メインメニューを開く
アユタヤ県
จังหวัดพระนครศรีอยุธยา
Flag of Phra Nakhon Si Ayutthaya Province.pngSeal Ayutthaya.png
アユタヤ県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地プラナコーンシーアユッタヤー郡
面積2,556.640 km²
人口797,970 人 2013年
人口密度312.11 人/km²
ISO 3166-2TH-14
  • この項目は英語版を元に作成されています。

アユタヤ県(アユタヤけん、タイ語:จังหวัดพระนครศรีอยุธยา)は正式名称をプラ・ナコーン・シー・アユッタヤー県という。日本では慣用され「アユタヤ」と書かれるが、アユッタヤーがよりタイ語の標準語により近い。タイ中部にある県の一つ。アユタヤ王朝の首都であった。県はアーントーン県ロッブリー県サラブリー県パトゥムターニー県ノンタブリー県ナコーンパトム県スパンブリー県と接する。

目次

地理編集

アユタヤはチャオプラヤー川に面する、平原地帯にある。タイ中南部、現在の首都バンコクより北方約60kmに位置する。周辺の数県とともにタイを代表する稲作地帯でもある。バンコクから鉄道やバスで日帰り訪問ができる観光地であり、旅行者の人気も高い。

歴史編集

11世紀頃にクメール人により建設され、1350年アユタヤ朝の創始者ウートーン王が同王朝の首都とした。1767年ビルマ軍に破壊されるまでタイの中心都市として機能していた。 この間に建てられた建造物群は現在、ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されている。(詳細はアユタヤ歴史公園)また、バーンパイン郡にはラーマ5世(チュラーロンコーン)時代のバーンパイン宮殿がある。

 
象乗り体験はアユタヤ歴史公園付近の名物である

県章編集

 
県章

ウートーン王が地面に埋められた見事なホラ貝を発見し、そこを都に定めたと言う伝説を元に作られた。そのホラ貝を祭った祠が描かれている。

県花はキバナツノクサネムSesbania aculeata)、県木はスズメイヌジシャCordia dichotoma)。

行政区編集

関連項目編集