アモス・ダラゴン」は、フランス系カナダ人作家"ブリアン・ペロー"によって書かれたファンタジー小説のシリーズ。

アモス・ダラゴン
著者 ブリアン・ペロー
カナダ
言語 フランス語英語
ジャンル ファンタジーライトノベル
出版社 フランス: Les intouchables - イギリス: The Salariya Book Company UK edition
出版日 フランス: 初版: 2003

北欧の神話をベースに、人間と神々の対立を描いた作品。

「アモス・ダラゴン」シリーズは、世界16ヶ国で出版されている。1作目「仮面を持つ者」の最初の英語訳は2009年6月に、Salariya Book Companyによって出版された。2作目「プラハの鍵」以降の作品も同様。このシリーズは、15以上の言語に翻訳されている。

あらすじ編集

はるか昔、世界は太陽と月、昼と夜、"善"と"悪"によって二分されていた。"善"と"悪"の神々は、地上を我が物にしようと、何世紀の間も死闘を繰り広げていた。対立が深まるにつれ、地上は争いに近づき、混沌が訪れようとしていた。

神々を生み出した至高の存在"白い貴婦人"は、この事態を憂い、12歳の少年"アモス・ダラゴン"に、特別な魔法の力を込めた"仮面"と、世界の平衡を取り戻す使命を与える。魔法の"仮面"を身に付け、"仮面を持つ者"となったアモスは、神々の謀略を止め、まだ手に入れていない"仮面"を見つける為、そして世界の平衡を取り戻す為に、旅をする事となる。

困難に見舞われながらも、"動物人間(オマニマル)"の少年"ベオルフ"や、"ドゴン族"の王女"ロリア"、"ゴルゴン族"の少女"メドゥーサ"といった仲間達と共に、使命を果たすべく、神々やその手下達と対立し、自らの役割について考えていく。

登場人物編集

主な旅の仲間編集

アモス・ダラゴン
オメイン王国に住む12歳の少年。母はフリヤ・ダラゴン、父はユルバン・ダラゴン。長い髪を三つ編みにし、狼の耳飾りをつけ、整った顔立ちをしている。優しく礼儀正しい少年で、義心にも厚い。また非常に賢く、頭がキレる為、後述の"仮面の力"に頼らずとも、大抵の問題なら解決してしまう力もある。
物語序盤、水の女王クリヴァンニアに"力の石"を託された事で、白い貴婦人から"仮面を持つ者"に任命され、"仮面を持つ者"としての使命を全うし、全ての"仮面"と"力の石"を集める為に、旅に出る事となる。
"仮面の力"によって、"風"、"火"、"水"、"土"の魔法の力を操る事が出来、旅の途中で"力の石"を集める毎に、力を強める事が出来る。
母と父を大切に思っており、二人が幸せな姿を見るのが彼にとっての幸せでもある。また、旅の途中で出会った仲間であるベオルフ、メドゥーサ、ロリア、マエルストロームとも、家族と同じくらいとても強い絆で結ばれている。
ベオルフ・ブロマンソン
"動物人間(オマニマル)"の少年。"熊族(ベオリット)"で、普段は人間の姿をしているが、熊に変身する事が出来る。父はエヴァン・ブロマンソン、母はハンナ・ブロマンソン(物語開始時には両方とも既に故人)。
ずんぐりした毛むくじゃらな身体と、繋がった太い眉が特徴。勇敢で正義感の強い性格だが、短気な上に、食べ物が絡むと見境が無くなってしまう。しかし、頭は悪くない為、時に周りが思いつかない提案をすることもある。
身体能力は人間状態でも十二分に高く、大きな体からは想像できないほど素早く動き、力も大人以上に強い。熊に変身すると、自慢の爪と怪力を使い、敵と対峙する。
物語序盤、アモスと知り合い、以後親友同士となり、運命を共にする。また、ゴルゴン族の少女"メドゥーサ"に恋しており、度々喧嘩しながらも、絆を深めていく。
メドゥーサ
"ゴルゴン族"の少女。"蛇族(ナーガ)"の"動物人間"カルマカスを父と呼んでいた。
他のゴルゴン族同様、緑色の肌と血のように赤い目、髪の毛の代わりに生えた蛇が特徴的だが、"海のゴルゴン"である為、"地上のゴルゴン"と違い美しく、緑色の肌は、海水に浸かると青白く変化する。
優しいが芯の強い少女で、度々ベオルフらと言い争う事もある。アモスやロリア程ではないが、状況を打開する為の、頭の回転も早い。
自らの赤い目で相手を見つめることで、相手を石にする事が出来る。また、大の大人にも引けを取らないほど力も強い。
物語序盤にてベオルフと出会い、一度はカルマカスに従って彼を裏切るものの、彼の真実の愛に気づき、以後彼を慕うようになる。また、アモスのことも強く信頼しており、ロリアとは出会ってすぐに親友同士となった。
ロリア
"ドゴン族"の王女。魔法使い。11歳。
漆黒の肌と、地面に届きそうなほどの三つ編みにした髪、王女然とした装飾品を身に付けている。
王女であった頃は、立場に相応しい毅然とした態度を見せていたが、アモス達の前や、旅をするようになってからは、お転婆で気の強い性格を見せるようになる。
腕力では他の面々に劣る一方、魔法や呪術に通じていて、神秘の力や知識によって、度々アモス達を助ける。
バロン・サムディによってクルというドラゴンに変身させられそうになっていたところを、アモス達によって救われる。以後、アモスに対して密かに恋心を抱いている。アモス、ベオルフとは出会って以降固い絆で結ばれている他、メドゥーサとも会ってすぐに意気投合し、親友同士となった。
マエルストローム
ドラゴン。ラグナロクの子。
ラグナロクの卵が孵化し、生まれた時には既に凶暴だったが、人間の心臓と取り替えることで、心優しく思いやりのあるドラゴンへと変わった。
アモス達を家族のように思っており、"兄ちゃん""姉ちゃん"と呼び、自分を育てたジェゼルの事を"父ちゃん"と呼び慕う。
子どもだが、戦闘能力は本物で、凶暴な怪物相手でも圧倒する。

用語編集

作品リスト編集

日本で出版されたものについてのみ記述。全て株式会社竹書房から出版されている。

  • アモス・ダラゴン 1 仮面を持つ者」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 野澤 真理子[訳]
--初版 2005年6月7日--


  • アモス・ダラゴン 2 プラハの鍵」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 臼井 美子[訳]
--初版 2005年7月7日--


  • アモス・ダラゴン 3 神々の黄昏」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 橘 明美[訳]
--初版 2005年8月6日--


  • アモス・ダラゴン 4 フレイヤの呪い」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 宮澤 実穂[訳]
--初版 2005年10月7日--


  • アモス・ダラゴン 5 エル・バブの塔」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 河村 真紀子[訳]
--初版 2005年12月22日--


  • アモス・ダラゴン 6 エンキの怒り」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 荷見 明子[訳]
--初版 2006年3月29日--


  • アモス・ダラゴン 7 地獄の旅」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 野澤 真理子[訳]
--初版 2006年7月7日--


  • アモス・ダラゴン 8 ペガサスの国」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 臼井 美子[訳]
--初版 2006年10月5日--


  • アモス・ダラゴン 9 黄金の羊毛」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 橘 明美[訳]
--初版 2006年12月29日--


  • アモス・ダラゴン 10 ふたつの軍団」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 宮澤 実穂[訳]
--初版 2007年4月7日--


  • アモス・ダラゴン 11 エーテルの仮面」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 河村 真紀子[訳]
--初版 2007年7月7日--


  • アモス・ダラゴン 12 運命の部屋」ブリアン・ペロー[作] 高野 優[監訳] 荷見 明子[訳]
--初版 2007年10月6日--