アルハンブラ物語

アルハンブラ物語』(アルハンブラものがたり、英語: The Tales of Alhambra)は、アメリカの作家ワシントン・アーヴィング1832年に発表した、アルハンブラ宮殿に関する旅行記・伝説集である。

アーヴィングはアルハンブラ宮殿のこの部屋に滞在したとの標識

概要編集

『アルハンブラ物語』は、ワシントン・アーヴィング1829年にロシア人の友人、およびスペイン人の従者と共にスペイングラナダにあるアルハンブラ宮殿にへ旅行し、滞在して書いたもので、宮殿に関する旅行記・伝説集である。のちの1851年に改訂版が出され、伝説集が拡張されている。当時アルハンブラ宮殿はそれほど知られておらず、この本によって欧米諸国に広く知られるようになったという[1]

日本語訳編集

脚注編集

  1. ^ アルハンブラ物語:W・アーヴィング

外部リンク編集