アラン・パーカー

アラン・パーカーSir Alan William ParkerCBE1944年2月14日 - 2020年7月31日)は、イングランド出身の映画監督映画プロデューサー脚本家

サー・アラン・パーカー
Sir Alan Parker
Sir Alan Parker
2008年
本名 Sir Alan William Parker
生年月日 (1944-02-14) 1944年2月14日
没年月日 (2020-07-31) 2020年7月31日(76歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンイズリントン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画監督映画プロデューサー脚本家
活動期間 1971年 - 2003年
 
受賞
カンヌ国際映画祭
審査員特別グランプリ
1985年バーディ
東京国際映画祭
監督賞
1991年ザ・コミットメンツ
英国アカデミー賞
作品賞
1991年『ザ・コミットメンツ
監督賞
1978年『ミッドナイト・エクスプレス
1991年『ザ・コミットメンツ
脚本賞
1976年『ダウンタウン物語
生涯功労賞
1984年
フェローシップ賞
2012年
その他の賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
監督賞
1988年ミシシッピー・バーニング
テンプレートを表示

略歴編集

ロンドン出身。コピーライターを経て、友人のデヴィッド・パットナム1971年に映画『小さな恋のメロディ』を製作する際、原作・脚本を担当して参加し映画界と関わるようになる。1974年のBBC制作によるテレビ映画、『The Evacuees』ではBAFTAのテレビ部門賞を獲得。1976年の『ダウンタウン物語』で劇場用映画の監督デビューを果たす。1978年の監督作『ミッドナイト・エクスプレス』が高い評価を獲得し、自身もアカデミー監督賞にもノミネートされた(アカデミー賞6部門ノミネート、2部門受賞)。その後も1980年公開の『フェーム』では興行的成功を収め、1985年の『バーディー』ではカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞。1988年の『ミシシッピー・バーニング』では再びアカデミー賞にノミネートされた。その後、英ディレクターズ・ギルドの設立に関わり、英フィルム・カウンシルの会長も務めた。1990年代後半には英映画協会(BFI)の会長を務め、1995年には大英帝国勲章司令官(CBE)、2002年にはナイトの爵位を受けた。2013年にはBAFTAから最高の栄誉とされるフェローシップ賞を贈られた。

妻リサ・モーラン=パーカーとの間に5人の子供、7人の孫がいる。[1]

音楽界にも携わり、プログレッシブロックバンドピンク・フロイド」の大ヒットアルバム『ザ・ウォール』を、1982年ピンク・フロイド ザ・ウォール』のタイトルで映画化。

小説家としても、Puddles In The LaneThe Sucker's Kissなどの作品を発表している。

2020年7月31日、76歳で病没[2]

主な作品編集

監督編集

原作・脚本編集

著書編集

長篇小説編集

  • Puddles In The Lane(1977年)
  • The Sucker's Kiss(2003年)

脚注編集

関連文献編集

外部リンク編集