メインメニューを開く

アルティマエース』は、角川書店発行、角川グループパブリッシング2011年から2012年まで発売していた隔月刊漫画雑誌。発売日は偶数月18日。全7号。

アルティマエース
Altima Ace
愛称・略称 ALTIMAA
ジャンル 男女漫画雑誌
刊行頻度 隔月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 580円
出版社 角川書店
編集部名 アルティマエース編集部
発行人 新名新
編集人 古林英明
編集長 見野善則
刊行期間 2011年10月18日 - 2012年10月18日
(Vol.1)
発行部数 70,000部(2011年10月公称部数[1]調べ)
レーベル 角川コミックス・エース
ウェブサイト [1]

目次

概要編集

ヤングエース2011年11月号の増刊号として2011年10月18日に創刊したが2012年10月18日発売のヤングエース2011年11月号増刊である第7号の巻末予告にて休刊が告知され休刊した。発行号は「Vol.1号(ヤングエース2011年11月号増刊)」「ヤングエース2012年1月号増刊(Vol.2)」「ヤングエース2012年3月号増刊(Vol.3)」「ヤングエース2012年5月号増刊(Vol.4)」「ヤングエース2012年7月号増刊(Vol.5)」「ヤングエース2012年9月号増刊(Vol.6)」「ヤングエース2012年11月号(Vol.7)」である。

キャッチフレーズは「キミを夢中にさせるスタイリッシュコミック誌」。

読者対象は10代~20代の女子を対象としているが、男性読者を想定していないわけではなく男女比を20:80を想定しており、[1]少年エースやヤングエースで連載&読み切りを掲載していた漫画家も何人か参加している。[1]アルティマエースが発売する18日には、女性もターゲットにした漫画雑誌『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)が存在する。角川書店での漫画雑誌ではビーンズエースの実質的な後継誌と見ることもできる。

創刊号は少年エースでデッドマン・ワンダーランドを連載している片岡人生・近藤一馬のオリジナル読み切り漫画の『神様☆パーマネント』。なお創刊にあたり創設されたアルティマエース独自の漫画賞『アルティマ新人漫画大賞』の審査員を片岡・近藤が務めている。

表紙・装丁はヤングエース増刊のためヤングエースと似た構成となっている。号表示は第1号のみ「Vol.1」表記であったが、第2号以降は「ヤングエース○月号増刊アルティマエース」と表示されている。

編集長は、創刊当時月刊少年エース編集長で4コマnanoエースの編集長を兼任し、ヤングエースの創刊編集長であった見野善則。休刊時ではコンプエースの編集長も兼任している。

休刊後の連載作品の移籍先編集

母体誌のヤングエース、そして月刊Asukaに大半の作品が移籍すると告知された。移籍せず完結した作品のうちいくつかの作品は単行本未収録が生じている。

  • ヤングエースへ移籍
    • シザーシスターズ
    • バカが全裸でやってくる
    • ガンガエロ
  • 月刊Asukaに移籍
    • 鎌倉デコフライフ
    • Fate/Zero黒
    • 電脳アリスと因幡くん
    • ビブリア古書堂の事件手帖
    • バクダン★ハンダン 
  • 4コマnanoエースに移籍
    • ぶらっと★ブラドラ→ぶらっと★ブラドラ4コマとして新規連載開始
    • だんしん!!男子新聞部

連載漫画編集

  • 連載中の作品については太字で表記。
  • 作品名の順番に関しては連載開始順に従い、その次に連載開始号の掲載順に従う。
  • 読み切り作品、集中連載は除く。
作品名 作者(作画) 原作者など 開始 終了 注記
1 ばすた
BUSTA!
いわもと えいり
巖本英利
Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
2 たんししんぶんふ
だんしん!!男子新聞部
ちよほらうによほみ
ちょぼらうにょぽみ
Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
4コマnanoエースへ移籍
3 かまくらてこらいふ
鎌倉デコライフ
たなか とも
田中智
Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
月刊Asukaへ移籍
4 しさあしすたあす
シザー・シスターズ
まりこ
MARICO
DAIGO×影木栄貴(原作) Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
ヤングエースへ移籍
5 たあくらいしやあ
ダークライジャー
えぬひ
NB
Vol.1
2011年10月18日
Vol.4
2012年4月18日
6 とらんすないつ
トランス・ナイツ
くかやまれき
九我山レキ
Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
7 まほうしようねんのそたてかた
魔法少年の育て方
もりはるか
森悠
Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
8 ふえいとせろふらつく
Fate/Zero黒
めとり
雌鳥
虚淵玄(ニトロプラス)・TYPE-MOON(原作) Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
月刊Asukaへ移籍
9 はかかせんらてやつてくる
バカが全裸でやってくる
いたひろと
井田ヒロト
入間人間(原作) Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
ヤングエースへ移籍
10 かんかえろ
ガンガエロ
たうみまゆ
たうみまゆ
Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
ヤングエースへ移籍
11 はつとく
B.A.D.
さかきはら そうそう
榊原早々
綾里けいし(原作)
kona(キャラクター原案)
Vol.1
2011年10月18日
Vol.7
2012年10月18日
月刊少年エースで過去に読み切り掲載
12 ふらつとふらとら
ぶらっと★ブラドラ
よしの かなたbr />好野カナタ 小玉有起(原作) Vol.1
2011年10月18日
Vol.5
2012年6月18日
13 ひふりあこしよとうのしけんてちよう
ビブリア古書堂の事件手帖
なかの
ナカノ
三上延(原作) Vol.3
2012年2月18日
Vol.7
2012年10月18日
月刊Asukaへ移籍
14 らいららいくる
ライラ・ライクル
やすたすすひと
ヤスダスズヒト
Vol.3
2012年2月18日
Vol.7
2012年10月18日
ビーンズエースで過去に『Lira Rycle』名で連載
15 めいたんていふこのあとすく
名探偵部この後すぐ!
あさたにっき
アサダニッキ
Vol.3
2012年2月18日
Vol.7
2012年10月18日
Vol.2では読み切り掲載
ニコニコエースへ移籍
16 しちにんのさむらいふ
七人のサムライ部
さとがねしょう
さとがねしょう
Vol.3
2012年2月18日
Vol.7
2012年10月18日
17 こいすみいつきくんのいんほう
古泉一樹くんの陰謀
ふよ
ぷよ
谷川流(原作)
いとうのいぢ(キャラクター原案)
Vol.4
2012年4月18日
Vol.7
2012年10月18日
18 はくたんはんたん
バクダン★ハンダン
やまくちきようのすけ
山口京之介
オトメイト(原作) Vol.5
2012年6月18日
Vol.7
2012年10月18日
月刊Asukaへ移籍
19 てんのうありすといなはくん
電脳アリスと因幡くん
ふしやたくみ
藤也卓巳
草下シンヤ(原作) Vol.5
2012年6月18日
Vol.7
2012年10月18日
月刊Asukaへ移籍

読み切り・集中連載作品(アンソロジーは除く)編集

Vol.1掲載編集

Vol.2掲載編集

  • ブラッドラッド外伝小玉有起
  • 名探偵部この後すぐ!(アサダニッキ)
  • うしろのプレアデス(おか
  • 手首÷(バラ+保健医)⊂僕 (山本蒼美)
  • B-Curse(森嶋ペコ)
  • ぽちょむ!(神江ちず)
  • シャーマン・コンプレレックス(須藤清正郎)

Vol.3掲載編集

  • 99.9(藤也卓巳)
  • ぽちょむ!(神江ちず)
  • サキュバス・ナイト(しまだ)

Vol.4掲載編集

  • 輝けバカドル!(田島シマ)
  • 面接官の松本さん(神江ちず)
  • ナギサラウンド(おか)
  • つわものどもが!(春日井明)
  • 巨神イオ(和戸村)

Vol.5掲載編集

  • きつねの恋人(ぷよ) 
  • 鬼斬り抜刀隊(柊征葵)
  • アニキとアネキの家庭事情(おかざきおか)
  • 泳がない水泳部(あかまる
  • ワガハイは魔王なのに!(須藤清正郎)
  • ホームキーパー(田島シマ)
  • そらロマ!(星海はやと)
  • ムニキス(中山幸)

Vol.6掲載編集

  • 是非にオヨバズ(須藤清正郎)
  • 泳がない水泳部(あかまる)
  • 最終兵器お洒落爆弾セフィロス(原作:廣瀬ゆう、漫画:廣瀬ゆい
  • テト・ア・テト(有坂あこ)

Vol.7掲載編集

  • 白雪姫と二人の王子  (好野カナタ)
  • 鈴木君の顔はかっこいい(原作:廣瀬ゆう、漫画:廣瀬ゆい)
  • ビタースイートデイズ (田島シマ)
  • 坊ちゃんとおさわがせメイド(七路ゆうき)
  • ほうかご(生田魚)

アルティマ新人漫画大賞編集

創刊と同時に発表されたアルティマエース独自の漫画賞。角川漫画新人大賞とは区分けされている。第1回の審査員は片岡人生近藤一馬、第2回は小玉有起。第3回の募集告知も行われたが審査員は未公表で発表号とされる号でも発表されなかった。第2回の受賞者の二人は、アルティマエース最終号にて受賞作とは別作品の読み切りが掲載された。

  • 大賞・・・100万円+本誌掲載+担当編集
  • 準大賞・・・50万円+本誌掲載+担当編集
  • 入選・・・50万円+本誌掲載+担当編集
  • 佳作・・・10万円+担当編集
  • 奨励賞・・・5万円+担当編集

第1回(2011年12月末締め切り、結果発表ヤングエース3月号増刊アルティマエースVol.3号)編集

  • 佳作 - 死神さんキャンパス(作者:宇内りく)
  • 奨励賞 - ワンダリア(作者:くだん)

第2回(2012年4月30日締め切り、結果発表ヤングエース7月号増刊アルティマエースVol.5号)編集

  • 佳作 - くるみちゃん(作者:生田魚)
  • 奨励賞 - あまどら。(作者:七路ゆうき)

企画記事・コーナー編集

アルティメット学園生徒会室(2012年Vol.1号 - 2012年Vol.7号)
読者コーナーとゲームや漫画・映画作品を紹介する企画記事。紹介キャラクターとして、男子生徒で生徒会長のユート、同じく男子生徒の副会長のクロード、女子生徒の書記のレイナがいる。読者コーナーはイラストコーナー(掲載作品、オリジナルキャラ)、悩み相談コーナー、占いコーナー、アンケートハガキのメッセージが掲載されている。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集