メインメニューを開く

アルバート・フレデリック・ママリー

アルバート・フレデリック・ママリー

アルバート・フレデリック・ママリーAlbert Frederick Mummery 1855年9月10日 - 1895年8月24日?)は、イギリス登山家である[1]アルプス銀の時代を代表するスターとして知られる[1]

1855年9月10日イギリスケント州ドーバーに産まれた[1]。兄弟と製革業に従事しつつ、経済学の研究生活をしこの分野で著作も出している[1]。強度の近視で体躯も決して頑強ではなかったが、1871年ブルイユからツェルマットへテオドール峠を越えた時にアルプスに魅せられて登山家になり、1879年マッターホルンのツムット稜初登攀に成功して名声を得た[1]。その後コル・ド・リオン初登攀、グレポン初登頂などで名声を高め、1888年コーカサスに遠征してディフタウに初登頂した[1]

1888年に英国山岳会会員に推挙されたが、この頃入会は至難であり、推薦委員会で反対の黒球が1割あれば推薦されず、保守派登山家から誤解や偏見を受けていたママリーは一度拒否された[1]。1892年以後はガイドレス登山に変わり1893年ルカン針峰初登頂、1894年モンブランのブレンバ稜ガイドレス初登攀などを成し遂げた[1]

1895年ナンガ・パルバットの登頂を目指すが8月24日を最後に消息を絶った[1]

山道具への貢献編集

現在定着している、クライミングロープを結び合う人数は2人であるが、これを誰よりも早く主張したのがママリーであった[1]。また当時としては軽量[2]だったママリー・テントを考案[2]した。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『山への挑戦』pp.19-26「登山という挑戦(銀の時代)」。
  2. ^ a b 『山への挑戦』pp.187-208「登山道具は語る(テント)」。

参考文献編集