メインメニューを開く

アルゴンヌ国立研究所

アルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory)は、アメリカ合衆国国立研究所である。

アルゴンヌ国立研究所
正式名称 Argonne National Laboratory
日本語名称 アルゴンヌ国立研究所
略称 ANL
所在地 アメリカ合衆国
デュページ郡アルゴンヌ
9500 Cass Ave., Argonne, IL 60439, USA
北緯41度42分33秒西経87度58分55秒座標: 北緯41度42分33秒 西経87度58分55秒
予算 7.8億ドル
人数 3298
所長 Paul Kearns(暫定)
設立年月日 1946年 (1946)
前身 冶金研究所
所管 アメリカ合衆国エネルギー省
UChicago Argonne, LLC
公式サイト www.anl.gov
テンプレートを表示
アルゴンヌ国立研究所

目次

概要編集

アメリカ合衆国政府の科学技術研究所としては最初期かつ最大級(敷地面積6.9 km2)のものである。アメリカ合衆国エネルギー省が所有し、同省との契約のもと UChicago Argonne, LLC(シカゴ大学とジェイコブス・エンジニアリング・グループの有限責任会社)が管理運営を行っている。

歴史編集

原子力の父と言われるエンリコ・フェルミを中心とした研究チームが1942年に世界最初の制御核分裂連鎖反応を成功させたシカゴ大学(The University of Chicago)冶金研究所[注釈 1]を母体として原子力の平和利用を研究する目的で1946年に設立された。その後原子力以外にも研究対象を広げ、現在は研究者約1,000名(うち4分の3は博士号を有する)を擁するアメリカ屈指の研究施設となった。現在は電気自動車電池自動車)の普及に必要なリチウムイオン電池の、米国内での生産に向けた研究開発に注力している。

日本の原子力研究との関係編集

日本政府の原子力推進政策を受け1955年に東京大学工学部の大山彰通商産業省伊原義徳が米国原子力委員会アルゴンヌ国際原子力科学技術学校の第一期生として同研究所に派遣された。また、鳥飼欣一もアルゴンヌ国立研究所で学んだ。彼らアルゴンヌ留学生たちが、帰国後、茨城県東海村日本原子力研究所において本格的な原子力研究を開始し、日本初の原子炉を完成させたといえる。

脚注編集

  1. ^ 第二次世界大戦中に推進されたマンハッタン計画の一部を担っていたが、核開発を隠す為に冶金研究所の名称が使われた。

外部リンク編集