アラン・ダヴェンポート

アラン・ダヴェンポート(Alan Garnett Davenport、1939年9月19日-2009年7月19日)は、ウェスタンオンタリオ大学の教授であり、境界層風洞研究室の創設者である。CNタワーウィリス・タワーシティグループ・センターワールドトレードセンター等の超高層建築物の重要部分への風の影響を分析した。カナダ勲章を受章している。

アラン・ガーネット・ダヴェンポート
生誕1939年9月19日
マドラス(現在のチェンナイ
死没2009年7月19日
オンタリオ州ロンドン
国籍カナダ人
配偶者シェイラ・スミス
業績
専門分野 土木工学

生い立ち編集

ダヴェンポートはインドのマドラス(現在のチェンナイ)で生まれ、南アフリカ共和国で育ち、マイケルハウスに通った[1]ケンブリッジ大学で工学の学士号及び修士号を取得し、さらにトロント大学で理学修士号、ブリストル大学で博士号を取得した。博士論文"The Treatment of Wind Loads on Tall Towers and Long Span Bridges in the Turbulent Wind"のテーマをその後も自身の研究課題とした[2]

彼はまた、カナダ海軍にパイロットとして従軍した。

シェイラ・スミス(Sheila Smith)と結婚し、4人の子供を設けた。

研究編集

ダヴェンポートと彼の研究室は、ウィリス・タワー、ワールドトレードセンター、青馬大橋等、多くの高いビルや橋の設計に貢献した。彼らは風洞を用いて構造上の風の流れや通り道を分析し、設計の変更を要する脆弱性を検出した[2][3]

Canadian Journal of Civil Engineering誌の創設時の編集長であり[1]、またウェスタンオンタリオ大学とカナダ保険審議会の1999年のパートナーシップであるInstitute of Catastrophic Loss Reductionの創設時の研究ディレクターを務めた。その目標は、極端な気象条件により耐えられるように、建築の手法と標準を改善することであった[4]

キャリアで、200篇以上の論文を書いている[5]

1999年にヘルツバーグメダル[6]、2001年にアルベール・カコー賞[7]を受賞した。2002年には、生涯の業績により、カナダ勲章を受章した.[1][8]

2005年には高層ビル・都市居住協議会のLynn S. Beedle Lifetime Achievement Awardを受賞した[9]

引退後編集

パーキンソン病からの合併症のため、オンタリオ州ロンドンで死去した[2]

出典編集

  1. ^ a b c Deaths: Alan Garnett Davenport”. The Globe and Mail (2009年7月21日). 2009年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c Martin, Douglas (2009年7月25日). “Alan G. Davenport, Noted Wind Engineer, Dies at 76”. New York Times. 2009年7月26日閲覧。
  3. ^ Mayne, Paul. “In Memoriam - Alan Davenport”. The University of Western Ontario. 2009年7月26日閲覧。
  4. ^ Alan Davenport”. Institute for Catastrophic Loss Reduction (2001年). 2009年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月26日閲覧。
  5. ^ Anderson, Jim (2005年3月31日). “Davenport built career blowing in the wind”. The University of Western Ontario. 2009年7月26日閲覧。
  6. ^ Natural Sciences and Engineering Research Council of Canada Past Winners
  7. ^ Scientist Profile: Alan Garnett Davenport”. Science.ca. 2009年7月26日閲覧。
  8. ^ Order of Canada: Alan Davenport”. Order of Canada. 2009年7月26日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 2005 Lynn S. Beedle Award Winner”. Council on Tall Buildings and Urban Habitat. 2012年5月17日閲覧。