アリス・ヘルツ=ゾマー

アリス・ヘルツ=ゾマーAlice Herz-Sommer1903年11月26日 - 2014年2月23日[1])はチェコ出身のピアニスト第二次世界大戦中テレージエンシュタット強制収容所に収容され、ホロコーストから生還した世界最高齢の人物といわれた[1](ただし、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に収容され生還した男性イスラエル・クリスタルがヘルツ=ゾマーよりも72日間だけ先に出生したうえヘルツ=ゾマーの死去時点で存命していたため、「ホロコーストから生還した世界最高齢の人物」というタイトルは実際には誤りである。)。

アリス・ヘルツ=ゾマー
Alice Herz-Sommer
2010- Alice Herz-Sommer and Luiza Borac in London (cropped) - Alice Herz-Sommer.jpg
生誕 (1903-11-26) 1903年11月26日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国プラハ
死没 (2014-02-23) 2014年2月23日(110歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
民族 ユダヤ人
職業 ピアニスト・音楽教師
配偶者 レオポルド・ゾマー(Leopold Sommer、1931年結婚、1944年没)
子供 1人

1944年に夫がテレージエンシュタット強制収容所で死去するも、自身は生還。1949年3月、イスラエルへ移住。エルサレムで音楽教師として働いていた。1986年、唯一の子であったラファエル・ゾマー(Rafael Sommer、1937 - 2001)とともにイギリスロンドンへ移住。

2014年2月23日、ロンドンの病院で110歳3ヶ月で死去。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集