メインメニューを開く

アラビアの女王 愛と宿命の日々』(アラビアのじょおう あいとしゅくめいのひび、Queen of the Desert)は、2015年アメリカ合衆国伝記映画。 20世紀初頭、イラクヨルダン両国の国境線を引いてイラク建国の立役者となり、“砂漠の女王”と呼ばれたイギリス人女性ガートルード・ベルの生涯を描いている。ヴェルナー・ヘルツォーク監督、ニコール・キッドマン主演[4][5]第65回ベルリン国際映画祭金熊賞ノミネート[1]

アラビアの女王 愛と宿命の日々
Queen of the Desert
監督 ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本 ヴェルナー・ヘルツォーク
製作 ニック・ラスラン
マイケル・ベナローヤ
カシアン・エルウィズ
製作総指揮 ベン・サックス
ジェームズ・レイセク
スティーヴン・ヘイズ
ピーター・グレアム
D・トッド・シェパード
シェリー・マディソン
ジョナサン・デビン
キャシー・ゲスアルド
出演者 ニコール・キッドマン
ジェームズ・フランコ
音楽 クラウス・バデルト
撮影 ペーター・ツァイトリンガー
編集 ジョー・ビニ
配給 アメリカ合衆国の旗 IFCフィルムズ
日本の旗 ギャガ・プラス
公開 ドイツの旗 2015年2月6日 (第65回ベルリン国際映画祭)[1][2]
日本の旗 2017年1月21日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[3]
テンプレートを表示

あらすじ編集

キャスト編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集