アルトワ家(フランス語:maison d'Artois)は、中世フランス王国の貴族の家系。カペー家フランス王ルイ8世の子ロベール1世が1237年にアルトワ伯領を与えられ成立した。

概要編集

1302年にロベール2世が死去したのち、ロベール2世の娘マオーと孫ロベール3世とが継承権を争った。パリ議会はマオーの伯領継承を支持し、ロベール3世はボーモン=ル=ロジェを相続したが、のちロベールは文書を偽造した罪で領地を没収され、イングランドへと逃亡した。ロベールにとって義兄にあたるフランス王フィリップ6世はイングランド王エドワード3世にロベールの引き渡しを要求したが、エドワード3世はこれを拒否し、このことがフランスとイングランドとの関係をさらに悪化させ、百年戦争の一因ともなった[1]。ロベール3世の息子ジャンは20年後の1350年にウー伯を与えられたが、同家は1472年に男子後継者なく断絶した。

マオーが継承したアルトワ伯位は、アンスカリ=シャロン家カペー家を経て、フランドル家からヴァロワ=ブルゴーニュ家へと渡り、ブルゴーニュ公国の一部となった。また、アルトワ家が男系で相続したウー伯位はヴァロワ=ブルゴーニュ家を通してクレーフェ公家が継承した。

系図編集

 
 
 
 
 
ルイ8世
フランス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ9世
フランス王
 
 
 
 
 
ロベール1世
アルトワ伯
 
 
 
 
 
シャルル
アンジュー伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペー家
フランス王家
 
アンスカリ家
 
ロベール2世
アルトワ伯
 
アミシー・ド・クルトネー
ピエール2世の甥ピエール娘)
 
アンジュー=シチリア家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オトン4世
ブルゴーニュ伯
 
マオー
アルトワ女伯
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
 
ロベール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ5世
フランス王
 
ジャンヌ1世
ブルゴーニュ女伯
アルトワ女伯
 
ブランシュ
シャルル4世
フランス王
 
ロベール
ブルゴーニュ伯
 
ロベール3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウード4世
ブルゴーニュ公
 
ジャンヌ2世
ブルゴーニュ女伯
アルトワ女伯
 
マルグリット1世
ブルゴーニュ女伯
アルトワ女伯
 
ルイ1世
フランドル伯
 
 
 
ジャン
ウー伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
 
 
 
 
 
ルイ2世
フランドル伯
ブルゴーニュ伯
アルトワ伯
 
 
 
 
 
ロベール4世
ウー伯
 
フィリップ
ウー伯
 
マリー
オーヴェルニュ女公
(ベリー公ジャン1世娘)
 
ジャン1世
ブルボン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ1世
ブルゴーニュ公
ブルゴーニュ伯
アルトワ伯
 
 
 
 
 
マルグリット3世
フランドル女伯
ブルゴーニュ女伯
アルトワ女伯
 
フィリップ2世
ブルゴーニュ公
 
 
 
シャルル
ウー伯
 
 
 
 
 
 
ブルボン家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン1世
ブルゴーニュ公
フランドル伯
ブルゴーニュ伯
アルトワ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボンヌ
 
フィリップ
ヌヴェール伯
ルテル伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ3世
ブルゴーニュ公
フランドル伯
ブルゴーニュ伯
アルトワ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル
ヌヴェール伯
ルテル伯
 
ジャン
ヌヴェール伯
ルテル伯
ウー伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァロワ=ブルゴーニュ家
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン1世
クレーフェ公
 
エリザベート
ヌヴェール伯継
ウー伯継
 
シャルロット
ルテル伯継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレーフェ公家
 
 
 
 
 
 
 

引用編集

  1. ^ 朝治、p.104

参考文献編集

  • 朝治啓三他 編著 『中世英仏関係史1066-1500』 創元社、2012年