メインメニューを開く
アルノルト・レンネベック(自画像)

アルノルト・レンネベック(Arnold Rönnebeck、1885年5月8日 - 1947年11月14日[1]はドイツ生まれで後にアメリカ合衆国に帰化した芸術家(画家、版画家、彫刻家)で、20世紀初頭のアメリカおよびヨーロッパの前衛芸術運動を推進した一人に数えられる。

目次

略歴編集

ラインラント=プファルツ州ナッサウに生まれた。父親は建築家でレンネベックが建築家になることを望んだ[2]。ベルリンとミュンヘンの美術学校で学び、彫刻に進もうと決め、1908年にパリにでた。パリで、彫刻家のアリスティド・マイヨールアントワーヌ・ブールデルに学んだ[2]。パリでアメリカのモダニズムの画家、マースデン・ハートレーに出会い友人になり、パリやベルリンの前衛芸術家の中に入った。アメリカ人作家、ガートルード・スタインの前衛芸術家の「サロン」に招かれ[3]パブロ・ピカソや美術家のパトロンのマーベル・ドッジ(Mabel Dodge Luhan)、画家のチャールズ・デムスに紹介された。裕福な友人たちの胸像の依頼を受け、1914年にニューヨークのアルフレッド・スティーグリッツの画廊、「291ギャラリー」で個展を開いた。

第一次世界大戦が始まるとドイツに帰国し、兵士として戦い、2度負傷し、鉄十字章を受勲した。マースデン・ハートレーの愛人で、いとこのカール・フォン・フライブルクは戦死し、ハートレーはその死を悼む「ドイツ士官の肖像」(1914)を描いた[4]

1922年にニューヨークに移り、アルフレッド・スティーグリッツを中心とする前衛芸術家のグループに加わった。このグループにはアーサー・ダヴジョン・マリンジョージア・オキーフやマースデンがいた。美術評論家、著述家としても有能で多くの記事を書いた。レンネベックが「living cubism」と表現したニューヨークの街の姿を描いた版画作品も製作した。1926年に個展を開いた[5]

1925年の夏に、ニューメキシコ州タオスにパトロンのマーベル・ドッジを訪れ、その後、砂漠の風景や先住民の文化がレンネベックの作品の題材となった[2]。また画家のルイーズ・エマーソン(Louise Emerson Ronnebeck)を紹介され、ルーズと1926年に結婚した[6]

新婚旅行でカルフォルニアに旅の途中で、コロラド州のデンバーの美術館で講演した時、館長になることを依頼され、1926年から1931年の間デンバー美術館の館長を務めた[2]。先住民の芸術作品やモダニズムの作品の充実に貢献した。1932年にアメリカの市民権を得た。

1947年にデンバーで没した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ San Diego Museum of Art[リンク切れ]
  2. ^ a b c d Finding Aid”. Arnold Rönnebeck and Louise Emerson Rönnebeck papers, 1884-2002. Archives of American Art (2006年). 2011年7月11日閲覧。
  3. ^ Gertrude Stein (1933).The Autobiography of Alice B. Toklas. The Literary Guild, 122.
  4. ^ An Artist's Restless Search for Love, and a Place in the World”. Art review. New York Times (2003年). 2011年7月11日閲覧。
  5. ^ Barbara Buhler Lynes (1989)O'Keeffe, Stieglitz, and the Critics, 1916-1929U.M.I Research Press, 91
  6. ^ Lois Rudnick, Utopian Vistas: The Mabel Dodge Luhan House and the American Counter Culture (Albuquerque: University of New Mexico Press, 1996),

参考文献編集

  • Chambers, Marlene. The First 100 Years: Denver Art Museum. Seattle: Marquand Books, Inc. (1996).
  • Fahlman, Betsy. Works on Paper: Prints and Drawings by Arnold Rönnebeck. New York: Conner-Rosenkranz (1998).
  • Groff, Diane Price. Arnold Rönnebeck: An Avant-Garde Spirit in the West. M.A. Thesis University of Denver (1991).
  • Kornhauser, Elizabeth Mankin.Marsden Hartley. New Haven: Yale University Press (2003).
  • Kunin, Jack Henry. “Impressions of a Renaissance: The Artists of Denver National Bank.” Colorado Heritage Summer (2002).
  • Schlosser, Elizabeth. Modern Sculpture in Denver (1919-1960): Twelve Denver Sculptors. Glendale: Ocean View Books (1995).