アリックス・ド・フランス (1150-1195)

アリックス・ド・フランスAlix de France1150年 - 1195年)は、フランス王女。アデライード・ド・フランス(Adélaïde de France)、またはアエリス・ド・ブロワ(Aélis de Blois)とも呼ばれた。

アリックス・ド・フランス
Alix de France

称号 ブロワ伯妃
出生 1150年
死去 1195年
埋葬 モー、サン・エティエンヌ大聖堂
配偶者 ブロワ伯ティボー5世
子女 ティボー
ルイ
アンリ
フィリップ
マルグリット
アデライード
イザベル
家名 カペー家
父親 フランスルイ7世
母親 アリエノール・ダキテーヌ
テンプレートを表示

生涯編集

フランス王ルイ7世と最初の王妃アリエノール・ダキテーヌの次女である[1]。同母姉にマリー、異母弟妹にマルグリットアニェスフィリップ2世がいる。また、異母妹の1人であるアデルとしばしば混同される。

一方、母が再婚相手のイングランドヘンリー2世との間に産んだ若ヘンリー王マティルダリチャード1世ジェフリーエレノアジョーンジョンらは異父弟妹に当たる。

1152年に両親が離婚、1160年に父はアデル・ド・シャンパーニュと再婚し、アリエノールとの間にもうけたマリーとアリックスの娘2人をアデルの兄2人(シャンパーニュ伯アンリ1世、ブロワ伯ティボー5世)に縁付かせることを約束した[1]

1164年、アリックスはブロワ伯およびシャルトル伯ティボー5世と結婚した[1]。2人は7子をもうけた。

ティボー5世は第三回十字軍に参加し、アッコン包囲戦の最中に戦死した。アリックスは夫の不在時に伯の権力を行使した。

脚注編集

  1. ^ a b c Jiří Louda et Michael MacLagan, Les Dynasties d'Europe, Bordas, 1995. ISBN 2-04-027115-5