メインメニューを開く

アルカリ岩(あるかりがん、alkaline rock あるいは alkali rock)は、化学組成上においてアルカリ性質を保有する火成岩

概要編集

19世紀後半から化学業界において、地球上の岩石を生成要因にとらわれることなく内因する鉱物や組成上の特徴に基づいてアルカリ岩非アルカリ岩に分類する試みが行われた。有名な分類方法としては、1892年イディングズ(J. P. Iddings)の唱えた SiO2 や Al2O3 に対して Na2O+K2O が多い岩石をアルカリ岩と定義する手法、1933年にケネディが提唱したノルムソレアイトに分類する手法などがある。

現代においては研究の進化に伴い、マントルの違いからくるマグマの性質によってアルカリ系か、非アルカリ系かで分類される。代表的なアルカリ系の火山としては、ミショアカン・グアナファト火山カルク火山などが挙げられる。

関連項目編集

参考文献編集