メインメニューを開く

アラン・A・キャンベルAlan K. Campbell, 1904年2月21日 - 1963年6月14日)は、アメリカ合衆国の脚本家、俳優である。妻のドロシー・パーカーと共にハリウッド映画の脚本を手がけた。

アラン・キャンベル
Alan Campbell
本名 Alan K. Campbell
生年月日 (1904-02-21) 1904年2月21日
没年月日 (1963-06-14) 1963年6月14日(59歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州リッチモンド
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ウェスト・ハリウッド
職業 ドロシー・パーカー
配偶者 俳優、脚本家
テンプレートを表示

目次

生涯編集

バージニア州リッチモンドで一人息子として生まれる。バージニア州立軍事学校英語版を卒業し、1920年代にニューヨークに移住する。彼は『ザ・ニューヨーカー』に散文を寄稿し、ブロードウェイ劇にも出演する。1932年にドロシー・パーカーと出会い、その2年後にニューメキシコ州ラトンで結婚する。両者は共にスコットランド人とドイツ系ユダヤ人の家系であった。

キャンベルとパーカー、そしてロバート・カーソンは『スタア誕生』により第10回アカデミー賞脚本賞にノミネートされる。彼とパーカーは『偽りの花園』のリリアン・ヘルマンが他のプロジェクトのために離れた際に追加で会話を書いた。

1942年にキャンベルはフィラデルフィアで軍に入隊し、第二次世界大戦中はヨーロッパで陸軍情報部隊英語版で勤務した。キャンベルとパーカーは1947年に離婚したが1950年に再婚した。2人は1952年から1961年までは別居していたが、キャンベルが死ぬまで婚姻関係は続いた。

1963年6月14日にカリフォルニア州ウェスト・ハリウッドで自殺した。パーカーは意図的に自分を殺したのではないい、「偶然」の死であると主張していたが、彼のベッドの周辺にはバルビツール酸系セコナール英語版のカプセルが散乱し、首と肩から上はビニール袋で覆われていた。検死官の報告書で死因は「過剰摂取による急性バルビツール中毒」と書かれた[1]。遺体は故郷リッチモンドのヘブライ墓地英語版に埋葬された[2]

映画での描写編集

1977年の映画『ジュリア』ではハル・ホルブルック、1994年の『ミセス・パーカー/ジャズエイジの華』ではピーター・ギャラガーがキャンベルを演じた[3]

主なフィルモグラフィ編集

参考文献編集

  1. ^ Tragic End for Alan Campbell, at the Dorothy Parker Society; published no later than 18 January 2006 (date of earliest version on archive.org); retrieved July 13, 2015
  2. ^ Wilson, Scott. Resting Places: The Burial Sites of More Than 14,000 Famous Persons, 3d ed.: 2 (Kindle Location 6975). McFarland & Company, Inc., Publishers. Kindle Edition.
  3. ^ Internet Movie Database entry for Mrs. Parker and the Vicious Circle

外部リンク編集