アルスラーン・イスラーイール・イブン・セルジューク

アルスラーン・イスラーイール・イブン・セルジューク(? - 1032年?)は、ルーム・セルジューク朝の一族。子にクタルミシュ・イブン・アルスラーン・イスラーイール。孫にルーム・セルジューク朝の始祖となったスライマーン・イブン・クタルミシュがいる。

父はセルジュークで、セルジューク朝の始祖となったトゥグリル・ベグの叔父にあたる。父の没後、セルジューク集団の一部を率いて活躍するも、ガズナ朝マフムードに捕らえられて1032年に獄死したという。

参考文献編集