アラン・マリー・ジュペAlain Marie Juppé, 1945年8月15日 - )は、フランス政治家である。

アラン・マリー・ジュペ
Alain Marie Juppé
Alain Juppé à Québec en 2015 (cropped 2).jpg
生年月日 (1945-08-15) 1945年8月15日(75歳)
出生地 フランスの旗 フランス ランド県モン=ド=マルサン
出身校 パリ政治学院
フランス国立行政学院
所属政党 共和国連合(RPR)
国民運動連合(UMP) (2002年から)

フランスの旗 フランス共和国
15代目首相
在任期間 1995年5月18日 - 1997年6月3日
大統領 ジャック・シラク

フランスの旗 フランス共和国
13代目外相
内閣 エドゥアール・バラデュール内閣
フランソワ・フィヨン内閣
在任期間 1993年3月29日 - 1995年5月18日
2011年2月27日 - 2012年5月15日
大統領 フランソワ・ミッテラン
ニコラ・サルコジ

フランスの旗 フランス共和国
環境・開発・エネルギー・運輸相
在任期間 2007年5月18日 - 2007年6月18日
大統領 ニコラ・サルコジ

フランスの旗 フランス共和国
20代目国防相
在任期間 2010年11月14日 - 2011年2月27日
大統領 ニコラ・サルコジ
テンプレートを表示

ジャック・シラク政権で15代目フランス首相を務めた他、与党の共和国連合総裁・国民運動連合(UMP)の初代総裁などを歴任した。フランス保守政界の重鎮として長年潜在的な大統領候補とみなされ続けているが、汚職や不運に見舞われ浮沈を繰り返す中で出馬も果たせずにいる。2006年からボルドー市長を務めている他、2010年11月14日に発足した第3次フランソワ・フィヨン内閣で20代目フランス国防相として入閣を果たした。

生い立ちと初期の政治活動編集

1945年8月15日にフランスのランド県モン=ド=マルサンに生まれる。1964年フランス高等師範学校(École normale supérieure エコール・ノルマル・シュペリウール)を卒業する。アグレガシオンを取得し、1968年パリ政治学院1972年フランス国立行政学院(ENA、エナ)をそれぞれ卒業した。官僚としては財務監察院(Inspection générale des finances)でキャリアをスタートさせた。

1970年にジャック・シラクの演説草稿起草者となり、ここからシラクとの強い結びつきが生まれた。1988年から1995年までパリ市長であったシラクのもとでパリ市財政担当助役を務め、その後1995年から2004年までボルドー市長を務めた。

15代目フランス首相就任編集

1993年3月29日にエドゥアール・バラデュールを首相とする第2次コアビタシオンが成立すると、バラデュール内閣のフランス外相に就任する。1995年のフランス大統領選挙で保守陣営は分裂し、シラクとバラデュール首相が対立することとなった。決選投票の末にシラクは大統領に当選し、ジュペは15代目フランス首相に就任する。

アラン・ジュペ内閣はシラク主導のもとでムルロア環礁における核実験を強行したことが契機となり、さらに付加価値税の税率上昇による増税や公務員給与の凍結・行財政改革・規制緩和を行った結果失業率が上昇し、内閣支持率も低下していった。

特に公務員の年金改革(ジュペプラン)は公務員を中心とした反発を招いて大規模なストライキに発展し、3週間に渡り国内の公共交通機関が麻痺し、国民生活・経済活動に大きな影響を与えた[1]

1997年にシラク大統領は政治状況の不利を改善するために下院のフランス国民議会を解散するが、総選挙の結果フランス社会党が第一党となり、左翼陣営が勝利したためにアラン・ジュペ内閣は総辞職し、後任にはフランス社会党第一書記のリオネル・ジョスパンが選出された。

国民運動連合総裁編集

2002年共和国連合フランス民主連合・自由民主党など保守中道諸政党が糾合して結成された大統領多数連合(後の国民運動連合)の初代総裁となるが、2004年7月15日に不正政治資金疑惑に関与した責任を取り、国民運動連合総裁を辞任した。シラク自身はジュペを後継者に考えていたとされ、2007年フランス大統領選挙での有力な候補者と見なされていた時期もあった。

ニコラ・サルコジ政権編集

23代目フランス大統領に就任したニコラ・サルコジ政権で同年5月18日に成立した第1次フランソワ・フィヨン内閣で環境・開発・エネルギー・運輸相として入閣を果たし、同時に副首相格としての処遇を与えられた[2]。これにより政治的復権を遂げたに見えたが、同年6月17日に行われた下院国民議会の選挙で落選し、辞任を表明した。2006年10月にボルドー市長に返り咲き、2008年3月の選挙でも第1回投票で過半数を獲得し再選した。

2010年4月の地方選挙における与党大敗後に2012年フランス大統領選挙における自身の出馬を示唆するなど政治的な動きを活発化させていた。その後2010年11月14日に発足した第3次フランソワ・フィヨン内閣でフランス国防相として再入閣を果たし、ここでも再び副首相格の処遇を与えられた。

2011年2月27日にチュニジア旅行の便宜供与とチュニジアを含む対中東外交の不始末から辞任したミシェル・アリヨ=マリーの後任として外相に就任した。

近年の政治活動編集

フランソワ・オランドの社会党政権の支持が低迷する中で2017年フランス大統領選挙に向け、世論調査では野党の国民運動連合(のちフランス共和党と改名)の候補としてトップの支持率を獲得するなど、その動向に注目が集まり[3]、2016年末の党内予備選挙では最有力と目されていたが、決選投票でフランソワ・フィヨンに敗北した。


脚注編集

  1. ^ 仏サルコジ大統領、公務員年金の優遇廃止を表明”. AFP (2007年9月19日). 2019年12月5日閲覧。
  2. ^ 厳密に言えば、フランスの内閣には副首相というポストは存在しない。しかし一部の閣僚に対して国家大臣(フランス語ではMinistre_d'État)という称号が与えられる。この国家大臣というのは具体的な役職では無く、あくまで名誉的な「称号」に過ぎないが、国家大臣の称号を与えられた閣僚は序列的にはこの称号を持たない閣僚よりも上位で、首相に次ぐ地位として扱われる。このため、国家大臣の称号を持つ閣僚は事実上の副首相格とみなされる。
  3. ^ ボルドーの「不死鳥」西日本新聞 2016年4月14日

外部リンク編集

公職
先代:
エドゥアール・バラデュール
  フランス共和国首相
第五共和政第15代:1995 - 1997
次代:
リオネル・ジョスパン
先代:
ネリー・オラン
(環境大臣)
  フランス共和国
環境・開発・エネルギー・運輸大臣

2007
次代:
ジャン=ルイ・ボルロー
先代:
ローラン・デュマ
  フランス共和国外務大臣
1993 - 1995
次代:
エルヴェ・ド・シャレット
先代:
エルヴェ・モラン
  フランス共和国国防大臣
2010 - 2011
次代:
ジェラール・ロンゲ
先代:
ミシェル・アリヨ=マリー
  フランス共和国外務・欧州問題担当大臣
2011 - 現職
次代:
(現職)
党職
先代:
(創設)
国民運動連合総裁
2002 - 2004
次代:
ジャン=クロード・ゴーダン
(代行)
先代:
ジャック・シラク
共和国連合総裁
1994 - 1997
次代:
フィリップ・セガン