メインメニューを開く

アルサイド(Alcide 1955年 - 1973年)は、イギリス生産、調教サラブレッド競走馬種牡馬。不正行為による出走妨害が無ければ1958年のエプソムダービーに勝利していたと考えられている [† 1] 。主な勝鞍にセントレジャーステークスキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス。1958年イギリス3歳チャンピオン、1959年同古馬チャンピオン。

アルサイド
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1955年
死没 1973年????日(18歳没)
Alycidon (GB)
Chenille (GB)
生国 イギリス
生産 Sir Humphrey de Trafford (英語版[1]
馬主 Sir Humphrey de Trafford
調教師 Sir Cecil Boyd-Rochfort[2]
競走成績
生涯成績 12戦8勝(8-3-0-1)
獲得賞金 £56,042
TFR 136 (1959年)
テンプレートを表示

目次

背景編集

アルサイドは屈強で中型の素晴らしい(great quality)鹿毛馬で、馬主のハンフリー・ド・トラフォード準男爵により生産された [2] 。父はイギリス古馬チャンピオンで1955年リーディングサイアーとなるアリシドン Alycidon (GB) 。母シェニール Chenille (GB) (父キングサーモン King Salmon (GB) )は未出走だったが3,000ギニーでトラフォード準男爵に購買され [† 2] 、エプソムダービー馬*パーシア英語版の母となるライトニング Lightning (GB) (1950年産、父ハイペリオン Hyperion (GB) )を生んでいた。

ファミリーライン編集

アルサイドの母シェニールの祖母アロー Aloe (GB) (1926年産、父サンインロー Son-in-Law (GB) 、F-No.2-f)はゴールドカップ優勝馬フォックスロー Foxlaw (GB) の全妹で、ナッソーステークスやヘーヴァリルステークス(1着: オークス馬ペニーカムクイック Pennycomequick (GB) )で2着となった [† 3] 。アローに始まる牝系は20世紀で最も重要なクラシックファミリーのひとつとされ [3]オリオール Aureole (GB) (1950年産、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、リーディングサイアー)、ラウンドテーブル Round Table (USA) (1954年産、アメリカ合衆国年度代表馬、北米リーディングサイアー)、*パーシア(1956年産、前出)、ハイクレア Highclere (GB) (1971年産、1,000ギニーディアヌ賞)、ノウンファクト Known Fact (USA) (1977年産、ミドルパークステークス2,000ギニー)、ペブルス英語版 Pebbles (GB) (1981年産、1,000ギニー、ブリーダーズカップ・ターフ)、ナシュワン Nashwan (USA) (1986年産、イギリスクラシック二冠、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス)、サルサビル英語版 Salsabil (GB) (1987年産、1,000ギニー、オークス、アイリッシュダービー)、ゴーフォーワンド Go for Wand (USA) (1987年産、アメリカ合衆国牝馬チャンピオン)、ディープインパクトなどを輩出している [4]牝系図参照)。

アルサイドは、フリーメーソンロッジ厩舎 (英語版ニューマーケット)のセシル・ボイド=ロックフォート英語版調教師 [† 4] に預けられた。

競走経歴編集

1957年: 2歳シーズン編集

遅生まれでもあったアルサイドは、父アリシドン同様仕上がりに時間を要した。デビューは11月のニューマーケット開催となり、6ハロンのバッケナムステークスで着外に敗れた。3週後、ニューベリーホリスヒルステークス英語版(7ハロン)に出走すると、10頭立て10番手からホームストレッチの直線で全馬を抜き去り、2着に 1 1/2 馬身差をつけて楽勝した。アルサイドは翌年のダービーの有力候補と見なされるようになった [2]

1958年: 3歳シーズン編集

アルサイドはスピードも豊富だったものの、4月30日の2,000ギニーは同厩舎のマイラー、ペルメル (英語版 Pall Mall (IRE) に預け、ダービーに集中することとなった [† 5] 。シーズン緒戦は4月26日のロイヤルステークス(クラシックトライアル)(サンダウン、10ハロン)で8対11(約1.727倍)の1番人気となったが、レスター・ピゴット騎乗のスノーキャット Snow Cat (GB) [† 6]短頭差の2着となった。10日後のチェスターヴェースチェスター、1マイル4ハロン66ヤード)は不向きなコースだったが [† 7] 、最終コーナーで先頭に立ち1着となった。続くリングフィールドダービートライアルリングフィールド英語版、1マイル3ハロン106ヤード)では素晴らしい走りを見せ、スノーキャット含む相手に12馬身の差をつけて大勝した [2] [9]

ダービーのアルサイドに多額の出走確定前投票が注ぎ込まれたのは驚くに当たらなかったが、リングフィールドの8日後、アルサイドは馬房で苦痛を訴えているのが発見された。背中のひどい腫れは肋骨の骨折で、何者かの殴打によるものと見られた。この不正な妨害行為によりダービー出走は取り止めとなり、*ハードリドン英語版が1着となった [2] 。3着に入線したナガミ Nagami (GB) [† 8] との比較は、アルサイドのダービー制覇についての仮説に信憑性を与えている。

アルサイドは休養を余儀なくされたが、怪我から回復すると8月のグレートヴォルティジュールステークス英語版ヨーク、1 1/2 マイル)に出走した。いつものように最後方を進み、最後の直線だけで2着に12馬身の差を付けて圧勝してみせた。圧倒的な1番人気となったセントレジャーでも最終コーナーを最後尾で周り、ゴール手前2.5ハロンで先頭に立つと [† 9] 、2着ノンナイサー None Nicer (GB) [† 10] に8馬身、3着ナガミに更に3/4馬身の差を付けて大勝した [2] [17] 。アルサイドがウイナーズエンクロージャに姿を現すと、喝采が響き渡った。主戦騎手を務めたハリー・カー [† 11] は回顧録 Queen's Jockey で「アルサイドは私が騎乗した最高の馬でした。しかし彼は、そして彼だけが、レースでいつ無気力を捨て去り本気で仕事に取り掛かるかを決めていました。」と述べている [2] 。アルサイドの払い戻し4対9(約1.444倍)は、1935年にバーラム Bahram (GB) が三冠を達成した際の4対11(約1.363倍)以来の低配当となった [17]

1959年: 4歳シーズン編集

アルサイドはアスコットゴールドカップを目標に翌年もレースを続行した [2] 。シーズン緒戦、4月のジョッキークラブカップ(ブリティッシュ・チャンピオンズ・ロングディスタンスカップ)(ニューマーケット、1 1/2 マイル)ではいつもの闘志が見られず、ヴァカルム Vacarme (FR) [† 12] に僅かに遅れ2着となったが、2戦目ケンプトン英語版のヴィクターワイルドステークス(1 1/2 マイル)では2着に20馬身差を付け圧勝した。勝ちタイムはコースレコードで、ケンプトン12ハロンの平均タイムを9秒近く下回っていた。次走ハーストパーク英語版のウィンストンチャーチルステークスもフレンチベージ French Beige (GB) [† 13] に2馬身差を付け楽勝した [2] [25] 。しかしアルサイドはまたもや不幸に見舞われた。ゴールドカップを2週後に控えたところで関節を痛めてしまい、出走は微妙な状況となった [2]

6月18日ゴールドカップへの出走にはこぎ着けたものの調整不足だった。アルサイドは良く走ったが、フランスから遠征した前年のロワイヤルオーク賞優勝馬*ワラビー [† 14] に短頭差で2着だった [2] 。6週後、2対1(3倍)の1番人気でキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに出走すると、最後尾から直線に入り、前年のゴールドカップ優勝馬でアイルランド調教の牝馬グラッドネス Gladness (GB) [† 15] (9対2(5.5倍))に2馬身差を付けて楽勝した [† 16] 。3着にフランスからの遠征馬バルボ Balbo (FR) [† 17] (33対1(34倍))、4着は秋にセントレジャーを勝つ3歳牝馬カンテロ英語版 Cantelo (GB) [† 18] (6対1(7倍))、前々年のドイチェスダービーオルシニドイツ語版 Orsini (GER) [† 19] が5着、ワラビーは11頭立ての10着だった [2] [31] [37]

アルサイドは、56,042ポンドを獲得し種牡馬へ引退した。2歳時のデビュー戦は着外だったが、残る11戦は8勝し短頭差での2着が3回だった [9]

競走成績編集

グループ制未導入

  • 1957年(2歳シーズン)2戦1勝
ホリスヒルステークス
  • 1958年(3歳シーズン)5戦4勝
チェスターヴェース、リングフィールドダービートライアル、グレートヴォルティジュールステークス、セントレジャー
2着: ロイヤルステークス
  • 1959年(4歳シーズン)5戦3勝
ヴィクターワイルドステークス、ウィンストンチャーチルステークス、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス
2着: ジョッキークラブカップ、ゴールドカップ

種牡馬経歴編集

アルサイドには気性難の産駒が多く、種牡馬としては競走成績から期待されたほどの結果は残さなかったが [2] 、初年度産駒オンシジュウム Oncidium (GB) はオーストラリアのリーディングサイアーとなり、多くの産駒がオーストララシアに種牡馬として輸出された [38] 。日本へ輸出された*リマンドオペックホース東京優駿)、アグネスレディー優駿牝馬)、テンモン(同)らを輩出したほか、メジロマックイーン(母の父*リマンド)を通じドリームジャーニーオルフェーヴル兄弟やゴールドシップに影響を与えている。

主な産駒編集

  • アルニカ Arnica (GB) - 鹿毛、1961年、A. プレシュ A. Plesch 産。母: ザチェイス The Chase (GB) (F-No.3-o)、母の父: ビッグゲーム (英語版 Big Game (GB) (バーラム系)。4勝、フィユドレール賞英語版 [39]
  • アッティラ Atilla (GB) - 栗毛、1961年産。母: フェストゥーン Festoon (GB) (F-No.1-w)、母の父: フェアトライアル Fair Traial (GB) (フェアウェイ系)。16戦6勝、バーデン大賞ジョッキークラブ大賞、ヴォークスゴールドタンカード、2着: ローマ賞、3着: コロネーションカップ。オーストラリアで種牡馬 [40] 。産駒:
  • ゲートキーパー Gate Keeper (GB) - 牡、栗毛、1961年産。母: ホーテンティア Hortentia (GB) (F-No.7)、母の父: プリシピテイション Precipitation (GB) (ハリーオン系)。8戦2勝。1978/79年シーズンニュージーランドリーディングサイアー [45] 。産駒:
  • オンシジュウム Oncidium (GB) - 牡、鹿毛、1961年、ハワード・ド・ウォルデン卿 Lord Howard De Walden 産。母: マルコルミア Malcolmia (GB) (F-No.16-b)、母の父: サヤニ Sayani (FR) (フェアウェイ系)。3~4歳時16戦5勝、コロネーションカップ、3着: キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス。1972/73年、1974/75年オーストラリアリーディングサイアー英語版、1987/88年ニュージーランドリーディングブルードメアサイアー [50] 。産駒:
  • パーシャンガーデン Persian Garden (GB) - 牡、鹿毛、1961年、ジャイルス・ローダー Giles Loder 産。母: パーシャンライラック Persian Lilac (IRE) (F-No.14-c)、母の父: パーシャンガルフ Persian Gulf (GB) (バーラム系)。7戦3勝。オーストラリア、ニュージーランドで種牡馬 [61] 。産駒:
    • クラシックミッション Classic Mission (NZ) - 牡、鹿毛、1968年産。母: アンジェレット Angelet (NZ) (F-No.2-c)。母の父: サビーン Sabaean (GB) (フェアウェイ系)。13戦9勝、オーストラリアンダービー、ヴィクトリアダービー、C.B.フィッシャープレート (英語版。オーストラリア種牡馬 [62]
  • アルカルド Alcalde (GB) - 牡、鹿毛、1962年産。母: サンドライ Sundry (GB) (F-No.21-a)、母の父: ネアルコ Nearco (ITY) (ファロス系)。21戦8勝、ジョッキークラブステークス英語版、2着: アイリッシュセントレジャー [63]
  • ニアサイド Nearside (GB) - 牡、鹿毛、1962年産。母: Neaera (FR) (F-No.16-h)、母の父: ネアルコ。2~3歳時12戦4勝、ロイヤルステークス。アルゼンチンブラジル種牡馬 [64]
  • アルシグライド Alciglide - 牡、芦毛、1963年産。母: シルケングライダー Silken Glider (GB) (F-No.5-h)、母の父: エアボーン Airborn (GB) (ハリーオン系)。30戦6勝、グラディアトゥール賞クイーンアレクサンドラステークス英語版西ドイツ種牡馬 [65]
  • アルフォンソ Alfonso (GB) - 牡、栗毛、1963年産。母: スイートソレラ英語版 Sweet Solera (GB) (F-No.11-f)、母の父: *ソロナウェー (フェアウェイ系)。6戦未入着。オーストラリア種牡馬 [66] 。母スイートソレラは1,000ギニー、オークスの優勝馬。
  • プリディカメント Predicament (GB) - 牝、鹿毛、1963年産。母: ディレンマ Dilemma (ITY) (F-No.1-l)、母の父: サヤジラオ英語版 Sayajirao (GB) (ネアルコ系)。3歳時10戦2勝、プリンセスロイヤルステークス(ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス)、2着: ヨークシャーオークスサンチャリオットステークスパークヒルステークス英語版 [67]
  • バンブーズル Bamboozle (GB) - 牝、鹿毛、1964年、エドガー・クーパー・ブランド Edgar Cooper Bland 産。母: クローデット Claudette(GB) (F-No.21-a)、母の父: シャントゥール英語版 Chanteur (FR) (ベンドア系シャトーブスコー分枝)。プリンセスロイヤルステークス、2着: コロネーションカップ [68]
  • アラインメント Alignment (GB) - 牡、鹿毛、1965年産。母: ブルーライン Blue Line (GB) (F-No.8-h)、母の父: ブルーピーター Blue Peter (GB) (フェアウェイ系)。2~4歳時17戦6勝、イボアハンデキャップ英語版2回。ウルグアイ種牡馬 [69]
  • ミロントン Mironton (GB) - 牡、黒鹿毛、1965年産。母: マーシャルエアー Martial Air (GB) (F-No.1-w)、母の父: コートマーシャル Court Martial (GB) (フェアトライアル系)。13戦4勝。オーストラリア種牡馬 [70]
  • *リマンド Remand (GB) - 牡、栗毛、1965年、J. J. アスター J. J. Astor 産。母: アドモニッシュ Admonish (IRE) (F-No.16)、母の父: パレスタイン Palestine (GB) (フェアトライアル系)。10戦6勝、ロイヤルロッジステークス英語版ソラリオステークスチェスターヴェースカンバーランドロッジステークス英語版、ウエストベリーステークス(ゴードンリチャーズステークス)。種牡馬 [71] 。(詳細はリマンド参照)。
  • スワローテール Swallow Tail (FR) - 牡、栗毛、1965年産。母: オーマイハニー Oh My Honey (GB) (F-No.31)、母の父: ハニーウェイ Honeyway (GB) (フェアウェイ系)。22戦7勝。オーストラリア種牡馬 [72]
  • カラーズフライング Colours Flying (GB) - 牡、鹿毛、1966年産。全兄: オンシジュウム(前出)。3戦入着。オーストラリア、ニュージーランド種牡馬 [73] 。産駒:
    • ブレチンキャッスル Brechin Castle (AUS) - 牝、鹿毛、1975年産。母: レディマニヒ Lady Manihi (AUS) (F-No.22-d)、母の父: マニヒ Manihi (AUS) (フェアウェイ系)。48戦19勝、ウェストオーストラリアンオークス (英語版、チャンピオンフィリーズステークス (英語版、C.B.コックスステークス (英語版(G2)、ヘレナヴェイルカップ(G3)、2着: ウェスタンメールクラシック(キングストンタウンクラシック)(G1)。産駒: パレスレイン Palace Reign (AUS) (コーフィールドギニー(G1)) [74]
  • アプルーヴァル Approval (GB) - 牡、栗毛、1967年、ニューゼルススタッド Newsells Stud 産。母: サクセス Success (GB) (F-No.1-l)、母の父: アークティックプリンス英語版 Arctic Prince (GB) (プリンスローズ系)。7戦2勝、オブザーヴァーゴールドカップ(レーシングポストトロフィー)、ダンテステークス。オーストラリア種牡馬 [75] 。産駒:
  • フラゴン Flagon (GB) - 牡、鹿毛、1967年産。母: ハーヴェストメロディ Harvest Melody (GB) (F-No.1-w)、母の父: テューダーミンストレル Tuder Minstrel (GB) (オーエンテューダー系)。2着: ジョッキークラブカップ。オーストラリア種牡馬 [77]
  • オルダニー Alderney (GB) - 牡、鹿毛、1968年産。母: ウインドミルガール Windmill Girl (GB) (F-No.20-c)、母の父: ホーンビーム Hornbeam (GB) (ハイペリオン系)、半兄: ブレイクニー (英語版 Blakeney (GB) (ダービー)、半弟: モーストン (英語版 Morston (GB) (同)。3歳時7戦1勝、マーチステークス英語版。オーストラリア種牡馬 [78]
  • アリッツォ Aritzo (GB) - 牡、鹿毛、1968年産。母: カローニア Caronia (GB) (F-No.3-n)、母の父: ペティション Petition (GB) (フェアトライアル系)。8戦未入着。ニュージーランド、オーストラリア種牡馬 [79] 。産駒:
    • アーウォン (英語版 Arwon (NZ) - 騸、鹿毛、1973年、R. C. デイヴィ R. C. Davey 産。母: フェアフラッシュ Fair Flash (NZ) (F-No.4-c)、母の父: リサージェント Resurgent (GB) (ベンドア系シャトーブスコー分枝)。2~8歳時67戦16勝、メルボルンカップ、ハーバートパワーハンデキャップ(ウイニングエッジステークス (英語版)、サンダウンカップ(G2)、2着: AJCメトロポリタンハンデキャップ、コーフィールドカップ、C. B. コックスステークス、パースカップ、3着: AJCクイーンエリザベスステークス、シドニーカップ [80]
  • アルディヴォニエ Aldivonie (GB) - 牡、鹿毛、1969年産。母: ナナヴァティ Nanavati (GB) (F-No.9-c)、母の父: ネアルコ。30戦14勝、アルノ賞 [81]
  • ノーアリモニー No Alimony (GB) - 牡、栗毛、1972年産。母: エターナルラヴ Eternal Love (GB) (F-No.13-e)、母の父: *ラティフィケイション Ratification (GB) (フェアトライアル系)。2~3歳時10戦4勝、クレイヴンステークスG3)、3着: オブザーヴァーゴールドカップ(G1)。オーストラリア種牡馬 [82]
  • シーアンカー Sea Anchor (IRE) - 牡、栗毛、1972年、アーチーズホールスタッド Arches Hall Stud 産。母: アンカー Anchor (GB) (F-No.11-d)、母の父: メジャーポーション Major Portion (GB) (フェアトライアル系)。13戦5勝、キングエドワード7世ステークスG2)、ドンカスターカップ(G3)、ヘンリー2世ステークス英語版(G3)、2着: グレートヴォルティジュールステークス(G2)、3着: コロネーションカップ(G1)。ニュージーランドで種牡馬 [83] 。産駒:
    • ロイヤルレガッタ Royal Regatta (NZ) - 牝、鹿毛、1979年、M. E. ウェッブ M. E. Webb 産。母: シェリーバーフォード Shelly Burford (NZ) (F-No.28)、母の父: パキスタン Pakistan (GB) (フェアトライアル系)。2~7歳時47戦8勝、オーストララシアンオークス(G1)、ウェイクフルステークス(G2)、サラウンドステークス (英語版(G3)、2着: ドンカスターハンデキャップ(G1)、サンゴーグニオハンデキャップ(ロバート・J・フランケルステークス (英語版)(G2)、ローズマウントワインズクラシック(クールモアクラシック)(G2)、3着: サンタバーバラハンデキャップ (英語版(G1)、ローズマウントワインズクラシック(G1) [84]
    • ビーチクラフト Beechcraft (NZ) - 牡、鹿毛、1980年、ロナルド・J・チティ、ロバーツホールディングス Ronald J Chitty Ltd & Roberts Holdings Ltd 産。母: スカイ Sky (NZ) (F-No.1-s)、母の父: クレストオブザウェイヴ Crest of the Wave (GB) (ドナテッロ系)。30戦8勝、コーフィールドギニー(G1)、カンタベリーギニー (英語版(G1)。ニュージーランド種牡馬 [85]
    • メジャードライヴ Major Drive (NZ) - 騸、栗毛、1981年、D. H. クラウト D. H. Clout 産。母: ゴールドデセプション Gold Deception (NZ) (F-No.2-g)、母の父: スカーリー Sucaryl (GB) (オリオール系)。シドニーカップ(G1)、チェアマンズハンデキャップ (英語版(G3) [86]
    • レッドアンカー (英語版 Red Anchor (NZ) - 牡、栗毛、1981年、P. セチル P. Setchell 産。母: デコイガール Decoy Girl (GB) (F-No.22-d)、母の父: デコイボーイ Decoy Boy (GB) (ザボス系)。2~3歳時14戦9勝、ヴィクトリアダービー(G1)、コックスプレート(G1)、コーフィールドギニー(G1)、シャンペンステークス(G1)、ムーニーヴァレーステークス(ビルスタットステークス (英語版)(G2)、QTCサイアーズプロデュースステークス(BRCサイアーズプロデュースステークス (英語版)(G2)、アポロステークス (英語版(G2)、2着: AJCサイアーズプロデュースステークス(G2)、パゴパゴクオリティハンディキャップ(パゴパゴステークス (英語版)(G2)、1984/85年オーストラリア年度代表馬。オーストラリア種牡馬、産駒: ネイヴィーシール Navy Seal (AUS) (エプソムハンデキャップ(G1)) [87]
    • ラウンドザワールド Round The World (NZ) - 牝、鹿毛、1983年、M. E. ウェッブ M. E. Webb 産。母: ラマスカレード La Mascarade (NZ) (F-No.28)、母の父: プリテンダー Pretendre (GB) (プリンスシュヴァリエ系)。5勝、クイーンズランドオークス(G1)、チェアマンズハンデキャップ(G3)、2着: オーストラリアンオークス(G1)、ブリスベンカップ (英語版(G1)、シドニーカップ(G1)、3着: ブリスベンカップ(G1) [88]
    • ウェストンリー Weston Lea (NZ) - 牡、黒鹿毛、1984年、E. N. ピーコック E. N. Peacocke 産。母: ブルリー Bruree (NZ) (F-No.2-o)、母の父: オールドソルジャー Old Soldier (GB) (ネヴァーセイダイ系)。2~3歳時8勝、ニュージーランド2000ギニー(G1)、アヴォンデールギニー(G2)、2着: グレートノーザンギニーズ(G2) [89]
    • サブマリナー Submariner (NZ) - 牡、黒鹿毛、1986年、ハウヌイブラッドストックパートナーシップ Haunui Bloodstock Partnership 産。母: ディープアンバー Deep Amber (AUS) (F-No.5-j)、母の父: *ディープダイバー(バーラム系)。4勝、ショーデイカップ(インヴィテーションステークス)(G1)。オーストラリア種牡馬 [90]
  • グレイバロン Grey Baron (GB) - 牡、芦毛、1973年産。母: クイサンシア Chysanthia (GB)(F-No.6-f)、母の父: バリーモス Ballymoss (GB) (モスボロー系)。2~4歳時25戦7勝、グッドウッドカップ(G3)、ジョッキークラブカップ(G3)、ヘンリー2世ステークス(G3)。オーストラリア種牡馬 [91]
  • ヴァルツ Waltz (GER) - 牡、鹿毛、1973年、レットゲン牧場 Gestüt Röttgen 産。母: ヴェルトヴンデア Weltwunder (GER) (F-No.4-o)、母の父: ヴァトー Watteau (ITY) (ネアルコ系*ニンバス分枝)。2~3歳時3勝、ウニオンレネン英語版(G2)、3着: ヘンケルレネン(メールミュルヘンスレネン英語版)(G2) [92]

母の父としての主な産駒編集

  • ニコリ Nikoli (IRE) - 牡、鹿毛、1977年産、マクグラストラスト McGrath Trust Co. 産。父: グレートネフュー Great Nephew (GB) (フェアウェイ系)、母: アリシヴァ Aliceva (IRE) (F-No.1-k)。2~3歳時5戦3勝、アイリッシュ2,000ギニー(G1)、マッケアンズトライアルステークス(G3)。種牡馬 [93]
  • ユクレインガール Ukraine Girl (IRE) - 牝、栗毛、1978年、アーデンオードスタッド Ardenode Stud 産。父: *ターゴワイス(プリンスローズ系)、母: パディズフレア Paddy's Flair (GB) (F-No.16-g)。2~3歳時10戦3勝、プール・デッセ・デ・プーリッシュ(G1)、オマール賞英語版(G3) [94]
  • ダラモナーク Dara Monarch (GB) - 牡、鹿毛、1979年、N. バイクロフト N. Bycroft 産。父: *リアルム(プリンスリーギフト系)、母: サーダラ Sardara (GB) (F-No.13-e)。2~3歳時12戦4勝、アイリッシュ2,000ギニー(G1)、セントジェームズパレスステークス(G2)、マッケアンズヴォクソールトライアルステークス(G3)、アングルシーステークス(G3)。1994年、1995年、2000年チェコリーディングサイアー、1995年、1999年チェコ2歳リーディングサイアー [95]

血統編集

血統表編集

アルサイド血統ドナテッロ系/Malva4×3=18.75% Gainsborough4×5=9.38% Swynford4×5=9.38%) (血統表の出典)

Alycidon (GB)
1945 栗毛
父の父
Donatello (FR)
1954 栗毛
Blenheim (GB) Blandford (IRE)
Malva (GB)
Delleana (ITY) Clarissimus (GB)
Duccia di Buoninsegna (IRE)
父の母
Aurora (GB)
1936 栗毛
Hyperion (GB) Gainsborough (GB)
Selene (GB)
Rose Red (GB) Swynford (GB)
Marchetta (GB)

Chenille (GB)
1940 黒鹿毛
King Salmon (GB)
1930 鹿毛
Salmon-Trout (GB) The Tetrarch (IRE)
Salamandra (GB)
Malva (GB) Charles Omalley (GB)
Wild Arum (GB)
母の母
Sweet Aloe (GB)
1935 鹿毛
Cameronian (GB) Pharos (GB)
Una Cameron (GB)
Aloe (GB) Son-in-Law (GB)
Alope (GB) F-No.2-f


牝系図編集

アロー系ファミリーライン概況 [† 20] ( Aloe (GB) 1926 → Sweet Aloe (GB) 1935 → Chenille (GB) 1940 )。

※ 馬名(生産国) 牝馬/牡馬 毛色 生年 父馬
太字: 特に主要な競走の優勝馬
Aloe (GB)  鹿毛 1926 Son-in-Law (GB) (F-No.2-f) ..... ナッソーステークス2着
│Feola (GB) 牝 黒鹿毛 1933 Friar Marcus (GB) ..... 1,000ギニー2着、オークス3着
││Foretaste (GB) 牝 鹿毛 1938 Umidwar (GB)
│││Windy Cliff (FR) 牝 黒鹿毛 1955 Hard Sauce (GB)
││││Serjanie (FR) 牝 鹿毛 1964 Seriphos (FR) ---→ Nononito (FR) 1991 など
││││*ラッサール Lassalle (FR) 牡 鹿毛 1969 *ボンモー Bon Mot (FR) ..... ゴールドCカドラン賞
││Starling (GB) 牝 黒鹿毛 1939 Noble Star (GB)
│││Sideral (ARG) 牡 鹿毛 1948 Seductor (ARG) ..... アルゼンチンリーディングサイアー3回
│││Siderea (ARG) 牝 鹿毛 1950 Seductor (ARG) ..... ポージャ・デ・ポトランカスセレクシオン大賞 ---→ Moonrush (ARG) 1963 など
│││Sagitaria (ARG) 牝 鹿毛 1951 Seductor (ARG) ..... サトゥルニノ・J・ウンセ大賞エリセオラミレス大賞
│││Constelacion (ARG) 牝 鹿毛 1954 Seductor (ARG) ---→ Salt Champ (ARG) 2000 、Helisangela (BRZ) 2002 など
││Knight's Daughter (GB) 牝 鹿毛 1941 Sir Cosmo (IRE)
│││Cub Hunt (GB) 牝 鹿毛 1945 Foxhunter (GB) ---→ John's Call (USA) 1991 など
│││Yarmouth (USA) 牝 鹿毛 1952 Watling Street (GB) ---→ Bemissed (USA) 1980 、Jet Ski Lady (USA) 1988 など
│││Round Table (USA)  鹿毛 1954 Princequillo (IRE) ..... アメリカ合衆国年度代表馬、北米リーディングサイアー
│││Monarchy (USA) 牝 鹿毛 1957 Princequillo (IRE)
│││ ---→ Preach (USA) 1989 、Minardi (GB) 1998 、*ヨハネスブルグ Johannesburg (USA) 1999 、Toylsome (GB) 1999 、
│││      Leading Light (GB) 2010 など
││Hypericum (GB) 牝 鹿毛 1943 Hyperion (GB) ..... 1,000ギニー、デューハーストS
│││Prescription (FR) 牝 鹿毛 1949 Epigram (GB)
│││ ---→ Nisapur (CHI) 1960 、Naguilan (CHI) 1963 、Serjanie (CHI) 1964 、Nassau (CHI) 1965 、Naspur (CHI) 1967 、
│││      Manon Lescaut (CHI) 1984 、Campo Marzio (CHI) 1988 、Numeracion (CHI) 1989 、Perhaps Love (CHI) 1990 、
│││      Rue Cambon (CHI) 1992 、Crystal House (CHI) 1996 、Deborah (CHI) 1996 、Printemps (CHI) 1997 、
│││      Senora Claudia (CHI) 1998 、Crystal Clear (CHI) 1999 、Noche Linda (CHI) 2001 、Candy Doll (CHI) 2004 、
│││      Cocoa Beach (CHI) 2004 、Maldivas (ARG) 2007 、Porque (CHI) 2007 など
│││Belladonna (GB) 牝 鹿毛 1952 Donatello (FR) ---→ Fabulous Dancer (USA) 1976 など
││││*ベンマーシャル Ben Marshall (GB) 牡 鹿毛 1962 Botticelli (ITY) ..... 共和国大統領賞
│││Highlight (GB) 牝 鹿毛 1958 Borealis (GB)
││││Highclere (GB) 牝 鹿毛 1971 Queen's Hussar (GB) ..... 1,000ギニー、ディアヌ賞
││││ ---→ Nashwan (USA) 1986 、Nayef (USA) 1998 、ディープインパクト 2002 、Ask (GB) 2003 、Lahudood (USA) 2003 、
││││      My Kingdom of Fife (GB) 2005 、Ghanaati (USA) 2006 など
││││Light Duty (GB) 牝 鹿毛 1972 Queen's Hussar (GB) ---→ Fly to the Stars (GB) 1994 、Fallen For You (GB) 2009 など
││││Christchurch (FR) 牝 黒鹿毛 1973 *ソーブレスド So Blessed (GB) ---→ Right Approach (GB) 1999 など
││Angelola (GB) 牝 鹿毛 1945 Donatello (FR) ..... ヨークシャーオークス、オークス2着
│││Aureole (GB) 牡 栗毛 1950 Hyperion (GB) ..... コロネーションCキングジョージ6世&クイーンエリザベスSリーディングサイアー
││Above Board (GB) 牝 鹿毛 1947 Straight Deal (GB) ..... ヨークシャーオークス、
│││Doutelle (GB) 牡 栗毛 1954 Prince Chevalier (FR)
│││Above Suspicion (GB) 牡 鹿毛 1956 Court Martial (GB) ..... セントジェームスパレスS
│││Arbitrate (FR) 牝 栗毛 1959 Arbar (FR) ---→ Pebbles (GB) 1981 など
│Sweet Aloe (GB) 牝 鹿毛 1935 Cameronian (GB)
││Chenille (GB) 牝 黒鹿毛 1940 King Salmon (IRE) (未出走、アルサイド母)
│││Lightning (GB) 牝 鹿毛 1950 Hyperion (GB)
││││*パーシア Parthia (GB) 牡 鹿毛 1956 Persian Gulf (GB) ..... ダービー
││││*モニター Monitor (GB) 牡 鹿毛 1961 Worden (FR)
││││Electric Flash (GB) 牝 鹿毛 1962 Crepello (GB)
│││││Welsh Flame (GB) 牝 鹿毛 1973 Welsh Pageant (FR)
││││││Fruition (IRE) 牝 鹿毛 1978 *ラインゴールド Rheingold (IRE)
│││││││Northern Spur (IRE) 牡 鹿毛 1991 Sadler's Wells (USA) ..... ブリーダーズC・ターフオークツリー招待S
│││││││Tamarino (IRE) 牝 黒鹿毛 1995 Caerleon (USA)
││││││││Danalaga (AUS) 牝 鹿毛 2000 Danehill (USA)
│││││││││More Than Sacred (AUS) 牝 鹿毛 2009 More Than Ready (USA) ..... ニュージーランドオークス
││││││Flame of Tara (IRE) 牝 鹿毛 1980 *アーテイアス Artaius (USA)
│││││││Salsabil (IRE) 牝 鹿毛 1987 Sadler's Wells (USA) ..... 1,000ギニー、オークス、アイリッシュダービー
│││││││Marju (IRE) 牡 1988 *ラストタイクーン Last Tycoon (IRE) ..... セントジェームズパレスS
││││││Welsh Love (IRE) 牝 1986 Ela-Mana-Mou (GB)
│││││││Second Empire (IRE) 牡 鹿毛 1995 Fairy King (USA) ..... グランクリテリウム
│││Thunder (GB) 牝 鹿毛 黒鹿毛 1952 Hyperion (GB)
││││Immortelle (GB) 牝 栗毛 1960 Never Say Die (USA)
│││││Irene Louise (GB) 牝 鹿毛 1966 Match (FR)
││││││Krafty Kate (GB) 牝 鹿毛 1971 Klairon (FR)
│││││││Pas de Calais (GB) 牝 鹿毛 1985 *パドスール Pas de Seul (GB)
││││││││My Best Valentine (GB) 牡 鹿毛 1990 *トライマイベスト Try My Best (USA) ..... アベイ・ド・ロンシャン賞
││││*ライオンハーテッド Lionhearted (GB) 牡 鹿毛 1961 Never Say Die (USA) ..... アイリッシュセントレジャー2着
│││Alcide (GB) 牡 鹿毛 1955 Alycidon (GB) ..... セントレジャー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS
│││*パラデイシア Paradisea (GB) 牝 鹿毛 1957 Aureole (GB)
││││メジロサンマン 牡 鹿毛 1963 Charlottesville (GB)
│Aroma (GB) 牝 鹿毛 1938 Fairway (GB)
││Persian Maid (GB) 牝 鹿毛 1947 Tehran (IRE)
│││Mixed Marriage (GB) 牝 鹿毛 1952 Tudor Minstrel (IRE)
││││*エタン Atan (USA) 牡 栗毛 1961 Native Dancer (USA)
││││Tamerett (USA) 牝、黒鹿毛 1962 Tim Tam (USA)
││││ ---→ Tentam (USA) 1969 、Known Fact (USA) 1977 、Gone West (USA) 1984 、Tappiano (USA) 1984 、
││││      Lady Joanne (USA) 2004 、Shackleford (USA) 2008 など
│││Book of Verse (USA) 牝 鹿毛 1956 One Count (USA)
││││Obeah (USA) 牝 鹿毛 1965 ..... デラウェアH2回、フィレンツェH ---→ Go for Wand (USA) 1987 など
│Malo (GB) 牝 鹿毛 1941 Mieuxce (FR) ---→ ヒロキミ 1959 (菊花賞)など

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ Mortimer 1978 p.9Barrett 1995 p.128Barrett 1995 p.131Oakley 2012など。
  2. ^ ボレアリス Borealis (GB) (テディ系)の仔を受胎状態での購買 [2] 。産駒はトラフォード準男爵の持ち馬としてパピリオ Papilio (GB) と名付けられ、グッドウッドステークスに勝利した [2]
  3. ^ 出典の Thoroughbred Heritage [3] ではフォックスロー産駒のゴールドカップ優勝馬フォックスハンター Foxhunter (GB) の全妹(全きょうだい)とするが訂正。Bloodlines.net [4] など。
  4. ^ クラシックを13勝、リーディングトレーナーを5度獲得し、1943年から引退する1968年まで王室調教師(Royal trainer)を務めた。ヘンリー・セシル調教師は継子に当たる [5]
  5. ^ 2,000ギニーは陣営の目論見どおりペルメル(エリザベス女王生産、所有)が勝利する。
  6. ^ Snow Cat (GB) - 栗毛、1955年、ナショナルスタッド National Stud 産。父: アークティックプリンス英語版 Arctic Prince (GB) (プリンスローズ系)、母: キャラシ Calash (GB) (F-No.3-o)、母の父: ハイペリオン Hyperion (GB) (ゲインズバラ系)。3歳時6戦3勝、ロイヤルステークス(クラシックトライアル)、ルースメモリアルステークス英語版アルゼンチン種牡馬 [6]
  7. ^ イギリス最古、美しい景観で知られるチェスター競馬場は1周約1マイル、ホームストレッチの直線は239ヤード(約219メートル)しかない [7] 。左回り、1コーナーをかなめとした扇をやや閉じたような形状で、騎手は絶えずコーナリングを行っているかのような対応を求められる [8]
  8. ^ Nagami (GB) - 牡、栗毛、1955年、D. E. ヘリー=ハッチンソン D. E. Hely-Hutchinson 産。父: *ニンバスネアルコ系)、母: ジェニファー Jennifer (GB) (F-No.22-a)、母の父: ハイペリオン。2~4歳時14戦4勝、コロネーションカップジョッキークラブ大賞、プランタン大賞(ジャンドショードネイ賞)。秋にアルサイドが勝利したセントレジャーでも3着となり、このシーズンのクラシック三冠を全て3着した。イタリアで種牡馬 [10] [11]
  9. ^ セントレジャーが行われるドンカスター競馬場周回コースのゴール前直線は約5ハロン [12]
  10. ^ None Nicer (GB) - 鹿毛、1955年、L. ホリデー L. Holliday 産。父: ネアルコ Nearco (ITY) (ファロス系)、母: フェーズ Phase (GB) (F-No.21-a)、母の父: ウィンザーラッド英語版 Windsor Lad (GB) (ブランドフォード系)、全姉: ニーシャムベル Neasham Belle (GB) (オークス)、全兄: ナレーター Narrator (GB) (チャンピオンステークスコロネーションカップ)。2~3歳時9戦4勝、ヨークシャーオークスリブルスデールステークス英語版リングフィールドオークストライアル英語版、2着: セントレジャー、3着: チェヴァリーパークステークス [13] [14] 。産駒: オールヘイル All Hail (GB) (牝、鹿毛、1964年、L. ホリデー産。父: アルサイド、4歳時3戦2勝。ミステリブル Miss Terrible (ARG) (G1競走7連勝)の4代母) [15] [16]
  11. ^ ウィリアム・ヘンリー・“ハリー”・カー(Willeam Henry "Harry" Carr、1916年~1985年) - 1947年からダグ・スミス英語版の後任として王室騎手(Royal jocky)を務めた。主な騎乗馬にアルサイドのほか、メルド Meld (GB) (1952年産、牝馬クラシック三冠)、オリオール Aureole (GB) 、*パーシア英語版ヘザーセット英語版 Hethersett GB (1959年産、セントレジャー)など [18] [19] 。カーは、1962年の「カオスのような」ダービーでもヘザーヘットに騎乗していた。1番人気に支持されたヘザーセットは、「エプソムというよりエイントリー」と報じられた7頭の落馬事故に巻き込まれて競走中止、6頭の空馬がスタンド前を通過する光景(1頭は故障発生)に観客は呆然と静まり返った [20] 。この落馬でカーは肩を骨折し2ヶ月以上休養する重傷を負った [21] 。なお、落馬した1頭で多重事故のきっかけとなったと見られる*ロムルス [20]2,000ギニー2着、後にムーラン・ド・ロンシャン賞サセックスステークス)、勝利を収めた*ラークスパー英語版は、日本へ種牡馬として輸入されている。
  12. ^ Vacarme (FR) - 牡、栗毛、1954年産。父: ヴァンダル Vandale (FR) (サンインロー系)、母: ハジビビ Hajibibi (FR) (F-No.5-i)、母の父: パーニーパット Panipat (FR) (ファロス系)。19戦7勝、ジャンプラ賞、ジョッキークラブカップ(ブリティッシュ・チャンピオンズ・ロングディスタンスカップ)、パラダイスステークス(サガロステークス英語版)、2着: ドーヴィル大賞典英語版、コンセイユミュニシパル賞(コンセイユドパリ賞英語版[22]
  13. ^ French Beige (GB) - 牡、鹿毛、1953年産。父: ボワルセル Bois Roussel (FR) (セントサイモン系)、母: ニヴェア Nivea (GB) (F-No.1-b)、母の父: ネアルコ。33戦12勝、ドンカスターカップ、ジョッキークラブカップ、ゴールドヴェース(クイーンズヴェース)、2着: ジョッキークラブカップ、グッドウッドカップ、ウィンストンチャーチルステークス、3着: セントレジャー、ゴールドカップ。イギリス、デンマーク種牡馬 [23] [24]
  14. ^ Wallaby (FR) - 牡、鹿毛、1955年、G. ド・ワルデナー男爵 Baron G. de Waldner 産。父: ファストフォックス Fast Fox (FR) (ファロス系)、母: ワギングテール Wagging Tail (FR) (F-No.3-i)、母の父: トウルビヨン Tourbillon (FR) (ウッドペッカー系)。3~4歳時18戦6勝、ゴールドカップ、ロワイヤルオーク賞ジャンプラ賞、2着: カドラン賞 [26]フランス日本で種牡馬、産駒メジロムサシ天皇賞(春)宝塚記念目黒記念(春)函館記念)、コンチネンタル(目黒記念(春)、ステイヤーズステークス日本経済新春杯京都記念(春)、2着: 有馬記念)、パッシングミドリ(エリモジョージの母)、カチナロン(カツアールの母)。
  15. ^ Gladness (GB) - 、鹿毛、1953年、S. マクグレガー、T. ヴェン S. McGregor & T. Venn 産。父: サヤジラオ英語版 Sayajirao (GB) (ネアルコ系)、母: ブライトレディ Bright Lady (GB) (F-No.7-a)、母の父: エイプリルザフィフス April the Fifth (GB) (サンドリッジ系)。2~6歳時12戦8勝。前年(1958年)のゴールドカップ(2着ホーンビーム Hornbeam (GB) )、グッドウッドカップ及びイボアハンデキャップ英語版(トップハンデ9ストーン7ポンド(60.2kg)を負担し6馬身差)に勝利していた [27] [28] 。産駒: メリーメイト Merry Mate (GB) (牝、鹿毛、1963年産。父: バリーモス Ballymoss (GB) (モスボロー系)。3歳時3戦1勝、アイリッシュオークスウーヴェルドーズ Overdose (GB) の4代母) [29] [30]カラ競馬場グラッドネスステークス英語版は本馬にちなむ。
  16. ^ 勝ちタイムの2分31秒39はコースレコードとヘラルド紙が報じている [31]
  17. ^ Balbo (FR) - 牡、栗毛、1954年、M. ドゥラプラス M. Delaplace 産。父: アップルパイ Apple Pie (FR) (ハリーオン系)、母: ブルーボトル Blue Bottle (FR) (F-No.1-l)、母の父: ブルームーン Blue Moon (FR) (フロリゼル系)。ジャック・ル・マロワ賞ユージンアダム賞英語版ポルトマイヨ賞英語版。前々年(1957年)の凱旋門賞でも3着していた。オランダで種牡馬 [32] [33]
  18. ^ Cantelo (GB) - 牝、鹿毛、1956年、W. ヒル W.Hill 産。父: シャントゥール英語版 Chanteur (FR) (ベンドア系シャトーブスコー分枝)、母: ラスティックブリッジ Rustic Bridge (GB) (F-No.1-m)、母の父: ボワルセル(セントサイモン系)。2~3歳時11戦8賞、セントレジャー、ロイヤルロッジステークス英語版、リブルスデールステークス、チェシャーオークス英語版。1番人気で迎えたオークスはプチトエトワールの2着、セントレジャーでは*パーシア、*フィダルゴアイリッシュダービー)らを降した [34] [35]
  19. ^ Orsini (GER) - 牡、黒鹿毛、1954年、エアレンホフ牧場 Gestüt Erlenhof 産。父: ティチノドイツ語版 Ticino (GER) (アイソノミー系)、母: オラニエン Oranien (GER) (F-No.14-f)、母の父: ヌヴォラーリ Nuvolari (GER) (ダークロナルド系)。ドイツ、ベルギー、ノルウェー、フランスアメリカ合衆国イギリス、スウェーデンで2~5歳時27戦13勝、ドイチェスダービー、ヘンケルレネン(メールミュルヘンスレネン英語版)、ツークンフツレネン英語版、ゲルゼンキルヒェン大賞、オステンド国際大賞(プランスロゼ大賞)、オスロカップ、ストックホルムカップ英語版、2着: ムーラン・ド・ロンシャン賞、ウニオンレネン英語版、3着: バーデン大賞。ドイツリーディングサイアー4回(1966年、1969年、1971年、1974年) [36]
  20. ^ 主に Bloodlines.net [4] による。

出典編集

  1. ^ Ahnert 1970.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Mortimer 1978 pp9-10.
  3. ^ a b Donovan” (英語). Portraits. Thoroughbred Heritage. 2014年8月16日閲覧。
  4. ^ a b c Thoroughbred Bloodlines - Hyacinthus Mare - Family 2-f” (英語). Family Numbers. Bloodlines.net. 2014年8月16日閲覧。
  5. ^ Person Profile : Sir Cecil Boyd-Rochfort” (英語). Horseracing History Online: image archive and database of horses, jockeys, owners, horse racing information. The National Horseracing Museum. 2014年8月16日閲覧。
  6. ^ Snow Cat Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  7. ^ Top tracks: Chester” (英語). The course. BBC. 2014年8月16日閲覧。
  8. ^ Chester” (英語). Course Guides. Sporting Life (英語版. 2014年8月16日閲覧。
  9. ^ a b Oakley 2012.
  10. ^ Mortimer 1978 p.407.
  11. ^ Nagami Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  12. ^ イギリスの競馬場”. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2014年8月16日閲覧。
  13. ^ Mortimer 1978 pp.407,411,421.
  14. ^ None Nicer Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  15. ^ Miss Terrible Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  16. ^ Thoroughbred Bloodlines - Wagtail - Family 21-a” (英語). Family Numbers. Bloodlines.net. 2014年8月16日閲覧。
  17. ^ a b “EASY ST LEGER WIN FOR ALCIDE” (英語). The Glasgow Herald. (1958年9月15日). http://news.google.com/newspapers?nid=2507&dat=19580915&id=LTY1AAAAIBAJ&sjid=MqYLAAAAIBAJ&pg=6053,1620244 2014年8月16日閲覧。 
  18. ^ Mortimer 1978 pp107-109.
  19. ^ “Jockey Greats” (英語). The Glasgow Herald. (1985年10月21日). http://news.google.com/newspapers?nid=2507&dat=19851021&id=xcJAAAAAIBAJ&sjid=36UMAAAAIBAJ&pg=5695,5231722 2014年8月16日閲覧。 
  20. ^ a b Barrett 1995 p.138
  21. ^ Mortimer 1978 pp107-109.
  22. ^ Vacarme Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  23. ^ Mortimer 1978 p.223.
  24. ^ French Beige Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  25. ^ Alcide - horses master data” (英語). Galopp Sieger. 2014年8月16日閲覧。
  26. ^ Wallaby Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  27. ^ Mortimer 1978 p.238.
  28. ^ Gladness Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  29. ^ Merry Mate Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  30. ^ Thoroughbred Bloodlines - Vicissitude - Family 7-a” (英語). Family Numbers. Bloodlines.net. 2014年8月16日閲覧。
  31. ^ a b “ALCIDE LAST SUCCES - Field Well Beaten” (英語). The Glasgow Herald. (1959年7月20日). http://news.google.com/newspapers?nid=2507&dat=19590720&id=THFAAAAAIBAJ&sjid=qpsMAAAAIBAJ&pg=3159,2593915 2014年8月16日閲覧。 
  32. ^ Balbo Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  33. ^ Balbo - horses master data” (英語). Galopp Sieger. 2014年8月16日閲覧。
  34. ^ Mortimer 1978 p104.
  35. ^ Cantelo Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  36. ^ Orsini Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  37. ^ Barrett 1995 p.131.
  38. ^ Wicks 1973.
  39. ^ Arnica Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  40. ^ Atilla Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  41. ^ Altai Khan Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  42. ^ In Pursuit Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  43. ^ Out of Danger Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  44. ^ St Jude Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  45. ^ Gatekeeper Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  46. ^ Show Gate Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  47. ^ Show Gate - Racing Hall of Fame” (英語). Horses. Racing Hall of Fame. 2014年8月16日閲覧。
  48. ^ The fantasy Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  49. ^ The Twinkle Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  50. ^ Oncidium Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  51. ^ Oncidon Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  52. ^ Sanderae Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  53. ^ Young Ida Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  54. ^ Dayana Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  55. ^ Gold Brick Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  56. ^ Grand Cidium Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  57. ^ Leilani Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  58. ^ Bottled Sunshine Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  59. ^ Taras Bulba Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  60. ^ Prince of All Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  61. ^ Persian Garden Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  62. ^ Classic Mission Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  63. ^ Alcalde Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  64. ^ Nearside Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  65. ^ Alciglide Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  66. ^ Alfonso Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  67. ^ Predicament Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  68. ^ Bamboozle Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  69. ^ Alignment Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  70. ^ Mironton Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  71. ^ Remand Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  72. ^ Swallowtail Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  73. ^ Colours Flying Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  74. ^ Brechin Castle Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  75. ^ Approval Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  76. ^ Salamander Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  77. ^ Flagon Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  78. ^ Alderney Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  79. ^ Aritzo Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  80. ^ Arwon Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  81. ^ Aldivonie Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  82. ^ No Alimony Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  83. ^ Sea Anchor Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  84. ^ Royal Regatta Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  85. ^ Beechcraft Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  86. ^ Major Drive Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  87. ^ Red Anchor Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  88. ^ Round The World Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  89. ^ Weston Lea Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  90. ^ Submariner Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  91. ^ Grey Baron Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  92. ^ Waltz Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  93. ^ Nikoli Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  94. ^ Ukraine Girl Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。
  95. ^ Dara Monarch Horse Pedigree” (英語). pedigreequery.com. 2014年8月16日閲覧。

参考文献編集

  • Ahnert, Rainer L., ed (1970). Thoroughbred Breeding of the World. Dorheim, West Germany: Podzun-Verlag. ASIN B000HKK2JC. 
  • Wicks, B.M. (1973). The Australian Racehorse : An introduction to breeding. Canberra, Australia: Libra Books. ISBN 0-909619-00-X. 
  • Mortimer, Roger; Onslow, Richard; Willett, Peter (1978). Biographical Encyclopedia of British Flat Racing. London, UK: Macdonald and Jane's. ISBN 0-354-08536-0. 
  • Barrett, Norman, ed (1995). The Daily Telegraph Chronicle of Horse Racing. London, UK: Guinness Publishing. ISBN 0-85112-649-9. 
  • Oakley, Robin (2012). Britain and Ireland's Top 100 Racehorses of All Time. London, UK: Corinthian Books. ISBN 978-1906850425.