アリー・ラーリージャーニー

アリー・アルダシール・ラーリージャーニーペルシア語: علی اردشیر آملی لاریجانی‎、Ali Ardashir Larijani、1957年 -)は、イラン政治家哲学者イラクナジャフ出身。現最高指導者顧問、現公益判別会議(公益評議会)議員[1]。2008年から2020年までイラン・イスラーム議会議長をつとめた。日本国外務省は「アリー・ラリジャニ」と表記しており、日本語メディアでは「ラリジャニ国会議長」と表記されることが多い。

アリー・アルダシール・ラーリージャーニー
علی اردشیر لاریجانی
Msc 2009-Friday, 16.00 - 19.00 Uhr-Dett 007 Larijani.jpg
アリー・ラーリージャーニー(2009年)
生年月日 1957年
出生地 ナジャフ、イラク王国
出身校 シャリーフ工科大学、
テヘラン大学
現職 イラン・イスラーム議会議長
称号 西洋哲学博士
親族 モハンマド=ジャヴァード(兄)、
サーデグ(弟、前司法府長官)
公式サイト دکتر علی لاریجانی

イランの旗 イラン・イスラーム議会議長
在任期間 2008年6月 - 2020年5月
最高指導者 アリー・ハーメネイー

イランの旗 イラン・イスラーム議会議員
選挙区 ゴム
当選回数 3
在任期間 2008年 - 2020年
テンプレートを表示

経歴編集

1957年、アーヤトッラーであったミールザー・ハーシェム・アーモリーの息子としてナジャフに生まれる。

1979年シャリーフ工科大学数学計算機科学)卒業。テヘラン大学1981年西洋哲学修士号、1983年に西洋哲学博士号を取得した。専門はカント哲学[2]

イラン革命後はイスラム革命防衛隊参謀本部次長などをつとめた[2]ほか、1981年から1982年までイラン・イスラム共和国放送(IRIB)最高業務責任者となっている。

1991年から1993年までイスラム文化指導大臣、1994年から2004年までイラン・イスラム共和国放送(IRIB)総裁、2005年から2007年10月まで国家安全保障最高会議書記をつとめた。また、2005年のイラン大統領選挙に出馬したが、第一回投票で6位に終わっている。

2008年3月に行われたイラン国会議員選挙にゴムの選挙区から出馬し当選、また同年6月国会議長となった。2012年の国会議員選挙でも当選し、議長に選出されている[3]。2016年2月に行われた第10期国会議員選挙でも同じくゴム(定数3)で立候補し当選した[4]。2020年の第11期国会議員選挙には出馬しなかった。同年5月29日最高指導者顧問に任命される[5]

人物編集

脚注編集

外部リンク編集

先代:
ゴラームアリー・ハッダード=アーデル
 イラン国会議長
2008年 - 2020年
次代:
モハンマド・バーゲル・ガーリーバーフ