メインメニューを開く

アラン・ドロンのゾロ』(原題:Zorro)は、1975年製作の剣戟映画イタリアフランスの共同製作。ジョンストン・マッカレーの小説『怪傑ゾロ』を原作にしている。俳優アラン・ドロンの主演第50作記念作品。

アラン・ドロンのゾロ
Zorro
監督 ドゥッチョ・テッサリ
脚本 ジョルジオ・アルロリオイタリア語版
製作 ルチアーノ・マルチーノイタリア語版
出演者 アラン・ドロン
音楽 グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
撮影 ジュリオ・アルボニコ
公開 イタリアの旗 1975年3月6日
フランスの旗 1975年3月15日
日本の旗 1975年7月11日
上映時間 120分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
配給収入 5億2000万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

剣の達人ディエゴは宿屋で旧友ミゲルと再会する。ミゲルはスペイン領ヌオバ・アラゴナの新しい総督に任命されたこと、そしてその地の人々を自分の力で助けていきたいという理想を持っていることを話す。ディエゴは理想ばかり語る彼に苦言を呈すが、その夜宿屋に賊が現れミゲルは殺されてしまう。ディエゴは死ぬ間際のミゲルに自分が総督となって彼の理想を引き継ぐことを誓うが、同時に「剣で人を殺さない」ということも誓わされる。

こうしてディエゴはミゲルの名を借りてヌオバ・アラゴナの地に総督として赴任する。だが、その土地はウエルタ大佐率いるスペイン軍によって支配されており、貧しい農民たちは不当に虐げられていた。その現状を目にし怒りに震えるディエゴ。彼は口が利けない従者のホアキンと協力し、ウエルタ大佐を欺くために表では無能な総督を演じ、裏では農民たちをスペイン軍の魔の手から救う正義の盗賊「ゾロ」となって悪漢共を退治していくのだった。

キャスト編集

役名 俳優 テレビ朝日版 テレビ朝日版2
ゾロ / ディエゴ アラン・ドロン 野沢那智
オルテンシア オッタヴィア・ピッコロ 岡本茉利 小山茉美
ウエルタ大佐 スタンリー・ベイカー英語版 勝部演之 小林勝彦
従僕ホアキン エンツォ・セルシコイタリア語版 台詞なし
ガルシア軍曹 ムスターシュフランス語版 雨森雅司 玄田哲章
メルケル大尉 ジャコモ・ロッシ=スチュアート Giacomo Rossi Stuart 青野武 池田勝
前総督夫人 アドリアーナ・アスティイタリア語版 此島愛子
フランシスコ修道士 ジャンピエロ・アルベルティーニイタリア語版 前田昌明
ミゲル総督 マリノ・マッセイタリア語版 納谷六朗 鈴置洋孝
  • テレビ朝日版:初回放送1977年10月23日『日曜洋画劇場
  • テレビ朝日版2:初回放送1989年3月12日『日曜洋画劇場』
DVDに収録されている吹き替えは1989年のものだが、DVDパッケージには1977年のキャスト名が誤って表記されている。

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)332頁

外部リンク編集