メインメニューを開く

アルジェ地下鉄アラビア語: مترو الجزائر العاصمة‎)はアルジェリアの首都アルジェ市の地下鉄である。

アルジェ地下鉄
タフラ=グランデ・ポステ駅にて撮影。
タフラ=グランデ・ポステ駅にて撮影。
基本情報
アルジェリアの旗 アルジェリア
所在地 アルジェ
種類 地下鉄
開業 2011年11月11日
(7年前) (2011-11-11
運営者 EMA
詳細情報
総延長距離 9.2 km
路線数 1路線
駅数 19
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流750V第三軌条方式
最高速度 km/h
路線図
路線図
2018年時点の路線図。
テンプレートを表示

沿革編集

構想および計画段階編集

1928年に、フランス植民地政府が、アルジェでの地下鉄構想を発表している[1]。アルジェリア独立達成後の1970年代より、アルジェリアの首都アルジェの地下鉄が、本格的に構想されることとなる。1982年より、公式に建設計画が立てられた。1980年代の原油価格下落より、財政面の問題があり、計画段階で停滞することとなる。

建設工事編集

1988年、アルジェリア政府が、二つの国有企業の建設契約を認可する。工事は始まるものの、中断も余儀なくされ、四つの駅の区間を掘り進むのに15年かかってしまう。アルジェの地盤を掘ることについて、比較的困難というのが一つの理由である。2003年より、本格的工事が行われる。ドイツシーメンス社やスペインCAF社の技術協力がなされる。2008年に、営業開始予定が設定されていたが、延期される。

営業開始編集

2011年10月31日に、開通式が行われる[2][3]。翌日11月1日より、営業運転が開始される[2]。なお、軌間は1435mmであり、最高速度は時速72kmである[1]

なお、YouTubeに、アルジェ地下鉄関連の動画が、いくつかアップロードされている[4][5]

路線編集

 
将来の延伸部分も加えた路線図。

2011年11月1日営業開始時より、1号線が、タフラ=グランデ・ポステ駅ハイ・エル・バドル駅を結ぶ9.2kmで、営業している。10駅がある。 合計3路線が計画されている[1]。営業開始した1号線の延長が、2012年に実現する予定である。2号線の建設がすでに始まっている。2020年には、40kmの地下鉄網が完成される見込みとされている[1]

1号線編集

 
1号線の路線ロゴマーク。

駅名は、アルジェ地下鉄公式サイトのフランス語表記に従う[6]

      フランス語表記
    ラルビベン=ムミッジ駅
    タフラ=グランデ・ポステ駅 Tafourah - Grande Poste
    ケリーファ・ボーッカルファ駅 Khelifa Boukhalfa
    5月1日 1er Mai
    アイサット・イディル Aïssat Idir
    ハンマ Hamma
    ジャルダン・デセ Jardin d'essai
    レ・フュズィエー Les Fusillés
    シテ・アミルシュ Cité Amirouche
    海と太陽の街 Cité Mer et Soleil
    ハイ・エル・バドル駅 Haï El Badr


脚注編集

外部リンク編集