アリー・ルイエンダイク

アリー・ルイエンダイク (Arie Luyendyk (本名 Arie Luijendijk) , 1953年9月21日 - ) は、オランダ人のレーシングドライバー。特にアメリカで活躍しており、インディ500で2勝を挙げている。苗字の英語発音は"ライエンダイク"に近い。

アリー・ルイエンダイク
Arie Luyendyk 2010 Indy 500 Practice Day 7.JPG
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1953-09-21) 1953年9月21日(67歳)
出身地 オランダソメルスダイク
チャンプカー・ワールド・シリーズでの経歴
ルイエンダイクのローラシボレー(1990年のインディ500優勝車)
アンディ・グラナテッリのチームのマシンを駆るルイエンダイク(1991年)

略歴編集

ソメルスダイクに生まれたルイエンダイクは、1970年代前半にレース活動を開始し、オランダ国内戦のタイトルをいくつも獲得した。1977年にはヨーロッパのジュニア・フォーミュラの一つであるフォーミュラ・ヴィー(スーパーVee)のタイトルを獲得し、F3に転向した。ルイエンダイクは1984年にアメリカに渡るがキャリアの成功は続き、すぐにスーパーVeeのタイトルを獲得した。

スポンサーであるProvimi Vealの支援を受けて、1985年に初めてCARTへのフル参戦を果たしたルイエンダイクは、シーズンとインディ500の2つのルーキー・オブ・ザーイヤーを獲得した。ルイエンダイクのCART初勝利は5年後の1990年に達成されたが、これはシリーズで最も重要なレース、インディ500で達成された。ダグ・シアソン・レーシングから出走したルイエンダイクはレースを2時間41分18秒404で完走し、レース平均速度185.981マイル(299.307km/h)の新記録を達成した。これは2013年にトニー・カナーンが187.433mph(301.644km/h)で優勝するまで、23年間更新されなかった。

ルイエンダイクはインディアナポリスでは好パフォーマンスを見せ続け、1993年、1997年、1999年にポールポジションを獲得し、リタイアしたレースのうちの3レースではトップを走行していた。1996年には予選のラップレコードとなる平均時速237.498マイル(時速382.216キロ)を記録した(ポールデイではなく、2日目の記録だったためポールポジションでは無かった)。1997年のインディ500にはトレッドウェイ・レーシングより出走し、チームメイトのスコット・グッドイヤーを下してポールポジションから勝利した。ルイエンダイクは、1992年、1993年、1998年のインターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズ (IROC) にも選出された。ルイエンダイクは1999年シーズンをもって引退を表明したが、その後2001年と2002年のインディ500に出走した。

ルイエンダイクはデイトナ24時間レースセブリング12時間レースにも優勝経験がある。現役引退後はインディカー・シリーズスチュワードを務めると共に、2シーターカー[1]の運転も行なっている。2012年のインディ500には、アドバイザーとしてルーキーオリエンテーションに参加した。彼の息子、アリー・ルイエンダイクJr.もレーシングドライバーとなった。

オランダのザントフォールト・サーキットは、最終コーナーに、ルイエンダイクの名前を付けた。

成績編集

CARTでの成績編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
1984 ベッテンハウゼン  
LBH
 
PHX1
 
INDY
 
MIL
 
POR
 
MEA
 
CLE
 
MIS1
 
ROA
8
 
POC
 
MDO
 
SAN
 
MIS2
 
PHX2
 
LS
 
LVG
32位 5
1985  
LBG
Ret
 
INDY
7
 
MIL
17
 
POR
Ret
 
MEA
10
 
CLE
5
 
MCH
 
ROA
6
 
POC
 
MDO
 
SAN
Ret
 
MIS
15
 
LAG
Ret
 
PHO
Ret
 
MIA
7
    18位 33
1986  
PHX
6
 
LBG
Ret
 
INDY
Ret
 
MIL
9
 
POR
 
MEA
Ret
 
CLE
Ret
 
TOR
6
 
MIS
Rer
 
POC
Ret
 
MDO
Ret
 
SAN
 
MIS
13
 
ROA
7
 
LAG
10
 
PHO
Ret
 
MIA
Ret
17位 29
1987 ヘメルガーン  
LBG
14
 
PHX
3
 
INDY
Ret
 
MIL
4
 
POR
Ret
 
MEA
6
 
CLE
Ret
 
TOR
7
 
MIS
5
 
POC
4
 
ROA
4
 
MDO
11
 
NAZ
4
 
LAG
6
 
MIA
11
    7位 98
1988 ディック・サイモン・レーシング  
PHX
9
 
LBH
10
 
INDY
10
 
MIL
Ret
 
POR
2
 
CLE
Ret
 
TOR
Ret
 
MEA
Ret
 
MIS
Ret
 
POC
Ret
 
MDO
Ret
 
ROA
Ret
 
NAZ
9
 
LS
Ret
 
MIA
Ret
14位 31
1989  
PHX
Ret
 
LBH
7
 
INDY
Ret
 
MIL
Ret
 
DET
6
 
POR
3
 
CLE
9
 
MEA
7
 
TOR
Ret
 
MIS
6
 
POC
Ret
 
MDO
8
 
ROA
4
 
NAZ
13
 
LS
9
10位 75
1990 シアソン・レーシング  
PHX
9
 
LBH
7
 
INDY
1
 
MIL
Ret
 
DET
5
 
POR
6
 
CLE
6
 
MEA
4
 
TOR
5
 
MIS
Ret
 
DEN
13
 
VAN
Ret
 
MDO
Ret
 
ROA
6
 
NAZ
Ret
 
LS
9
8位 90
1991 グラナテッリ・レーシングチーム  
SRF
9
 
LBH
5
 
PHX
1
 
INDY
3
 
MIL
Ret
 
DET
3
 
POR
7
 
CLE
5
 
MEA
Ret
 
TOR
Ret
 
MIS
2
 
DEN
Ret
 
VAN
Ret
 
MDO
9
 
ROA
5
 
NAZ
1
 
LS
8
6位 134
1992 チップ・ガナッシ・レーシング  
SRF
 
PHX
 
LBH
 
INDY
Ret
 
DET
 
POR
 
MIL
 
NHA
 
TOR
 
MIS
Ret
 
CLE
 
ROA
 
VAN
 
MDO
 
NAZ
 
LS
41位 0
1993  
SRF
5
 
PHX
6
 
LBH
11
 
INDY
2
 
MIL
Ret
 
DET
Ret
 
POR
10
 
CLE
10
 
TOR
Ret
 
MIS
3
 
NHA
Ret
 
ROA
9
 
VAN
Ret
 
MDO
5
 
NAZ
8
 
LS
3
8位 90
1994 インディ・レージェンシー・レーシング  
SRF
Ret
 
PHX
Ret
 
LBH
11
 
INDY
Ret
 
MIL
21
 
DET
19
 
POR
14
 
CLE
Ret
 
TOR
Ret
 
MIC
2
 
MDO
13
 
NHA
Ret
 
VAN
6
 
ROA
Ret
 
NAZ
Ret
 
LS
6
17位 34
1995 チーム・メナード  
MIA
 
SRF
 
PHX
Ret
 
LBH
 
NAZ
 
INDY
7
 
MIL
 
DET
 
POR
 
ROA
 
TOR
 
CLE
 
MIC
 
MDO
 
NHA
 
VAN
 
LS
26位 6
1997 ターゲット・チップ・ガナッシ  
MIA
 
SRF
 
LBH
 
NZR
 
RIO
 
STL
 
MIL
 
DET
 
POR
 
CLE
 
TOR
 
MIS
 
MDO
 
ROA
 
VAN
 
LS
 
FON
Ret
34位 0

インディカーでの成績編集

(key)(太字ポールポジション

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
1996 バード/トレッドウェイ WDW
Ret
PHX
1
INDY
Ret
7位 75
1996-1997 トレッドウェイ NWH
13
LSV
Ret
WDW
Ret
PHX
Ret
INDY
1
TXS
1
PPI
Ret
CHR
Ret
NH2
3
LV2
Ret
6位 223
1998 WDW
8
PHX
Ret
INDY
Ret
TXS
13
NWH
5
DOV
Ret
CHR
4
PPI
Ret
ATL
8
TX2
Ret
LSV
1
8位 227
1999 WDW PHX INDY
Ret
TXS PPI ATL DOV PP2 LSV TX2 41位 11
2001 PHX HMS ATL INDY
13
TXS PPI RIR KAN NSH KTY STL CHI TX2 41位 17
2002 PHX HMS CAL NZR INDY
14
TXS PPI RIR KAN NSH MIS
16
KTY STL CHI TX2 37位 30
2003 モー・ナン HMS PHX MOT INDY
Wth1
TXS PPIR RIR KAN NSH MIS STL KTY NZR CHI FON TX2 n/a 0
1 ルイエンダイクは第1エントリーとして記載され、プラクティスに参加した。プラクティス中にクラッシュしたため本選に参加できなくなり、彼に代わってアレックス・バロンがドライブした。
年数 チーム数 出走数 ポールポジション 勝利数 表彰台
(優勝を除く)
トップ10
(表彰台を除く)
インディ500
優勝
シーズンタイトル
6 1 28 4 4 1 4 1 (1997) 0

インディ500での成績編集

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
1985 ローラ コスワース 20位 7位 ベッテンハウゼン
1986 ローラ コスワース 19位 15位 ベッテンハウゼン
1987 マーチ コスワース 7位 18位 ヘメルガーン
1988 ローラ コスワース 6位 10位 サイモン
1989 ローラ コスワース 15位 21位 サイモン
1990 ローラ シボレー 3位 1位 シアソン
1991 ローラ シボレー 14位 3位 グラナテッリ
1992 ローラ フォード-コスワース 4位 15位 ガナッシ
1993 ローラ フォード-コスワース 1位 2位 ガナッシ
1994 ローラ イルモア 8位 18位 インディ・レージェンシー
1995 ローラ メナード-ビュイック 2位 7位 チーム・メナード
1996 レイナード フォード-コスワース 20位 16位 トレッドウェイ
1997 Gフォース コンプテック オールズモビル 1位 1位 トレッドウェイ
1998 Gフォース コンプテック オールズモビル 28位 20位 トレッドウェイ
1999 Gフォース コンプテック オールズモビル 1位 22位 トレッドウェイ
2001 Gフォース コンプテック オールズモビル 6位 13位 トレッドウェイ
2002 Gフォース シボレー 24位 14位 トレッドウェイ
2003 Gフォース トヨタ アレックス・バロンがドライブ モー・ナン

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス
順位
1989年   ニッサン・モータースポーツ   ジェフ・ブラバム
  チップ・ロビンソン
日産・R89C C1 250 DNF DNF
Source:[2]

脚注編集

  1. ^ インディカー・シリーズの決勝レース開始前のイベントで使われる、2人乗りの特別仕様車。後部座席には来賓が座る。
  2. ^ All Results of Arie Luyendyk”. racingsportscars.com. 2018年8月4日閲覧。

外部リンク編集

タイトル
先代:
エマーソン・フィッティパルディ
インディ500優勝者
1990
次代:
リック・メアーズ
先代:
バディ・ラジアー
インディ500優勝者
1997
次代:
エディ・チーバー
先代:
ロベルト・ゲレロ
CARTルーキー・オブ・ザ・イヤー
1985
次代:
ドミニク・ドブソン
受賞
先代:
デイビー・ハミルトン
スコット・ブレイトンアワード
2002
次代:
バディ・ラジアー