メインメニューを開く

アルフィー』(Alfie)とは、1966年に公開されたイギリスの映画作品。ビル・ノートン原作の舞台劇を映画化したもので、脚本もノートンが書いた。日本でのテレビ放映時は『華麗なる色事師』のタイトルで1972年8月5日に東京12チャンネルで放映された[1]

アルフィー
Alfie
監督 ルイス・ギルバート
脚本 ビル・ノートン
原作 ビル・ノートン
製作 ルイス・ギルバート
出演者 マイケル・ケイン
音楽 ソニー・ロリンズ
撮影 オットー・ヘラー
編集 セルマ・コネル
配給 パラマウント映画
公開 イギリスの旗 1966年3月29日
日本の旗 1967年12月1日
上映時間 114分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

主人公の男性アルフィーは、様々な女性を渡り歩く女たらしだった。やがて、ルビィという女性を本気で愛するようになるが、ルビィは若い男のもとへ走る。

キャスト編集

音楽編集

ジャズサックス奏者のソニー・ロリンズが作曲を担当。ロリンズは、本作のスコアを元にしたアルバム『アルフィー』も発表した。主題歌「アルフィー」はバート・バカラック作曲で、シェールが歌った。

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 1982年9月7日、1983年1月18日に同タイトルで同局で再放送された。

関連項目編集

外部リンク編集