メインメニューを開く

アルセーニエフ沿海地方州立博物館

アルセーニエフ沿海地方州立博物館

アルセーニエフ沿海地方州立博物館ロシア語 :Приморский государственный объединённый музей имени В. К. Арсеньева)は、ロシア沿海地方の州都・ウラジオストクスヴェトランスカヤ通りにある博物館

目次

概要編集

沿海地方の自然や歴史が展示されている考古学民族学を中心とする総合的な博物館である。沿海地方に生息するアムールトラの剥製、出土した古代の土器、沿海地方にかつて存在した渤海国の遺跡の展示、ツングース系の先住民に関する展示、明治時代にウラジオストクに住んでいた日本人や日本に関する展示物などがある。

博物館の歴史編集

1884年にアムール地域研究協会により博物館の設立が決まり、1890年に現在とは違う場所で一般公開が開始された。1925年2月17日にソ連人民委員会評議会の命令により、博物館はアムール地域研究協会から没収され、沿海地方「州」立の博物館となった。1945年9月4日に、ロシア人の探検家ウラディミール・アルセーニエフ(露: Влади́мир Кла́вдиевич Арсе́ньев)の名前にちなんで、アルセーニエフの名が博物館に付与された。現在の建物に移転したのは1977年である。

現在の本館の歴史編集

現在の本館は、建築家ウラジミール・アントノヴィッチ・プランセン(露:Владимира Антоновича Плансена)の設計により1903年1906年にかけて建設され、当時極東ロシア最大の貿易会社チュリン&カシャノフ(露:орговый дом Чурин и Касьянов)のパートナーの一つであるヴァシリー・ペトロヴィッチ・バビンセフ(露:Василия Петровича Бабинцева)が所有する建物であったが ロシア革命後は、沿海地方州の財政局、美容院、レストラン、太平洋水産海洋研究所、1918年1924年には横浜正金銀行の浦塩支店が建物内に入居していた。

本館所在地編集

  • Приморский край, г. Владивосток, ул. Светланская, 20 (ウラジオストク市 スヴェトランスカヤ通り20番地)

分館編集

3か所の分館がある。

見学時間編集

  • 午前10時~午後7時

関連項目編集

外部リンク編集