アリソン・ダンジグ

アリソン・ダンジグAllison Danzig, 1898年2月27日 - 1987年1月27日)は、アメリカテキサス州ウェーコ出身のスポーツジャーナリスト。40年以上にわたり、ニューヨーク・タイムズ紙のスポーツ記者として主にテニス記事を担当、ジャーナリストとして初めて国際テニス殿堂入りした。

ダンジグはテキサス州ウェーコに生まれ、ニューヨーク州オルバニーに育った。小柄な体格ながらコーネル大学時代にはカレッジフットボールの経験がある。

1921年に大学を卒業後、ブルックリン・イーグル紙を経て、1923年にニューヨーク・タイムズ紙の記者となる。テニスをはじめ、アメリカンフットボールスカッシュリアルテニスラケッツ漕艇などの記事を担当したほか、オリンピックの取材も行った。1967年、ニューヨーク・タイムズを退職。1968年に「ジャーナリスト部門」で国際テニス殿堂入りした。

1987年1月27日ニュージャージー州リッジウッドにて88歳で没した。

著書編集

  • Racquet Game (1930)
  • History of American Football: its great teams, players, and coaches (1956)
  • History of Baseball: its great players, teams and managers (1959)
  • Oh, How They Played the Game: the early days of football and the heroes who made it great (1971)
  • Winning Gallery: court tennis matches and memories (1985)

外部リンク編集