アラロディア語族

アラロディア語族(Alarodian languages)は北東コーカサス語族フルリ・ウラルトゥ語族を同系統とする提唱中の語族である。

アラロディア語族
(提唱中)
話される地域コーカサス, アナトリア
言語系統提唱中の語族
下位言語
GlottologNone

概要編集

Nikolayev[1]による、北東コーカサス祖語の再構に基づき、I.M. DiakonoffとStarostin[2]によって提唱された。

「アラロディア」は、ヘロドトスによって言及されたギリシャ語でウラルトゥの呼称である”Ἀλαρόδιοι” (Alarodioi)に由来し、en:I.M. Diakonoffによってフルリ・ウラルトゥ語族北東コーカサス語族を結びつける語族の名前として用いられた[3]

この語族にはティルセニア語族も含まれるという説もある[4][5][6]

脚注編集

  1. ^ Nikolayev, S L and Starostin, S A. A North Caucasian etymological dictionary. Moscow: Asterisk, 1994
  2. ^ I. Diakonoff, S. Starostin. "Hurro-Urartian as an Eastern Caucasian Language".- Münchener Studien zur Sprachwissenschaft, Beiheft, N.F., 12, 1986 (in English)
  3. ^ Diakonoff, Igor M. (1995). “Long-Range Linguistic Relations: Cultural Transmission or Consanguinity?”. Mother Tongue Newsletter 24: 34–40. https://archive.org/download/MotherTongue10April1990/Mother%20Tongue%2024%20%28March%201995%29.pdf. 
  4. ^ Orël, Vladimir and Starostin, Sergei. Etruscan as an East Caucasian language. In Vitaly Shevoroshkin (ed.), Protolanguages and proto-cultures, Bochum: Brockmeyer, 1990.
  5. ^ Facchetti, Giulio M. Appunti di morfologia etrusca. Firenze: Leo S. Olschki, 2002
  6. ^ Robertson, Ed (2006). Etruscan's genealogical linguistic relationship with Nakh–Daghestanian: a preliminary evaluation. オリジナルの10 August 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110810021157/http://www.nostratic.ru/books/(329)EGRWND.pdf 2009年7月13日閲覧。.