アルジャメイン・スターリング

アルジャメイン・スターリングAljamain Sterling1989年7月31日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家ニューヨーク州ユニオンデール出身。セラ・ロンゴ・ファイトチーム所属。現UFC世界バンタム級王者。UFCパウンド・フォー・パウンド・ランキング7位

アルジャメイン・スターリング
Alijamain Sterling at UFC 228.jpg
UFC 228の試合後 (2018年)
本名アルジャメイン・アントワン・スターリング
(Aljamain Antoine Sterling)
生年月日 (1989-07-31) 1989年7月31日(33歳)[1]
出身地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ナッソー郡ユニオンデール[1]
通称ファンク・マスター (Funk Master)
アルジョ
(Aljo)
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長170 cm (5 ft 7 in)
体重61 kg (134 lb)
階級フェザー級
バンタム級
リーチ180 cm (71 in)
チームセラ・ロンゴ・ファイトチーム
ランクブラジリアン柔術 (黒帯)
レスリングNCAAディビジョン3 (オールアメリカン)
現役期間2010年 -
総合格闘技記録
試合数25
勝利22
ノックアウト3
タップアウト8
判定10
失格1
敗戦3
ノックアウト1
判定2
アマチュア総合格闘技記録
試合数7
勝利6
敗戦1
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG

来歴編集

ニューヨーク州ナッソー郡のユニオンデールでジャマイカ人の両親との間に生まれ、12人以上の兄弟と育つ。兄弟の中には荒れた生活を送っていた兄弟もおり、そのようにならないために高校時代からレスリングを始める。モリスビル州立大学に入学後もレスリングを続け、そこで後のUFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズに出会い総合格闘技に興味を持つ。ニューヨーク州立大学コートランド校に編入後はNCAAディビジョン3でオールアメリカンに2度選出された。大学卒業後の2011年にプロ総合格闘技デビュー[1]

UFC編集

2014年2月22日、UFC初参戦となったUFC 170でコーディ・ギブソンと対戦し、3-0の判定勝ち[2]

2015年4月18日、UFC on FOX 15でバンタム級ランキング6位の水垣偉弥と対戦し、ボトムポジションから肩固めを極めて3R一本勝ち[3]

2015年12月10日、UFC Fight Night: Namajunas vs. VanZantでバンタム級ランキング10位のジョニー・エドゥアルドと対戦し、ギロチンチョークで2R一本勝ち[4]

2016年5月29日、UFC Fight Night: Almeida vs. Garbrandtでバンタム級ランキング8位のブライアン・キャラウェイと対戦し、1-2の判定負け。キャリア初黒星を喫した[5]

2017年1月28日、UFC on FOX 23でバンタム級ランキング4位のハファエル・アスンソンと対戦し、1-2の判定負け[6]

2017年12月9日、UFC Fight Night: Swanson vs. Ortegaでバンタム級ランキング7位のマルロン・モラエスと対戦し、タックルを仕掛けようとした際にカウンターの左膝蹴りで1RKO負け[7]

2018年4月21日、UFC Fight Night: Barboza vs. Leeでバンタム級ランキング14位のブレット・ジョーンズと対戦し、3-0の判定勝ち[8]

2018年9月8日、UFC 228でバンタム級ランキング10位のコーディー・スタマンと対戦し、2Rにバックからの膝十字固めで一本勝ち[9]

2019年2月17日、UFC on ESPN: Ngannou vs. Velasquezでバンタム級ランキング5位のジミー・リベラと対戦し、3-0の判定勝ち[10]

2019年6月8日、UFC 238でバンタム級ランキング4位のペドロ・ムニョスと対戦し、3-0の判定勝ち[11]

2020年6月6日、約1年ぶりの復帰戦となったUFC 250でバンタム級ランキング4位のコーリー・サンドヘイゲンと対戦し、試合序盤にバックを奪いリアネイキドチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[12]

UFC世界王座獲得編集

2021年3月6日、UFC 259のUFC世界バンタム級タイトルマッチで王者ピョートル・ヤンに挑戦。4Rにヤンが膝をついた状態のスターリングの頭部に膝蹴りを放ち、スターリングはダメージから回復できず、ヤンの膝蹴りが故意に放った反則と判断されたため、失格によりスターリングが勝利を収め王座獲得に成功した。UFCで失格により王座が移動した初めてのケースとなった[13]

2021年4月、レスリング時代からの古傷であった首の手術を受けた。

2022年4月9日、1年1カ月ぶりの復帰戦となったUFC 273のUFC世界バンタム級王座統一戦で暫定王者ピョートル・ヤンと再戦。2Rと3Rにテイクダウンを奪い、終始バックのポジションを維持しつつ積極的にチョークを狙い続け、4Rと5Rにスタンドの攻防で巻き返されたものの逃げ切って2-1(48-47、47-48、48-47)の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功した[14]

2022年10月22日、UFC 280のUFC世界バンタム級タイトルマッチでバンタム級ランキング2位の元UFC世界バンタム級王者TJ・ディラショーと対戦。グラウンドの攻防で終始圧倒し、2RにパウンドでTKO勝ち。2度目の王座防衛に成功した[15]

人物・エピソード編集

  • ニックネームの「ファンク・マスター」(Funk Master)は、レスリング時代のスターリングの型破りなファイトスタイルから命名された[16]
  • 2015年5月24日、ラスベガスで開かれたパーティーに出席した際、自身の彼女がフロイド・メイウェザー・ジュニアにナンパされ、一触即発の事態となった。激怒したスターリングは「いざとなったらメイウェザーをテイクダウンからチョークで絞め落とすつもりだった」と語っている[17]
  • ニューヨーク州ナッソー郡はスターリングの功績を記念して、5月23日を「アルジャメイン・スターリングの日」に制定した[18]

戦績編集

プロ総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 3 8 10 1 0 0
3 1 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
TJ・ディラショー 2R 3:44 TKO(パウンド) UFC 280: Oliveira vs. Makhachev
【UFC世界バンタム級タイトルマッチ】
2022年10月22日
ピョートル・ヤン 5分5R終了 判定2-1 UFC 273: Volkanovski vs. The Korean Zombie
【UFC世界バンタム級王座統一戦】
2022年4月9日
ピョートル・ヤン 4R 4:29 失格(反則の膝蹴り) UFC 259: Błachowicz vs. Adesanya
【UFC世界バンタム級タイトルマッチ】
2021年3月6日
コーリー・サンドヘイゲン 1R 1:28 リアネイキドチョーク UFC 250: Nunes vs. Spencer 2020年6月6日
ペドロ・ムニョス 5分3R終了 判定3-0 UFC 238: Cejudo vs. Moraes 2019年6月8日
ジミー・リベラ 5分3R終了 判定3-0 UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez 2019年2月17日
コーディー・スタマン 2R 3:42 膝十字固め UFC 228: Woodley vs. Till 2018年9月8日
ブレット・ジョーンズ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Barboza vs. Lee 2018年4月21日
× マルロン・モラエス 1R 1:07 KO(左膝蹴り) UFC Fight Night: Swanson vs. Ortega 2017年12月9日
ヘナン・バラオン 5分3R終了 判定3-0 UFC 214: Cormier vs. Jones 2 2017年7月29日
アウグスト・メンデス 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 24: Johnson vs. Reis 2017年4月15日
× ハファエル・アスンソン 5分3R終了 判定1-2 UFC on FOX 23: Shevchenko vs. Pena 2017年1月28日
× ブライアン・キャラウェイ 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Almeida vs. Garbrandt 2016年5月29日
ジョニー・エドゥアルド 2R 4:18 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Namajunas vs. VanZant 2015年12月10日
水垣偉弥 3R 2:11 肩固め UFC on FOX 15: Machida vs. Rockhold 2015年4月18日
ウゴ・ヴィアナ 3R 3:50 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Cowboy vs. Miller 2014年7月16日
コーディ・ギブソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 170: Rousey vs. McMann 2014年2月22日
ジョエル・ロバーツ 1R 1:49 リアネイキドチョーク CFFC 30: Sterling vs. Roberts
【CFFCバンタム級タイトルマッチ】
2013年11月2日
シジマール・ホノリオ 2R 4:05 リアネイキドチョーク CFFC 16: Williams vs. Jacoby
【CFFCバンタム級タイトルマッチ】
2012年8月24日
ケイシー・ジョンソン 3R 2:11 リアネイキドチョーク CFFC 14: No Mercy
【CFFCバンタム級タイトルマッチ】
2012年4月14日
ショーン・サンテラ 5分5R終了 判定3-0 CFFC 11: Danger Zone!
【CFFCバンタム級王座決定戦】
2011年10月22日
エヴァン・フミエルスキー 1R 4:58 TKO(パンチ連打) CFFC 10: Black Eye 2011年7月23日
クラウディオ・レデスマ 5分3R終了 判定2-1 Ring of Combat 36
【ROCバンタム級王座決定戦】
2011年6月17日
ハーレー・ライムバハ 1R 4:01 リアネイキドチョーク EFC: Bragging Rights 2 2011年5月21日
セルジオ・ダ・シウバ 5分3R終了 判定3-0 UCC 4: Supremacy 2011年4月22日

アマチュア総合格闘技編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ゼク・ランゲ 3分5R終了 判定3-0 RW 8: Cage Supremacy
【RWアマチュアバンタム級王座決定戦】
2010年7月17日
× ゼク・ランゲ 3分3R終了 判定1-2 RW 7: Mayhem in the Mist 3 2010年5月8日

獲得タイトル編集

  • RWアマチュアバンタム級王座(2010年)
  • 第2代ROCバンタム級王座(2011年)
  • 初代CFFCバンタム級王座(2011年)
  • 第9代UFC世界バンタム級王座(2021年)

表彰編集

  • UFCパフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注編集

  1. ^ a b c アルジャメイン・スターリング UFC公式サイト
  2. ^ UFC 170 results, photos: Aljamain Sterling hangs on to beat Cody Gibson MMA Junkie 2014年2月22日
  3. ^ UFC on FOX 15 results: Aljamain Sterling submits Takeya Mizugaki MMA Fighting 2015年4月18日
  4. ^ UFC Fight Night 80 results: Aljamain Sterling takes down, taps out Johnny Eduardo MMA Junkie 2015年12月10日
  5. ^ UFC Fight Night 88: Bryan Caraway Ends Aljamain Sterling's Unbeaten Streak Bleacher Report 2016年5月26日
  6. ^ UFC on FOX 23 results: Raphael Assuncao outpaces Aljamain Sterling for close split decision MMA Junkie 2017年1月28日
  7. ^ UFC Fight Night 123 results: Marlon Moraes devastates Aljamain Sterling with first round KO MMA Mania 2017年12月10日
  8. ^ UFC Atlantic City: Aljamain Sterling Thoroughly Defeats Brett Johns Cageside Press 2018年4月21日
  9. ^ UFC 228 results: Aljamain Sterling defeats Cody Stamann MMA Fighting 2018年9月8日
  10. ^ UFC on ESPN 1 results: Aljamain Sterling scintillating, shuts out Jimmie Rivera MMA Junkie 2019年2月17日
  11. ^ Sterling defeats Munhoz by decision, calls for bantamweight title shot ESPN 2019年6月8日
  12. ^ UFC 250 results, highlights: Aljamain Sterling runs through Cory Sandhagen for first-round submission win CBSスポーツ 2020年6月7日
  13. ^ An American fighter won a UFC bout by disqualification when his Russian opponent threw an illegal knee Insider 2021年3月7日
  14. ^ UFC 273 results: Aljamain Sterling defeats Petr Yan again – this time without disqualification controversy MMA Junkie 2022年4月10日
  15. ^ UFC 280: Aljamain Sterling Capitalizes on T.J. Dillashaw Injury for Successful Title Defense Cageside Press 2022年10月22日
  16. ^ A Red Dragon Uncaged Suny Cortland 2017年12月1日
  17. ^ UFC fighter Aljamain Sterling was ready to choke out Floyd Mayweather for trying to steal his girlfriend SBNATION 2015年7月25日
  18. ^ Watch: The FunkMaster Arrives For ‘Aljamain Sterling Day’ Celebration MMA News 2022年5月23日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
ピョートル・ヤン
第9代UFC世界バンタム級王者

2021年3月6日 - 現在

次王者
N/A