アルトホルン(alto horn)は金管楽器の一種である。一般にE管で、バリトンを小さくしたような形状をしている。

アルトホルン
各言語での名称
tenor horn(英), alto horn(米)
Althorn
bugle alto, saxhorn alto
genis, flicorno contralto
中音号
アルトホルン
分類

金管楽器気鳴楽器

音域
Range trumpet 3.svg
(記譜上)

サクソルン属の中音域を担当し、英国式ブラスバンドのようなブラスバンドにおいて使われる。Bコルネットより5度低く、バリトンよりも4度高い。

実際の名称や形状は国、メーカー、時代などによって違いがあるが、本記事では変ホのサクソルン属の金管楽器を総合的に記述する。

名称編集

イギリスではこの楽器はテナーホルン(tenor horn)と呼ばれる。アメリカ合衆国日本ではアルトホルンと呼ばれる[1]

サクソルン属の楽器の名称には国と時代により非常に大きな混乱がある。古い時代のフランスイギリスアメリカ合衆国ではこの楽器をテナーと呼んでいた[2]。しかし現在ではイギリス以外でテナーホルンと呼ぶと別の楽器を指すことが多い。

ドイツではこの音域の楽器をアルトホルン(ドイツ語: Althorn)と呼び、テナーホルン(テノールホルン)はそれより低いB管の楽器、すなわちイギリスでいうバリトンと同じ高さの楽器をいう[2]

楽器の構造編集

アルトホルンは移調楽器であり、実音は記譜よりも長6度低くなる[2]

サクソルン属の中音域を担当し、管長は約2メートルである。第2倍音はE3であり、3本ピストンの場合その増4度下のA2まで出すことができる(いずれも実音)。

バンドで実際によく使われる音域は実音でC3からC5まで(記譜上でA3からA5まで)である。ペダルトーンは滅多に使われない[2]。使われる音域はフレンチホルンに近いが、管長はずっと短く、したがって低次の倍音が使用される。

もっとも普通の形状はユーフォニアムを小型にしたような形をしている[2]。朝顔は上を向き、通常3本のピストンを有する。

ドイツスイスおよび東ヨーロッパのアルトホルンの形状としてはさまざまのものがあり、コルネットのように朝顔が前を向いたもの、朝顔が上を向いたもの、楕円形に丸められたもの、より珍しいがフレンチホルン風の丸い形状のものの4種類に大別される[3]

アルトホルンとだいたい同じ管長の金管楽器にメロフォンバストランペットアルトトロンボーンがある。

楽器の使用編集

ヨーロッパ大陸では軍楽隊で使われるが、イギリスの軍楽隊では使われない。しかし英国式ブラスバンドでは3本のテナーホルン(アルトホルン)が使われ、それぞれ「ソロ・ホルン」「第1ホルン」「第2ホルン」と呼ばれて重要な役割を果たす[2]

管弦楽での使用編集

管弦楽曲でアルトホルンが使われることはほとんどない。ベルリオーズのオペラ『トロイアの人々』の初稿で使われたが(改訂版ではフレンチホルンに置きかえられた)、楽譜には「saxhorn tenor en Mi flat」と書かれている。ダンディの『鐘の歌』作品18では「saxhorn alto」と呼ばれている[4]

ヒンデミットのソナタ編集

パウル・ヒンデミットは1940年代にアメリカ合衆国に滞在したが、1943年に『アルトホルン・ソナタ』を作曲している。ただし、1956年にショット社から出版された楽譜には、Eアルトホルンのほかにフレンチホルン、アルトサクソフォーンでも代替できるように書かれており、現実の演奏ではアルトホルンを使って演奏されることは少ない[4]

その他編集

現在のイタリアではアルトホルンはあまり使われないが、ウンベルト・エーコフーコーの振り子』の中でアルトホルンについて言及されている[5]

脚注編集

  1. ^ 『サクソルン属の楽器』 YAMAHAhttps://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/tuba/structure/structure004.html 
  2. ^ a b c d e f Baines, Anthony B.; Herbert, Trevor (2001). “Tenor horn”. The New Grove Dictionary of Music and Musicians. 25 (2nd ed.). Macmillan Publishers. p. 291. ISBN 1561592390 
  3. ^ Baines, Anthony B.; Herbert, Trevor (2001). “Althorn”. The New Grove Dictionary of Music and Musicians. 1 (2nd ed.). Macmillan Publishers. p. 427. ISBN 1561592390 
  4. ^ a b Jennifer Ann Hemken (2015). The Mystery of the Althorn (Alto Horn) Sonata (1943) by Paul Hindemith (PDF) (D.M.A. thesis). University of North Texas.
  5. ^ Giuliano Zampieri, Dentrola Musica: Il colore del suono, http://www.utesandonatosangiuliano.org/STAMPATI%20DOCENTI%2018-19/STRUM%20MUSIC/Strumenti%20-%20Testo%20Lezione%201%20-%20Introduzione%20-%20CORNI%20e%20FLICORNI.pdf 

関連項目編集