メインメニューを開く

ストーリー編集

アグラバーの町で猿のアブーとともに暮らす貧しい青年アラジン。市場へ繰り出しては盗みを働いていた彼は、ある日、変装した王女ジャスミンと出会う。アラジンは侍女のふりをしたジャスミンと心を通わせるが、アブーが彼女の母の形見である腕輪を盗んだことで幻滅されてしまう。アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に捕らえられる。国務大臣のジャファーは、ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。

アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、ランプを取ることに成功するが、アブーが「ランプ以外の財宝に触ってはいけない」という掟を破って宝石に触れたことで、洞窟に閉じ込められてしまう。途方に暮れたアラジンだったが、絨毯の指示でランプをこすったところ、ランプの中から魔人ジーニーが出現。ジーニーはランプをこすりながら願い事を言えば3つかなえると言う。アラジンはジーニーの目をごまかして願い事を言ったふりをして魔法を使わせて洞窟から脱出すると、1つめの願いで架空の国「アバブワー」の王子・アリとして名前と服装を変え、ジャスミンのもとへと向かう。

登場キャラクター編集

アラジン
本作の主人公。アグラバーに暮らす貧しい青年。市場でコソ泥として生活をしている。ジャスミンと出会い、恋に落ちる。
ジャスミン
本作のヒロインで、アグラバーの王女。自分を他国の王子と結婚させようとする父・サルタンや、武力で他国を支配しようとするジャファーに反発している。
ジーニー
ランプの魔神。3つまで願いをかなえることができる。アニメ版と比べて陽気な性格が協調されている。アラジンと同じくらいの背丈の人間に姿を変えることも可能で、ジャスミン達の前では、アリ王子(アラジン)の従者として振る舞っている。
ジャファー
アグラバーの国務大臣。魔法のランプを手に入れ、アグラバーを支配しようとする。また、他国を武力で制圧してでも勢力を拡大しようと目論んでいる。
イアーゴ
ジャファーの忠実なしもべのオウム。声真似が得意。
サルタン
アグラバーの国王で、ジャスミンの父。妻を亡くし、ジャスミンに過保護気味。
ダリア
ジャスミンの侍女であり友人。アニメ版に登場していない、実写映画版のオリジナルキャラクター。
アブー
アラジンの相棒のサル。言葉は話さないが、鳴き声でコミュニケーションを取る。盗みの天才。
ラジャー
ジャスミンのペットのトラ。ジャスミンが幼い頃からの親友で、彼女の命令しか聞かない。
魔法の絨毯
洞窟内にいた、意思を持つ空飛ぶ絨毯。岩に挟まれて身動きが取れなくなっているところをアラジンとアブーに助けられ、彼らと行動を共にする。ジーニーとは長い付き合い。
魔法の洞窟
喋る洞窟。入れるのは「ダイヤの原石」のみ。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
アラジン メナ・マスード 中村倫也[3][4]
ジャスミン ナオミ・スコット 木下晴香[3][4]
ジーニー ウィル・スミス 山寺宏一[4][5]
ジャファー マーワン・ケンザリ 北村一輝[4][6]
サルタン ナヴィド・ネガーバン 菅生隆之[4]
ダリア ナシム・ペドラド 沢城みゆき[4][6]
アンダース王子 ビリー・マグヌッセン 平川大輔[4][6]
イアーゴ アラン・テュディック(声) 多田野曜平[4][6]
ハキーム ヌーマン・アチャル 宮内敦士[4]
ラズール ロビー・ハインズ
オマール ジョーダン・A・ナッシュ 鈴木柊真[4]
リアン タリア・ブレア 稲葉菜月[4]
ジャマル アミール・ブートゥロス 山本兼平[4]
魔法の洞窟 フランク・ウェルカー(声) 掛川裕彦[4]

製作編集

ディズニーのファンイベント「D23 Expo 2017」でキャストが発表された[7]

2017年8月、イギリスで撮影開始した。

出典編集

外部リンク編集