アラン・ルヴィエ(Alain Louvier1945年9月13日 - )は、フランス現代音楽作曲家、音楽教育者である。

経歴編集

フランスのパリ出身。1967年から1970年パリ国立高等音楽院アンリエット・ピュイグ=ロジェオリヴィエ・メシアントニー・オーバンロベール・ヴェイロン=ラクロワマニュエル・ロザンタールに作曲を学ぶ。1968年ローマ賞を獲得した後、ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院の学長を務め、1986年から1991年までパリ国立高等音楽院の学長を務めた。1992年以降は同音楽院で楽曲分析の教授として籍を置く傍ら、2009年5月、再びブローニュ=ビヤンクール地方音楽院の学長に再任した。

ピアノ曲『31人の侵略者のためのエチュード第8番』が有名である。

作品編集

ルヴィエは鍵盤楽器のテクニックに関心を持っており、下記の『31人の侵略者のためのエチュード』は、演奏家を侵略者にみたて、ピアノ打楽器のように使った作品である。

  • 侵略者のためのエチュード第1番-ピアノのための
  • 侵略者のためのエチュード第2番-ピアノのための
  • 侵略者のためのエチュード第3番-チェンバロのための
  • 侵略者のためのエチュード第4番-2台のピアノのための
  • 侵略者のためのエチュード第5番-チェンバロとスピーカーコードのための
  • 侵略者のためのエチュード第8番-2台のピアノのための
  • 金管五重奏曲
  • 2台のピアノのためのソナタ
  • 管弦楽のための協奏曲
  • 前奏曲
  • 高声とピアノのための『冬至』-2004年作曲、2008年5月20日にパリで初演。
  • Chant des limbes

関連項目編集