メインメニューを開く

アラネタ・コロシアム(Araneta Coliseum)はフィリピンマニラケソンに位置する多目的アリーナ。

アラネタ・コロシアム
"The Big Dome"
Araneta Coliseum Basketball with Big Cube 2011.JPG
施設情報
所在地 ケソン・クバオ
アラネタ・センター
開場 1960年3月16日
所有者 Progressive Development Corporation
運用者 United Promotions, Inc. (Uniprom)
グラウンド (屋内施設)
建設費 600万ペソ
設計者 Dominador Lugtu
使用チーム、大会
NCAA (1960-present)
UAAP (1960-present)
PBA (1975-1984, 1995-present)
収容能力
バスケットボール: 15,000
コンサート: 16,500
ボクシング: 16,500[1]

概要編集

 
1960年撮影
 
アリモール

スリラー・イン・マニラと呼ばれる1975年10月のモハメド・アリジョー・フレージャーのボクシングの試合や、2006年にヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ(BEP)」がコンサートをしたことなどで知られる[2]。アリ対フレージャー戦の際には、海外メディア向けに「フィリピン・コロシアム」と改名された[3]

首都圏ケソン市クバオにあるアラネタ・センター英語版内に位置し、ザ・ビッグ・ドームの愛称でも呼ばれる、また、フィリピンプロバスケットボールリーグの試合だけでなく、UAAP、NCAAバスケットボールの試合、WWEミス・フィリピン英語版、コンサートなど多数のイベントが開催されている。1978年バスケットボール世界選手権の決勝会場でもあった。

また、周辺にはアラネタ・タワーやゲートウェイ、ショッピングモールがあり、週末を問わず買い物客でにぎわう。1976年6月にオープンしたフィリピン最古のショッピングモールは前年のボクシングの試合開催を記念して「アリモール英語版」と名付けられ、式典にはアリも出席した[4]

脚注編集

外部リンク編集