メインメニューを開く
視眼振(HGN)テスト

アルコール検査(アルコールけんさ)とは、その人が自動車鉄道船舶などの輸送機関の運転にとり有害な気を帯びていないか検査することである。警察海上保安庁により、呼気による検査が行われる。「酒気帯び」または「飲酒」と判断されれば、刑事罰を含む処分が科せられる。

検査の種類編集

飲酒検問編集

警察による飲酒検問の場合、管轄区域の警察官または、高速道路交通警察隊員若しくは、交通機動隊員らによって行われる。一般に異なる市区町村を結ぶ、交通量がそう多くない幹線道路(その多くは国道以外)で行われている場合が多い。全国一斉検問、特別警戒検問などでは交通量の多い国道やバイパス路線などでも行うことがある。飲酒検問の時間帯は、その多くが夜間から明朝にかけて行われる。

方法は、警察官の嗅覚にて判断する呼気の確認で、3台程度を一組として捌いてゆく。進行方向右側に警察官が立ち、運転手に「お急ぎのところ申し訳ありません。お仕事帰りですか?飲酒検問を行っておりますので、息をフーッとお願いします」などのように声をかけてゆく(吐息のアルコール臭をチェックする為)。運転者は警察官の要請により息を強く吐き出すことを求められる場合もある。何事もなければ「ご協力ありがとうございました、安全運転でお帰りください」というように送り出される。

憲法の関係からこのアルコール検査は刑事上の手続ではなく、あくまで「酒気帯び運転の予防」が目的なので、法律上は任意とされており、検問を無視したからと言って直ちに逮捕・処罰されることはない。しかし、警察にてアルコール含有の疑いがあり車両等を運転するおそれがあると判断され機材を使用したアルコール呼気検査を求められた運転者は、道路交通法第67条第2項「車両等に乗車し、又は乗車しようとしている者が第六十五条第一項の規定に違反して車両等を運転するおそれがあると認められるときは、警察官は、次項の規定による措置に関し、その者が身体に保有しているアルコールの程度について調査するため、政令で定めるところにより、その者の呼気の検査をすることができる。」に基づき、それを行う義務が生じ(強制検査)、検査結果に応じて行政処分が行われる。もし、呼気検査を拒否した場合は道路交通法第67条第2項により現行犯逮捕や罰則(三十万円以下の罰金)が適用される可能性が高まる。

ただし、下記の場合でも有形力を行使して強制検査をすることはできず、その場合は裁判所による身体検査令状が必要である。

  • アルコール呼気検査を拒否して逮捕された後も、徹底的に呼気検査を拒む者
  • 警察が当該者に対し、アルコール血液検査を行う必要があると判断したが、本人の同意が得られない場合

アルコール呼気検査を拒否したことによって逮捕されても運転免許の行政上の処分には影響しないが、その後の身体検査令状に基づく血液検査等によって酒気帯び運転等であったと認定された場合は罪は重くなり、運転免許の行政上の処分をも受けることになる。

職業運転者対象の検査編集

バストラックタクシーハイヤー運転手が対象。その事業者(バス会社、運送会社など)により行われる。毎朝出勤後に行うが、飲酒していないことを明らかにするため上司の前で行うことが多い。国土交通省令である旅客自動車運送事業運輸規則や貨物自動車運送事業輸送安全規則が改正され、2011年5月1日より事業者はアルコール検知器による検査が義務化された[1]。 このため、前述した警察官による検問は「飲酒していない」と見なされて免除(検問場所をそのまま通過)されることが多い。

鉄道・軌道乗務員対象の検査編集

鉄道・軌道の運転士車掌を対象に行う。法律で義務化されていないため全ての会社で行われているわけではなく、一部の社が自発的に行っている。

船舶職員対象の検査編集

安全管理規程では大型船舶の船員船長航海士機関士等)は呼気中アルコール濃度が0.15mg/L以上での当直を禁止し、小型船舶の操縦者も一部の水域では通常の0.5mg/Lから0.15mg/Lに厳格化される[2]

航空従事者対象の検査編集

旅客機操縦士客室乗務員などが対象であるが、検査方法や基準などは運航会社に任されていたため、乗務の前後に厳密に検査する制度が整備される予定[3][4]

使用機器編集

アルコールチェッカーアルコール検査器アルコール検知器などと呼ばれる。専用機の他にスマートフォンと接続して検査するタイプもあり、この場合はアプリで検査データを送信して管理できるため、主に長距離トラックドライバーの帰り便の出発時に対面点呼代わりに使用する。

アルコール検査方法の歴史編集

自動車が普及し始めた1920年代以来、欧米ではアルコール飲料が原因となる重大死亡事故が多発し、飲酒と運転を切り離すことが急務となった。初期の対応としては、事故が発生したのちに医師が現場に赴き、ドライバーを観察・検査した。しかし、医師の主観に頼るため判定にぶれが大きく、原因がアルコール摂取によるものかも即断できなかった[5]

1930年に、スウェーデン採血によって血中アルコールを確認する方法が確立し、アルコール摂取量を科学的に実証し、交通事故との因果関係を客観的に判定することが可能となった[5]

アメリカでは、1930年代半ばに人間の焦点機能を利用したアルコール・テスト装置が導入された。この装置は顕微鏡のようなレンズ越しに2枚一組の画像を覗いたとき、正常なら1つの絵が完成して見えるが、酒気を帯びているとピントが合わず上手く完成して見えないという仕組みだった。その後の1937年インディアナ大学で、呼気に含まれる臭気からアルコールを検知するアルコール量測定器が開発された[5]。初期のものは検査機関に送らないと判定できなかったが、1940年代には呼気に含まれる血中アルコール量が直接計測できるようになり、検問の現場で検査結果が分かるようになった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集