アリフ・アルヴィ

アリフ・アルヴィウルドゥー語シンド語عارف الرحمان علوی:Arif-ur-Rehman Alvi, 1949年8月29日 - )は、パキスタン政治家2018年9月9日からパキスタンの大統領を務める[1]

アリフ・アルヴィ
عارف الرحمان علوی
Arif-ur-Rehman Alvi
President of Pakistan Dr Arif Alvi.jpg

任期 2018年9月9日

出生 (1949-08-29) 1949年8月29日(71歳)
 パキスタンシンド州 カラチ
政党 パキスタン正義運動
配偶者 サミナ・アルヴィ

経歴編集

1949年8月29日シンド州カラチに生まれる。父親はジャワハルラール・ネルー歯科医を務めたとされ、パキスタン分離独立後にカラチに定住した[2]。アルヴィは、ラホールにある歯科大学 (De'Montmorency College of Dentistryで歯科外科の学士号を取得し、1975年ミシガン大学歯科補綴学の修士号、1984年パシフィック大学歯科矯正学の修士号を取得した[3]

2006年の第28回アジア太平洋歯科学会において議長を務めた[4][5]

学生時代からアユーブ・ハーン政権に対する民主化運動に参加していた。1996年にはイムラン・カーンらと共にパキスタン正義運動(PTI)の創設に参加した。2013年の総選挙で国民議会の議員に当選し、2018年の選挙でも再選した。

2018年パキスタン大統領選挙英語版に際してPTIから候補者に指名され、選挙の結果352票を獲得し、第13代パキスタン大統領に選出された。

同年、「人工知能とコンピューティングに関する大統領イニシアティブ」(PIAIC: Presidential Initiative for Artificial Intelligence & Computing)を立ち上げ、人工知能データサイエンスブロックチェーンIoT等の教育・研究やビジネスを支援するプログラムを開始するとした[6]。 PIAICでは、テクノロジー分野における女性の包摂(Women's Inclusion in Technology)を掲げ、女性の経済的エンパワーメントにも注力している[7]

2021年3月15日イムラン・カーン首相も接種した中国シノファーム製の新型コロナワクチンBBIBP-CorV)の初回接種を受けたものの、30日にウイルス検査で陽性となり自主隔離に入った[8][9]

参考資料編集


公職
先代:
マムヌーン・フセイン
  パキスタン・イスラム共和国大統領
第13代:2018 -
次代: