アルナーチャルの孤立した言語および独立語族

アルナーチャルの孤立した言語群から転送)

アルナーチャルの孤立した言語および独立語族ではインド北東部のアルナーチャル・プラデーシュ州で話される独立した語族及び孤立した言語である可能性のある諸言語を扱う。長らくシナ・チベット語族に属すとされてきたが、疑問が呈されてきており、Blench (2011) [1]によってそれぞれ別系統の言語群である可能性が示された。シナ・チベット語族との関係は借用などによる地域的な影響によるものとみられる。

シナ・チベット語族に含まれない可能性のある言語編集

形成史編集

上記諸言語群は非シナ・チベット語族の語彙が多く存在することから、少なくとも非シナ・チベット語族の言語を基層言語として持っていることが考えられる。遺伝子との関連ではシナ・チベット語族の担い手はY染色体ハプログループO2、特にO-P164と想定されるが[3]、インド北東部のチベット系民族ではハプログループD*が0-65%観察される[4][5][6][7]ことから、これら諸言語群はD*集団の言語の可能性がある。同じく担い手の100%がD*に属すオンガン語族ジャラワ語オンゲ語)との関係も考えられる。

脚注編集

  1. ^ (De)classifying Arunachal languages: Reconsidering the evidence
  2. ^ Blench, Roger. 2015. The Mijiic languages: distribution, dialects, wordlist and classification. m.s.
  3. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年) 
  4. ^ Su, Bing; Xiao, Chunjie; Deka, Ranjan; Seielstad, Mark T.; Kangwanpong, Daoroong; Xiao, Junhua; Lu, Daru; Underhill, Peter et al. (2000). “Y chromosome haplotypes reveal prehistorical migrations to the Himalayas”. Human Genetics 107 (6): 582–90. doi:10.1007/s004390000406. PMID 11153912. 
  5. ^ Cordaux, R.; Weiss, G; Saha, N; Stoneking, M (2004). “The Northeast Indian Passageway: A Barrier or Corridor for Human Migrations?”. Molecular Biology and Evolution 21 (8): 1525–33. doi:10.1093/molbev/msh151. PMID 15128876. 
  6. ^ Chandrasekar, A.; Saheb, S. Y.; Gangopadyaya, P.; Gangopadyaya, S.; Mukherjee, A.; Basu, D.; Lakshmi, G. R.; Sahani, A. K. et al. (2007). “YAP insertion signature in South Asia”. Annals of Human Biology 34 (5): 582–6. doi:10.1080/03014460701556262. PMID 17786594. 
  7. ^ Reddy BM, Langstieh BT, Kumar V, Nagaraja T, Reddy ANS et al. (2007). Awadalla, Philip. ed. “Austro-Asiatic Tribes of Northeast India Provide Hitherto Missing Genetic Link between South and Southeast Asia”. PLoS ONE 2 (11): e1141. doi:10.1371/journal.pone.0001141. PMC 2065843. PMID 17989774. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2065843.