W/ZUH-1N/YMV-22CH-53E/K
各種ヘリコプター×26機
(AH-1W、UH-1N、CH-46CH-53
同時発着 可能
揚陸/輸送
機能
舟艇運用
能力
LCAC×2隻 なし LCAC×3隻
水陸両用強襲輸送車 ×15両
LCAC×1隻またLCU×2隻以上
収容容量 戦闘員1,687名~1,871名 戦闘員1,894名
M1A1×4両
各種車両×90両
戦闘員1,900名
各種車両
同型艦数 未定 2隻 1隻 7隻 5隻


同型艦編集

全艦がインガルス造船所で建造予定。

上記の通り、フライト1以降は構造の大幅な再構築が予定されている。当初、3番艦は2016年度予算での建造が計画されていたが、2013年度の建造計画では2017年度予算に延期。以後、4番艦が2018年度、5番艦が2020年度、6番艦が2022年度予算での建造を計画されている[3]

フライト 艦番号 艦名 発注 起工 進水 就役 母港
0 LHA-6 アメリカ
USS America
2007年
6月1日
2009年
7月17日
2012年
6月4日
2014年
10月11日
カルフォルニア州
サンディエゴ海軍基地
LHA-7 トリポリ英語版[6]
USS Tripoli
2012年
5月31日[7]
2014年
6月22日
2017年
5月1日
1 LHA-8 ブーゲンヴィル英語版
USS Bougainville
2016年
6月30日
2019年
3月14日

参考文献編集

  1. ^ 軍事研究 2015年7月号 217ページ
  2. ^ Lynn J. Petersen, Michael Ziv, Daniel P. Burns, Tim Q. Dinh, Peter E. Malek (2013年). “U.S. Navy efforts towards development of future naval weapons and integration into an All Electric Warship (AEW) (PDF)” (英語). 2013年10月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 多田智彦「アメリカ級LHA(アメリカ) (特集 世界の次世代揚陸艦)」『世界の艦船』第770号、海人社、2012年12月、 150-153頁、 NAID 40019471106
  4. ^ a b Future USS Bougainville LHA-8 Design by Huntington Ingalls Industries”. 2017年5月8日閲覧。
  5. ^ 軍事研究 2012年4月号 p146
  6. ^ アメリカ国防総省 (2012年5月4日). “Secretary of the Navy Announces LHA 7 Will Be Named USS Tripoli” (英語). 2013年10月6日閲覧。
  7. ^ Naval Sea Systems Office of Corporate Communications (2012年5月31日). “Navy Awards LHA 7 Construction Contract”. アメリカ海軍. 2016年2月19日閲覧。

外部リンク編集