アルフォンソ・デ・アラゴン・イ・エスコバル

アルフォンソアロンソ[1][2]・デ・アラゴン・イ・エスコバル[3][4](Alfonso(Alonso) de Aragón y Escobar, 1417年 オルメード英語版 - 1485年 リナーレス)は、スペイン・アラゴン王国の貴族。初代ビヤエルモサ公爵英語版リバゴルサ英語版およびコルテス伯爵、カラトラバ騎士団総長[5]。アラゴン王フアン2世の非嫡出子。

アロンソ・デ・アラゴンの肖像

生涯編集

フアン2世王が19歳の時、最初の結婚の前にアルフォンソ・ロドリゲス・デ・エスコバルの娘レオノール・デ・エスコバルとの間にもうけた庶長子である。ビアナ公カルロスとアラゴン王フェルナンド2世はそれぞれ正妃腹の異母弟にあたる[6]。1443年カラトラバ騎士団総長に選任されたが[7]、1445年ペドロ・ヒロン英語版に交代している[8]。父王により、1469年リバゴルサ伯爵[9]に、1475年ビヤエルモサ公爵[8]に叙せられた。

第二次カスティーリャ継承戦争英語版に参加し、カタルーニャ人勢力のアンポスタの城塞を陥落させて名声を得た。ブルゴス包囲戦英語版でも熟練の攻城工兵部隊を率いて活躍した[6][10]。1485年、マラガ近郊ピサーラ英語版から帰還して間もなくリナーレスで没した[11]

ロサス城代モセン・グレゴリオ・デ・フンケルスの娘マリア・フンケルスと関係し、間に2人の非嫡出子をもうけた。

1477年、ポルトガル王ペドロ1世の孫の1人エサ卿フェルナンド英語版の外孫にあたるレオノール・デ・ソトマヨール・イ・ポルトガルと結婚し、間に3人の嫡出子をもうけた。

引用編集

  1. ^ Navarro Latorre 1982, p. 159.
  2. ^ Costa 2001, p. 275.
  3. ^ Carnicer, José Soler (January 1, 1985). Nuestras tierras. V. García. p. 112. ISBN 9788485094400. https://books.google.com/books?id=HhFXAAAAYAAJ 
  4. ^ Menache 1987, p. 9.
  5. ^ Francisco José Morales Roca (1999) (Spanish). Prelados, abades mitrados, dignidades capitulares y caballeros de las Ordenes Militares habilitados por el brazo eclesiástico en las Cortes del Principado de Cataluña: dinastía de Trastamara y de Austria : siblos XV y XVI (1410–1599). Madrid: Ediciones Hidalguia. pp. 87, 90. ISBN 978-84-89851-15-3 
  6. ^ a b Giles Tremlett (9 February 2017). Isabella of Castile: Europe's First Great Queen. Bloomsbury Publishing. pp. 134–135. ISBN 978-1-4088-5396-2. https://books.google.com/books?id=-_uFDAAAQBAJ&pg=PT134 
  7. ^ Menache 1987, p. 11.
  8. ^ a b Menache 1987, p. 12.
  9. ^ Menache 1987, p. 19.
  10. ^ Peggy K. Liss (10 November 2015). Isabel the Queen: Life and Times. University of Pennsylvania Press, Incorporated. pp. 110–111. ISBN 978-0-8122-9320-3. https://books.google.com/books?id=_krkCgAAQBAJ&pg=PT110 
  11. ^ Menache 1987, p. 24.

参考文献編集