アルタイメネース

ロドス島の最高峰アタビュロス山英語版。標高1,215メートル。アルタイメネースがゼウスの聖域を創建したと伝えられる。

アルタイメネース古希: Ἀλθαιμένης, Althaimenēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してアルタイメネスとも表記される。クレータ島の王カトレウスの子で、アーエロペークリュメネーアペーモシュネーと兄弟。

あるときアルタイメネースは父カトレウスが自分の子に殺される運命であると知り、アペーモシュネーとともにロドス島に去り、上陸したところをクレーティニアーと呼んで治めた。またアルタイメネースはアタビュリオン山に登ったとき、遠方にクレータ島を発見し、ゼウスの聖域を創設した。しかしアペーモシュネーがヘルメースに穢されたとき、相手が神というのは嘘だと考え、アペーモシュネーを蹴り殺してしまった[1]。後に年老いたカトレウスがアルタイメネースにクレータ島の王権を与えたくなって、密かにロドス島にやって来たとき、カトレウスは海賊と間違われて島民と争いになり、やって来たアルタイメネースは老人が父であるとは知らずに槍で殺してしまった。後になってカトレウスだとわかると、アルタイメネースは絶望して大地に飲み込まれた[2]

シケリアのディオドロスによると、アルタイメネースは自分が父を殺害すると予言されたため[3]、クレータ島を出たがっていた多くの人々を連れてロドス島に渡り、アタビュロス山にゼウスの聖域を創設した[4]。こうしてアルタイメネースはロドス島のカメイロスに移住したが、後にカトレウスがロドス島にやって来て島民と争いになったとき、カトレウスと知らないまま殺してしまった[5]。絶望したアルタイメネースは諸国を放浪した末に死んだが、ロドス島の人々は神託によって彼を英雄として祭祀したという[6]

系図編集

 
 
 
 
ミーノース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
ナウプリオス
 
クリュメネー
 
アルタイメネース
 
アペーモシュネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
メネラーオス
 
パラメーデース
 
オイアクス
 
ナウシメドーン
 
 
 
 
 
 


脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、3巻2・1。
  2. ^ アポロドーロス、3巻2・2。
  3. ^ シケリアのディオドロス、5巻59・1。
  4. ^ シケリアのディオドロス、5巻59・2。
  5. ^ シケリアのディオドロス、5巻59・3。
  6. ^ シケリアのディオドロス、5巻59・4。

参考文献編集