メインメニューを開く

アルガーオンの戦い(アルガーオンのたたかい、英語:Battle of Argaon)は、1803年11月29日インドアルガーオンにおいて、シンディア家およびボーンスレー家の連合軍とイギリス東インド会社との間で行われた第二次マラーター戦争の戦いの一つ。

アルガーオンの戦い
Battle of Argaon
第二次マラーター戦争
Plan of the Battle of Argaum.jpg
アルガーオンの戦いにおける戦闘計画書
1803年11月29日
場所インドアルガーオン
結果 イギリスの勝利
衝突した勢力
Flag of the British East India Company (1801).svgイギリス東インド会社 Flag of the Maratha Empire.svgシンディア家
Flag of the Maratha Empire.svgボーンスレー家
指揮官
Flag of the British East India Company (1801).svgアーサー・ウェルズリー Flag of the Maratha Empire.svgダウラト・ラーオ・シンディア
Flag of the Maratha Empire.svgラグージー・ボーンスレー2世
被害者数
死傷者346人 不明

戦闘編集

11月1日ラスワリーの戦いののち、ラグージー・ボーンスレー2世ダウラト・ラーオ・シンディアは再び戦いを挑むことにし、28日に軍を動かした。

同月29日イギリスの司令官アーサー・ウェルズリーはシンディア家とボーンスレー家の連合軍とアルガーオンで戦い、これに大勝した。

この戦いではシンディア家とボーンスレー家の連合軍ともにすべての大砲や荷物を失って逃げ、甚大な損害を被った。イギリス軍は死傷者346人を出しただけであった[1]

出典・脚注編集

  1. ^ Battle of Argaum Google Books

関連項目編集