アリューシャン地震 (1965年)

1965年のアリューシャン地震(アリューシャンじしん)あるいはラット諸島地震(ラットしょとうじしん)は、協定世界時1965年2月4日5時1分(現地時刻2月3日19時1分)、アリューシャン列島ラット諸島近海を震源として発生した地震

アリューシャン地震
アリューシャン地震 (1965年)の位置(アラスカ州内)
アリューシャン地震 (1965年)
本震
発生日 1965年2月4日(UTC)
座標 北緯51度17分 東経178度33分 / 北緯51.29度 東経178.55度 / 51.29; 178.55座標: 北緯51度17分 東経178度33分 / 北緯51.29度 東経178.55度 / 51.29; 178.55
規模    モーメントマグニチュード(Mw)8.7
最大震度    メルカリ震度階級VI
津波 10.7m
被害
被害地域 アメリカ合衆国アラスカ州
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

概要編集

マグニチュードは8.7で、シェミア島で10mを超える津波を観測したが[1]、被害は非常に小さかった。

規模が大きい地震(世界)
順位 名称 発生日 (JST) 規模 (M)
1 チリ地震 (1960年) 1960年5月23日 9.5
2 アラスカ地震 1964年3月28日 9.2
3 スマトラ島沖地震 (2004年) 2004年12月26日 9.1
4 東北地方太平洋沖地震東日本大震災 2011年3月11日 9.0
カムチャツカ地震 1952年11月5日
6 チリ地震 (2010年) 2010年2月27日 8.8
エクアドル・コロンビア地震英語版 1906年2月1日
8 アリューシャン地震 (1965年) 1965年2月4日 8.7
9 スマトラ島沖地震 (2005年) 2005年3月29日 8.6
アッサム・チベット地震 1950年8月15日
スマトラ島沖地震 (2012年4月) 2012年4月11日
アリューシャン地震 (1957年) 1957年3月9日

地学的環境編集

アリューシャン列島は火山島の連なる島弧であり、太平洋プレート北アメリカプレートの下へ潜り込むことによって生じたものである。このプレート境界、アリューシャン海溝では、これまで多くの巨大地震が発生している。

特徴編集

 
アラスカの地質構造と地震の分布

地震編集

余震の分布から、この地震はプレート境界に沿った長さ600kmの断層破壊によるものと考えられている[2]。エネルギー放出の形態は、プレート境界面に沿った3つのアスペリティの存在を示唆しており、それぞれのアスペリティがエネルギーを放出している。津波モデルも、上側のプレート内部の3つの構造的「ブロック」と関連付けると、この地震が3回のサブイベントから成るという説を補強する[3]

本震から2か月近く後に、マグニチュード7.6の地震が発生し、小規模な津波を発生させた[4]。これは余震ではなく、沈み込むプレート内(アウターライズ)内で発生した正断層型の地震で、本震より前に発生した地震に誘発されたものである[5]

津波編集

津波の最大遡上高は、シェミア島で10.7m、アムチトカ島で2.0m、アッツ島で1.6m、ハワイのカウアイ島北部で1.1m。ペルーエクアドルメキシコカリフォルニア日本ロシア東部でも津波が観測された[4]

被害編集

津波はアムチトカ島に1万ドル相当の被害をもたらした[1]アッツ島とシェミア島では被害はより小さく、地震により道に亀裂が走った程度だった[要出典]

脚注編集

  1. ^ a b USGS (2009年10月26日). “Historic Earthquakes Rat Islands, Alaska”. 2010年3月8日閲覧。
  2. ^ Beck, S.L.; Christensen D.H. (1991). “Rupture Process of the February 4, 1965, Rat Islands Earthquake”. Journal of Geophysical Research 96 (B"): 2205–2221. Bibcode1991JGR....96.2205B. doi:10.1029/90JB02092. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/90JB02092/abstract 2010年3月8日閲覧。. 
  3. ^ Johnson, J.M. (1999). “Heterogeneous coupling along Alaska-Aleutians as inferred from Tsunami, Seismic and Geodetic Inversions”. In Dmowska R. & Saltzman B.. Tsunamigenic Earthquakes and Their Consequences. Advances in Geophysics. 39. pp. 28–55. ISBN 978-0-12-018839-0. https://books.google.com/books?id=CZVn6MjyAHMC&dq=1965+rat+islands+earthquake 2010年3月8日閲覧。 
  4. ^ a b NGDC. “Search result for 1965 Alaska earthquakes”. 2010年3月8日閲覧。
  5. ^ Abe, K. (1972). “Lithospheric normal faulting beneath the Aleutian trench”. Physics of the Earth and Planetary Interiors 5: 109–198. Bibcode1972PEPI....5..190A. doi:10.1016/0031-9201(72)90091-X. 

関連項目編集