アリックス・ド・フランス (1150-1195)

アリックス・ド・フランスAlix de France, 1150年 - 1195年)は、フランス王女。アデライード・ド・フランス(Adélaïde de France)、またはアエリス・ド・ブロワ(Aélis de Blois)とも呼ばれた。フランス王ルイ7世と最初の王妃アリエノール・ダキテーヌの次女である[1]。同母姉にマリー、異母弟妹にマルグリットアニェスフィリップ2世がいる。また、異母妹の1人であるアデルとしばしば混同される。

アリックス・ド・フランス
Alix de France

称号 ブロワ伯妃
出生 1150年
死去 1195年
埋葬 Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国モー、サン・エティエンヌ大聖堂
配偶者 ブロワ伯ティボー5世
子女 一覧参照
家名 カペー家
父親 フランスルイ7世
母親 アリエノール・ダキテーヌ
テンプレートを表示

一方、母が再婚相手のイングランドヘンリー2世との間に産んだウィリアム若ヘンリー王マティルダリチャード1世ジェフリーエレノアジョーンジョンらは異父弟妹に当たる。

生涯編集

1150年に生まれた頃には両親の仲は悪化しており、母は息子が生まれないことを責められ、第2回十字軍の失敗の原因を作ったと責任も追及され、フランス国民からの非難を浴びていた。1152年に両親が離婚した時、姉マリーと共に親権は父の物になった[2]

1160年に父はアデル・ド・シャンパーニュと再婚し、アリエノールとの間にもうけたマリーとアリックスの娘2人をアデルの兄2人(シャンパーニュ伯アンリ1世、ブロワ伯ティボー5世)に縁付かせることを約束した[1][3]

婚約から4年後の1164年、マリー・アリックスとアンリ1世・ティボー5世の二重結婚が行われた。結婚後は姉と共に母のいるポワティエへ行き再会を果たし、母の文学的事業を引き継いだという[1][4]

ティボー5世は第3回十字軍に参加し、アッコ包囲戦の最中に戦死した。アリックスは夫の不在時に伯の権力を行使した。

子女編集

ティボー5世との間に7人の子をもうけた。

脚注編集

  1. ^ a b c Jiří Louda et Michael MacLagan, Les Dynasties d'Europe, Bordas, 1995. ISBN 2-04-027115-5
  2. ^ 桐生、P72 - P73、P80、石井、P193、P205、ペルヌー、P90、P97。
  3. ^ 桐生、P109、P119、石井、P243 - P244、ペルヌー、P151、P163。
  4. ^ カペラヌス、P13、ペルヌー、P185 - P186。

参考文献編集