アリー・レザー・パフラヴィー

アリー・レザー・パフラヴィーペルシア語: علی‌رضا پهلوی‎; 1966年4月28日 - 2011年1月4日)は、イランパフラヴィー朝の最後のシャーモハンマド・レザー・パフラヴィーの次男。2011年1月にアメリカ合衆国で自殺した。

アリー・レザー・パフラヴィー
علیرضا پهلوی
Prince Ali Reza Pahlavi.jpg
アリー・レザー王子

出生 1966年4月28日
イランの旗 イランテヘラン
死去 (2011-01-04) 2011年1月4日(44歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
父親 モハンマド・レザー・パフラヴィー
母親 ファラフ・パフラヴィー
テンプレートを表示

来歴編集

 
10歳のアリー・レザー王子(1976年)

テヘラン出身。イラン革命後はアメリカ合衆国へ亡命し、1992年コロンビア大学で修士号、ハーバード大学博士課程で古代イランを研究した。

2011年1月4日未明、アメリカ合衆国・マサチューセッツ州ボストンの自宅で自殺しているのが発見された。44歳没。拳銃による自殺とみられている[1]。妹レイラも2001年に自殺しており、長年ふさぎこんでいたという。遺灰はカスピ海に散骨される予定[2]

脚注編集