メインメニューを開く

アラクリティ (フリゲート)

アラクリティ(F174, HMS Alacrity)は、イギリス海軍21型フリゲートフォークランド戦争に投入された。後にパキスタンへ売却され、タリク級駆逐艦バドル(Badr)となった。

アラクリティ
基本情報
運用者 イギリス海軍
パキスタン海軍
艦種 フリゲート
級名 21型フリゲート
前級 14型フリゲート
次級 23型フリゲート
艦歴
起工 1973年3月5日
進水 1974年9月18日
就役 1977年7月2日
退役 1994年5月1日
現況 パキスタン海軍で就役中
改名 バドル
要目
基準排水量 2,750トン
満載排水量 3,250トン (竣工時)
3,360トン (構造強化後)
全長 117m
最大幅 12.6m
吃水 6m
機関 COGOG
主機 タインRM-1Aガスタービン×2基
オリンパスTM-3Bガスタービン×2基
推進 2軸
出力 (RM-1A) 8,500hp
(TM-3B) 50,000hp
最大速力 32 ノット (59 km/h)
乗員 177名
兵装 Mk.8 4.5インチ単装砲×1門
エリコンSS 20mm 機関砲×2門
シーキャットSAM4連装発射機×1基
エグゾセMM38SSM単装発射筒×4基
STWS-1 3連装短魚雷発射管×2基
搭載機 対潜ヘリコプター×1機
ウェストランド ワスプ
アグスタウェストランド リンクス
C4ISTAR CAAIS DBA-2 戦術情報処理装置
WSA-4 射撃管制装置
レーダー 992Q型 対空・対水上捜索用
978型 航法用
912型(RTN-10X) 射撃指揮用×2基
ソナー 184M型162M型
電子戦
対抗手段
MEL UAA-1 電波探知装置
コーバス 8連装チャフ・フレア発射機
テンプレートを表示

艦歴編集

1982年5月11日、アルゼンチン軍の補給艦イスラ・デ・ロス・エスタドスを砲撃により撃沈した。これは、フォークランド戦争における唯一の水上艦同士の戦闘である。

1982年5月1日、ダガーによる1,000ポンド爆弾の至近弾により損傷した。5月10日には、アローと共に209型潜水艦サン・ルイスによる雷撃を受けたとされている(この雷撃自体は、失敗している)。

1994年にパキスタン海軍に売却された。

脚注編集

[ヘルプ]