メインメニューを開く

アリサ・レプセルターAlisa Lepselter, 1963年 - )は、主にウディ・アレン監督作品などを手掛ける編集技師である。

アリサ・レプセルター
Alisa Lepselter
生年月日 1963年
職業 編集技師

サムシング・ワイルド』の編集をしていたクレイグ・マッケイへのインターンからキャリアが始まる。その後もセルマ・スクーンメイカーロバート・M・ライターノのアシスタントを務めた[1][2]

ニコール・ホロフセナー監督の『Walking and Talking』(1996年)で初めて編集としてクレジットされる。『ギター弾きの恋』(1999年)以降のウディ・アレンの監督映画をすべて編集している。

2008年の『それでも恋するバルセロナ』と『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年)でアメリカ映画編集者協会賞にノミネートされた。

フィルモグラフィ編集

参考文献編集

外部リンク編集