アラズ・アブドゥライェフ

アラズ・アブドゥラ・オール・アブドゥライェフAraz Abdulla oğlu Abdullayev1992年4月18日 - )はアゼルバイジャンバクー出身で、同国代表サッカー選手。アゼルバイジャンリーグ・ガバラFK所属。ポジションはMF

アラズ・アブドゥラエフ Football pictogram.svg
Araz Abdullayev.jpg
名前
本名 アラズ・アブドゥラ・オール・アブドゥライェフ
ラテン文字 Araz Abdullayev
基本情報
国籍 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
生年月日 (1992-04-18) 1992年4月18日(25歳)
出身地 バクー
身長 180cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム キプロスの旗 アノルトシス・ファマグスタ
ポジション MF
背番号 77
ユース
アゼルバイジャンの旗 ネフチ・バクー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 アゼルバイジャンの旗 ネフチ・バクー 28 (1)
2011-2012 イングランドの旗 エヴァートン 0 (0)
2011 アゼルバイジャンの旗 ネフチ・バクー(loan) 7 (0)
2012 ギリシャの旗 パニオニオス(loan) 8 (0)
2012-2016 アゼルバイジャンの旗 ネフチ・バクー 123 (23)
2016-2017 アゼルバイジャンの旗 ガバラ 9 (0)
2017- キプロスの旗 アノルトシス・ファマグスタ
代表歴2
2008– アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 23 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月30日現在。
2. 2017年9月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

2007年ネフチ・バクーのリザーブチームに入団すると、翌2008年10月5日にトップデビュー。高いテクニックを見せつけた。決して諦めないプレースタイルから『バクーのブルドッグ』の愛称が付けられた。

2009-2010シーズンは出場時間が増え、ある程度持ち味を発揮できるようになった。国内リーグの3月の月間MVPを受賞した。シーズン終了後、ロシアのルビン・カザンが獲得に乗り出し、一時は決定の報道もなされたが、破談に終わった。

代わりに2010年5月、エヴァートンFCに移籍することが決まった。[1][2]外国人用労働許可証の発行が認可された場合、2年契約となる。移籍金など詳細は未公表。

代表歴編集

トップデビューからわずか6日後の2008年10月11日2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選、対フィンランド代表戦に出場。16歳と6ヵ月での出場は、アゼルバイジャン代表における史上最年少記録である。フル代表と共に、アンダー21代表にも選出されている。ここでは背番号7を付けている。

所属クラブ編集

  ネフチ・バクー 2011 (loan)
  パニオニオスFC 2012 (loan)

出典編集

  1. ^ Araz Abdullayev rəsmən "Everton"da (アゼルバイジャン語)
  2. ^ Araz Abdullayevin "Everton"a kechidinin ilkin raziligi (アゼルバイジャン語)

外部リンク編集