アルバロ・モラタ

スペインのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモラタ第二姓(母方の)はマルティンです。(Template:スペイン語圏の姓名

アルバロ・ボルハ・モラタ・マルティンÁlvaro Borja Morata Martín1992年10月23日 - )は、スペインマドリード出身のサッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。スペイン代表。ポジションはフォワード

アルバロ モラタ Football pictogram.svg
Alvaro Morata 2019-cropped (cropped).jpg
アトレティコ・マドリードでのモラタ(2019年)
名前
本名 アルバロ・ボルハ・モラタ・マルティン
Álvaro Borja Morata Martín
ラテン文字 ÁLVARO MORATA
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1992-10-23) 1992年10月23日(28歳)
出身地 マドリード
身長 189cm[1]
体重 85kg[1]
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
2005-2007 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
2007-2008 スペインの旗 ヘタフェ
2008-2010 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2013 スペインの旗 レアル・マドリードB 83 (45)
2010-2014 スペインの旗 レアル・マドリード 37 (10)
2014-2016 イタリアの旗 ユヴェントス 63 (15)
2016-2017 スペインの旗 レアル・マドリード 26 (17)
2017-2020 イングランドの旗 チェルシー 47 (16)
2019-2020 スペインの旗 アトレティコ・マドリード (loan) 44 (15)
2020- スペインの旗 アトレティコ・マドリード 5 (3)
2020- イタリアの旗 ユヴェントスFC (loan) 11 (4)
代表歴2
2009 スペインの旗 スペイン U-17 6 (2)
2010 スペインの旗 スペイン U-18 2 (3)
2010-2012 スペインの旗 スペイン U-19 13 (11)
2013- スペインの旗 スペイン U-21 13 (13)
2014- スペインの旗 スペイン 32 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月2日現在。
2. 2019年11月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

レアル・マドリード編集

 
レアル・マドリードBでのモラタ(2013年)

2008年にヘタフェのユースからレアル・マドリードへ移り、フベニールCでプレーを始める。2010年6月には、フベニールAで34得点を挙げて2つのユースタイトルを獲得し[2]レアル・マドリード・カスティージャへ昇格した。その後、トップチームの監督を務めるジョゼ・モウリーニョは、モラタを含め5人の下部組織の選手をプレシーズンのアメリカ遠征に帯同させた[3]。カスティージャでのデビュー戦となった8月15日のアルコルコンとの親善試合では、その試合唯一の得点を決めて勝利に貢献した。12月12日のレアル・サラゴサ戦でトップチームに招集されたモラタは、後半終了間際にアンヘル・ディ・マリアとの交代で出場し、トップチームデビューを果たした。その10日後、レバンテとのコパ・デル・レイでも後半77分から途中出場した。2011年2月13日のデポルティーボ・ラ・コルーニャBとの試合で初のハットトリックを記録した。2011-2012シーズンは17ゴールを記録し、Bチームの2部昇格に貢献した。前シーズンの活躍が認められ、2012-2013シーズンよりトップチームに昇格する事が決定した[4]。しかし、トップチームでは安定した出場機会を得ることが出来なかった。

ユヴェントス編集

 
ユベントスでのモラタ(2014年)

2014年7月、ユヴェントスへの移籍が決定。移籍金は2000万ユーロ、契約は5年間。なお、最初の3年間は3000万ユーロの買い戻しオプションがついている。背番号は9番。9月13日のウディネーゼ・カルチョ戦にて、試合終了間際に同郷のフェルナンド・ジョレンテとの交代でセリエAデビュー。2週間後のアタランタ戦でユヴェントスでの初得点を記録した。ユヴェントスに移籍し出場機会が増えたことにより、同年スペイン代表としても試合に出場した[5]チャンピオンズリーグでは準決勝で古巣であるレアル・マドリードと対戦。1stレグで先制点を決め、2ndでも同点ゴールを決めてチームを決勝に導いた。バルセロナとの決勝戦でも先発し、同点ゴールをあげるがチームは敗れた。 2015-16シーズンは34試合に出場して、7ゴールを記録、ユヴェントスのリーグ連覇に貢献した。3月20日のトリノ戦では途中交代で出場、2ゴールを決めた[6]。 2016年5月22日に行われたコッパ・イタリア決勝ミラン戦では延長後半10分に値千金の決勝ゴールをあげ、ユヴェントスの国内三冠に貢献した[7][8]

レアル・マドリード復帰編集

2016年6月21日、レアル・マドリードユヴェントスから3000万ユーロの買い戻しオプションを行使しモラタの復帰が発表された[9]。買い戻し後に他クラブへ放出し差益を手にするとも報道されていたが[10]、最終的にチームに残留しシーズン開幕を迎えた。背番号は「21」番に決まった。2016年8月27日のセルタ戦で復帰後初ゴールを決めた[11]。2017年2月26日、ビジャレアル戦では後半途中から投入され、マルセロのクロスにあわせて逆転勝利に貢献した。4月5日、第30節のレガネスでは3得点を決めて、シーズン二桁得点を達成した[12]。ベンゼマの控えという立場ながら、最終的にリーグ戦では15ゴール、シーズントータル20ゴールを記録[13]、チャンピオンズリーグ決勝でも後半から途中出場し、優勝も手にした。

チェルシー編集

 
チェルシーでのモラタ(2017年)

2017年7月19日、チェルシーに移籍することでクラブ間が合意[14]。7月21日、5年契約を結び、正式にチェルシーに加入することが決まった[15]

プレシーズンではゴールを挙げられなかったが、プレミア開幕戦のバーンリー戦ではチェルシー移籍後初ゴールを記録した[16]。9月24日ストーク・シティ戦では、ハットトリックを達成してみせた[17]。2018年8月3日、2018-19シーズンより背番号を9番から29番に変更することを発表。29番は彼の双子の子供の誕生日である7月29日にちなんだものである[18]

アトレティコ・マドリード編集

2019年1月28日、アトレティコ・マドリードに2019-20シーズン終了までのローン契約で加入した[19]。背番号は22番。2月25日の第25節・ビジャレアル戦にてフィリペ・ルイスのクロスに左足で合わせ、移籍後初ゴールを記録した[20]。2019年7月6日、2020年7月1日からアトレティコに完全移籍することが発表された。2019-20シーズンから背番号が22番から9番に変更された。2020年7月1日、チェルシーからアトレティコに移籍金4500万ユーロで完全移籍した。

ユヴェントス復帰編集

2020年9月22日、ユヴェントスFCに1000万ユーロの移籍金で期限付き移籍した。契約には買取りオプション、期限付き移籍を延長するオプションが付属している[21]。背番号は前回のユヴェントス在籍時にも着用していた9番。10月17日の、リーグ第4節、クロトーネ戦で復帰後初ゴールを決めた[22]

代表経歴編集

スペイン代表として2009 U-17ワールドカップに招集され、4試合に出場して2ゴールを奪った。2010年には、U-19国際トーナメントにも招集された[23]。2011年に開催されたU-19欧州選手権では、大会史上最多となる6得点を挙げて大会得点王となった[24]。2013年のU-21欧州選手権では途中出場が多かったものの4得点を挙げて大会得点王に輝いた。

2014年11月15日に行われたEURO 2016予選ベラルーシ戦で代表初出場を果たした[25]。2015年3月27日のEURO 2016予選、ウクライナ戦で決勝点となる代表初ゴールを挙げた[26][27]

EURO 2016本大会ではグループリーグ第2戦のトルコ戦で2得点[28]、第3戦のクロアチア戦で1得点と、合計3得点を挙げた。

2017年9月、2018 ワールドカップ予選イタリア戦でもゴールを決めた。

しかしその後はクラブでの不調などもあり、2018年3月の親善試合のメンバーから外された。さらに、ワールドカップの最終選考でも落選し、ロシア行きを逃すこととなった。

発言編集

ヘタフェCF について以下のようにかたっている。

  • 「最後に着るシャツはヘタフェだったら良いな。会長とそこの人たちとは、とても良い関係を築いている。彼らのおかげで今の自分があると思う。」[29]

レアル・マドリードについて以下のように語っている。

  • 「チェルシーと対戦する時以外は、必ずレアル・マドリードを応援していくよ」[30]
  • 「たとえ何と言われようとも、常にレアルとともにある。僕はレアル・マドリードの選手だし、僕たちは死ぬまで続くよ」[31]
  • 「骨を埋めるためにベルナベウに戻ってきた。可能な限り、ここに留まりたいよ」[32]
  • 「(レアルに復帰し)振り出しに戻ったことに本当に失望したよ…。イタリアに行く前の僕は子供のように扱われていたんだ。マドリーには決して再入団すべきではなかった」[33]

ユヴェントスFCについて以下のように語っている。

  • 「僕は今、レアルや他のチームのことを考えられないほど、ユーヴェで幸せや居心地の良さを味わっている」[34]
  • 「ユベントスでの2シーズンは本当に最高だった。ついたときには”若僧”だった僕が離れるときには本物の選手になっていた」[35]
  • 「(必要でなければ)イタリアそしてユベントスを離れる事は決してなかった」[35]

チェルシーFCについて以下のように語っている。

  • 「僕はクラブやロンドンでハッピーだ。チェルシーが10年契約を申し込んできたら受けるよ」[36]
  • 「クラブやファンからは全く愛も感謝も感じられなかった」[37]
  • 「チェルシーでは自分を信じられなかった。僕がチャンスを逃した時、チームメイトたちから“悪者扱い”されているような視線を感じたんだ」[38]

アトレティコ・マドリードについて以下のようにを語っている。

  • 「僕はここにいたい。ここから動くなんて考えはない。残りのプロ生活をここで過ごしたいんだ」[39]
  • 「自分が望まれる存在で、人々が満足している限りは、ここにいたい。ここで幸せを見つけたんだ。僕は自分がいたいと思える場所にいる」[40]
  • 「今はアトレティコ移籍が人生で最高の選択だと感じているよ。アトレティコに残りたい」
  • 「悲しむべきことに、僕は違うユニフォームを、アトレティコとは異なるユニフォームを着てプレーしなければならなかった」[41]
  • 「僕がすべきことは何かわかっている。ここに長くいたい。これほどありがたいことはないよ。みんな僕の仕事をわかってくれるし、僕を愛してくれるんだ」[42]
  • 「誰だって子供の頃から好きなクラブがある。僕の場合はそれがアトレティコで、これからもアトレティコのファンであり続ける。僕がアトレティコに感謝していることは明確にしておきたい」[43]

私生活編集

  • モデルとして活躍している姉がいる[44]
  • ユヴェントス所属時代に知り合ったイタリア人女性と2017年に結婚。2018年7月29日に双子の子供が誕生した。

個人成績編集

2020年7月19日現在
クラブ シーズン リーグ リーグカップ オープンカップ 欧州カップ その他 合計
ディビジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
レアル・マドリードB 2010-11 セグンダ・ディビシオンB 28 15 28 15
2011-12 37 18 37 18
2012-13 セグンダ・ディビシオン 18 12 18 12
合計 83 45 83 45
レアル・マドリード 2010-11 ラ・リーガ 1 0 1 0 0 0 2 0
2011-12 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0
2012-13 12 2 2 0 1 0 0 0 15 2
2013-14 23 8 6 0 5 1 34 9
合計 37 10 9 0 6 1 0 0 52 11
ユヴェントス 2014-15 セリエA 29 8 4 2 12 5 1 0 46 15
2015-16 34 7 5 3 8 2 0 0 47 12
合計 63 15 9 5 20 7 1 0 93 27
レアル・マドリード 2016-17 ラ・リーガ 26 15 5 2 9 3 3 0 43 20
チェルシー 2017-18 プレミアリーグ 31 11 6 2 3 1 7 1 1 0 48 15
2018-19 16 5 1 2 2 0 4 2 1 0 24 9
合計 47 16 7 4 5 1 11 3 2 0 72 24
アトレティコ・マドリード 2018-19 ラ・リーガ 15 6 0 0 2 0 17 6
2019-20 34 12 0 0 7 3 2 1 43 16
合計 49 18 0 0 9 3 2 1 60 22
キャリア合計 305 119 30 11 5 1 55 17 8 1 403 149

代表歴編集

出場大会編集

試合数編集

  • 国際Aマッチ 25試合 12得点 (2014年 - )


スペイン代表国際Aマッチ
出場得点
2014 2 0
2015 4 1
2016 12 7
2017 5 5
2018 1 0
2019 1 0
通算 25 13

代表での得点編集

タイトル編集

クラブ編集

レアル・マドリード
ユヴェントスFC
チェルシーFC

代表編集

スペイン代表

個人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b モラタ”. レアル・マドリードCF. 2017年2月22日閲覧。
  2. ^ Una generación para la historia - marca.com 2010年6月26日
  3. ^ 5人のカンテラーノ アメリカ遠征へ - realmadrid.com 2010年7月28日
  4. ^ マドリー、補強第1号はBチームFWに - Goal.com 2012年7月4日
  5. ^ スペイン代表初招集のモラタ「ユーヴェは僕を信頼してくれた」 - サッカーキング 2014年11月15日
  6. ^ “Torino 1–4 Juventus: Alvaro Morata scores a brace as leaders win the Turin derby”. Daily Mail. (2016年3月20日). http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-3501504/Torino-1-4-Juventus-Gianluigi-Buffon-breaks-Serie-record-time-without-conceding-leaders-win-Turin-Derby.html 2016年3月20日閲覧。 
  7. ^ Coppa Italia: Morata in extra time”. Football Italia (2016年5月21日). 2016年5月21日閲覧。
  8. ^ ユーヴェ、イタリア杯制覇で2冠達成…モラタ弾で本田フル出場のミラン下す - サッカーキング 2016年2月22日
  9. ^ レアル、モラタ買い戻しを正式発表 「ジダン監督の下でトップチームに合流」 - Goal.com 2016年6月22日
  10. ^ EUROで活躍中のモラタの買い戻しを発表したレアル・マドリーの思惑 - サッカーダイジェストWeb 2016年6月23日
  11. ^ Real Madrid 2–1 Celta Vigo”. BBC Sport (2016年8月27日). 2016年8月27日閲覧。
  12. ^ “Asensio es un pepino [Conundrum Asensio]” (Spanish). Marca. (2017年4月5日). http://www.marca.com/eventos/marcador/futbol/2016_17/la-liga/jornada_30/leg_rma/ 2017年4月5日閲覧。 
  13. ^ モラタ、苦渋の決断を明かす「ジダンに『残ってくれ』と言われていたけど...」”. Goal.com (2017年11月9日). 2017年12月2日閲覧。
  14. ^ “Morata transfer agreed” (English). Chelsea Football Club. (2017年7月19日). http://www.chelseafc.com/news/latest-news/2017/07/morata-transfer-agreed.html?extcmp=SOCIA_TW_ENG_TRANSFERS 2017年7月20日閲覧。 
  15. ^ “Morata is a Blue” (English). Chelsea Football Club. (2017年7月21日). http://www.chelseafc.com/news/latest-news/2017/07/morata-is-a-blue.html?extcmp=SOCIA_TW_ENG_TRANSFERS 2017年7月22日閲覧。 
  16. ^ 開幕戦で移籍後初ゴールを決めたモラタ「チェルシーはパーフェクト」”. サッカーキング (2017年11月9日). 2017年12月2日閲覧。
  17. ^ Stoke 0-4 Chelsea: Alvaro Morata hits first hat-trick for the champions skysports 2018年1月6日閲覧
  18. ^ https://www.chelseafc.com/en/news/2018/8/3/new-dad-morata-to-wear-29
  19. ^ モラタがアトレティコ・マドリッドにローン移籍チェルシーフットボールクラブ公式サイト 2019年1月29日
  20. ^ [1]サッカーキング 2019年4月5日
  21. ^ おかえり、アルバロ!”. ユヴェントスFC (2020年9月22日). 2020年9月23日閲覧。
  22. ^ モラタが復帰後初ゴールも…逆転逃したユベントス、デビュー戦のキエーザは一発レッド”. web.gekisaka (2020年10月21日). 2020年10月18日閲覧。
  23. ^ Convocatoria Torneo Internacional de Japón Sub-19 - rfef.es - 2010年8月7日
  24. ^ モラタ、U-19欧州選手権得点王 realmadrid.com - 2011年8月2日
  25. ^ Much-changed Spain dominate Belarus”. UEFA (2014年11月15日). 2014年11月15日閲覧。
  26. ^ スペイン、モラタの代表初ゴールでウクライナを沈める - Goal.com 2015年3月28日
  27. ^ Morata ensures Spain beat Ukraine”. UEFA (2015年3月27日). 2015年3月28日閲覧。
  28. ^ Spain cruise past Turkey to advance to knockout stage”. ESPN FC (2016年6月17日). 2016年6月17日閲覧。
  29. ^ Morata en 'El Partidazo' de COPE y Radio MARCA: "Estoy muy agradecido a todos mis equipos, pero yo soy del Atlético"” (スペイン語). Marca.com (2020年11月9日). 2020年11月10日閲覧。
  30. ^ co.,Ltd, FromOne. “チェルシー移籍のモラタ、レアル愛を強調…将来の復帰は「もう難しい」” (日本語). サッカーキング. 2020年9月22日閲覧。
  31. ^ co.,Ltd, FromOne. “移籍話浮上のモラタ、SNS上でレアル愛を強調「たとえ何と言われようとも…」” (日本語). サッカーキング. 2020年9月22日閲覧。
  32. ^ マドリー復帰のモラタ「骨を埋めるために戻ってきた」【超ワールドサッカー】” (日本語). 超ワールドサッカー. 2020年9月22日閲覧。
  33. ^ モラタ「レアルに戻るべきではなかった」”. Qoly. 2020年9月22日閲覧。
  34. ^ co.,Ltd, FromOne. “スペイン代表に上り詰めたFWモラタ「レアルへの復帰話はユーヴェに失礼」” (日本語). サッカーキング. 2020年9月22日閲覧。
  35. ^ a b より, Anonymous. “モラタ、ユベントスへの“愛”を語る「トリノはマドリードに次ぐ僕のホーム」 | J-JOURNAL-ユベントスの“今”を伝える-” (日本語). 2020年9月22日閲覧。
  36. ^ モラタ、チェルシーへの愛を明かす「10年契約にもサインできる」” (日本語). Football Tribe Japan (2017年10月31日). 2020年9月22日閲覧。
  37. ^ モラタ「チェルシーからは愛も感謝も感じられなかった」【超ワールドサッカー】” (日本語). 超ワールドサッカー. 2020年9月22日閲覧。
  38. ^ co.,Ltd, FromOne. “モラタ、古巣チェルシーでの苦悩を明かす「自分を信じられなかった」” (日本語). サッカーキング. 2020年9月22日閲覧。
  39. ^ モラタ、アトレティコ愛を強調「ここで幸せを見つけた。残りのプロ生活をここで過ごしたい」 | Goal.com”. www.goal.com. 2020年9月22日閲覧。
  40. ^ モラタ、アトレティコ愛を強調「残りのプロ生活をここで過ごしたい」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年5月28日). 2020年9月22日閲覧。
  41. ^ レアル・マドリーなどを渡り歩いてきたモラタ「悲しむべきことにアトレティコ以外のユニを着なきゃいけなかった」”. www.msn.com. 2020年9月22日閲覧。
  42. ^ 【独占】英での挫折、苦悩を経て…モラタが辿り着いた理想郷「アトレティコで引退したい」/インタビュー | Goal.com”. www.goal.com. 2020年9月22日閲覧。
  43. ^ モラタ、退団したアトレティコについて…「僕が子供の頃から愛するクラブ。将来的に戻るかは誰にも分からない」 | Goal.com”. www.goal.com. 2020年11月10日閲覧。
  44. ^ 必見! レアル”スーパー・サブ”モラタに美人な姉 東京での朝ベッド姿がセクシーすぎて絶賛の嵐 - theWORLD 2016年12月28日
  45. ^ UEFA Champions League squad of the season”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2015年6月9日). 2015年6月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集