メインメニューを開く

アルファミュージック(Alfa Music)は、日本の音楽出版社、およびかつて存在した日本のレコード会社。既にレコードCD制作からは撤退しており、2019年現在、原盤権ソニー・ミュージックパブリッシングが全て管理している。

アルファミュージック
Alfa Music CO.,LTD.
親会社 ソニー・ミュージックパブリッシング
(2019年–)
設立 1969年–1977年、1990年–
(アルファミュージック)
1977年–1990年
(アルファレコード)
設立者 村井邦彦
解散 1999年
販売元 ビクター音楽産業 (1977–1982)
ワーナー・パイオニア (1983–1991)
日本コロムビア (1991–1994)
東芝EMI (1994–2001)
ソニー・ミュージックディストリビューションズ (2001–2014)
ソニー・ミュージックマーケティング(2014-2019)
ソニー・ミュージックソリューションズ(2019-)
日本の旗 日本
本社所在地 東京

概要編集

1969年、村井邦彦が音楽出版社アルファミュージック(初代)を設立。

1970年、村井が川添象郎ミッキー・カーチス内田裕也、木村英樹とともに「マッシュルーム・レコード」を設立。

1972年、外車ディーラー最大手のヤナセの会長(当時)・梁瀬次郎と、原盤制作会社としてアルファ&アソシエイツを設立。東芝音楽工業(現:ユニバーサル ミュージックLLCVirgin Musicレーベル/EMI RECORDSレーベル)のリバティ・レーベルに販売を委託した赤い鳥荒井由実(現・松任谷由実)ハイ・ファイ・セットなどの「アルファ&アソシエイツ」、日本コロムビアデノン・レーベル(のちに「Blow Up」に改称)に販売を委託したGARO小坂忠などのアーティストを送り出す。

1977年、レコード会社アルファレコード(Alfa Records Inc.)を設立、「アルファ&アソシエイツ」「マッシュルーム」の音源の発売権も同社に移行した。サーカスカシオペアイエロー・マジック・オーケストラの成功で知名度も大きく上がる。

1978年、アメリカのA&Mレコードの販売権を獲得。ハーブ・アルパートクインシー・ジョーンズセルジオ・メンデスニュー・ウェイヴポリスジョー・ジャクソンなどが次々とヒットした。

1980年、アルファ&アソシエイツがヤナセグループに入る。同年、ロサンゼルスにおいてアルファアメリカ設立(1983年に撤退)。

1982年、兄弟会社として、小杉理宇造山下達郎アルファ・ムーン(後にMMG→イーストウエスト・ジャパンを経てワーナーミュージック・ジャパンに吸収合併)を設立。

1985年、村井が退職する。

1990年代初頭、当時の主要株主であったヤナセが、バブル崩壊により資本を引き揚げる。そして1994年、別資本が立ち上がり、アルファレコードの業務は新会社に移管される。移管された新会社はアルファミュージック(2代目、Alfa Music CO.,LTD.)に社名を再変更、作詞家・訳詞家で音楽プロデューサーの大橋一枝が社長に就任する。

1995年、東京都港区に所有していた自社スタジオ「Studio A」を閉鎖する。

1998年10月、社員のほとんどを解雇し事業規模を縮小。レコード制作から撤退し、原盤管理会社として残る。

1999年、大橋が経営していた音楽出版社「ケイ・ミュージック・パブリシング」(Kay Music Publishing)と合併[1]し、同社の管理楽曲の版権もアルファミュージックに移管される。

2001年4月、全世界での使用も含めた著作権管理および原版使用権をソニー・ミュージックパブリッシングに委託する。それ以降は基本的に、ソニー・ミュージックダイレクトから旧譜が復刻発売(販売委託はソニー・ミュージックディストリビューションズソニー・ミュージックマーケティングソニー・ミュージックソリューションズが担当)されているが、例外として荒井由実とLOGIC SYSTEM[2]の音源はユニバーサル ミュージック合同会社が、いしだあゆみ[3]松山千春[4]の音源は日本コロムビアがそれぞれ販売委託している。

1969年の設立から半世紀(50年)を迎えた2019年4月1日、ソニー・ミュージックパブリッシングが全株式を取得し、同社の完全子会社となる[5]。それに伴い、ソニー・ミュージックパブリッシングの見上チャールズ一裕が社長に就任する。

レコード会社として独立後、販売元は当初ビクター音楽産業(後にビクターエンタテインメントを経てJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントに改称)であったが、1998年にレコード制作から撤退するまでの間、ワーナーパイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)→日本コロムビア→東芝EMIと販売元の系列替えがあった[6]

洋楽部門では、A&Mレコードのほか、一時期ゾンバ・レコードミュート・レコードなどの国内盤の発売元になっていたほか、ユーロビートコンピレーションCD「ザッツ・ユーロビート」シリーズを定期的に出しており、カイリー・ミノーグなどを日本に紹介した。

邦楽レーベル編集

洋楽レーベル (ライセンス、サブライセンスを含む)編集

ザッツ・ユーロビート シリーズのみ、制作:アルファ・ミュージック、販売:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンの4タイトルが存在する。

所属アーティスト編集

Alfa編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

YEN編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

は行編集

G.M.O.編集

HYS編集

  • 戸川純

EDGE編集

NEWS編集

ZAZA編集

参考文献編集

  • 『ジャズ名門レーベル大事典 Swing Journal 1999年5月臨時増刊』スイングジャーナル社、1999年、338頁。

脚注編集

  1. ^ 1999年(平成11年)2月22日官報第2570号・20ページ
  2. ^ 東芝EMI在籍時の音源含む。
  3. ^ ビクターレコードCBS・ソニートーラスレコード在籍時の音源含む。
  4. ^ キャニオン・レコード、およびNEWSレコード在籍時の音源含む。
  5. ^ https://www.sme.co.jp/s/SME/pressrelease/detail/INFO00283?ima=0000&link=ROBO004 2019年4月1日 付ソニー・ミュージックエンタテインメント発プレスリリースより
  6. ^ ただし、「ザッツ・ユーロビート」シリーズの一部についてはパイオニアLDC(後にジェネオン エンタテインメントを経てNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンに改称)が販売元になっているケースもある。